スパースモデリングの基礎とマテリアルズインフォマティクスによる材料開発への展開【提携セミナー】

マテリアルズインフォマティクス_計算科学シミュレーション技術

スパースモデリングの基礎とマテリアルズインフォマティクスによる材料開発への展開【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/6/14(火)12:30~16:30
担当講師

五十嵐 康彦 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

【アーカイブ配信:6/17~6/30(何度でも受講可能)】

定員 30名 
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 39,600円 (本体価格:36,000円)
★特徴量エンジニアリングの基礎から、行列分解やスパースモデリング手法、
Pythonによる実践方法とともに解説!

 

スパースモデリングの基礎と

マテリアルズインフォマティクスによる

材料開発への展開

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

昨今、マテリアルズDXの必要性が企業においても認識され、積極的な研究開発、実データへの応用が進んでいます。その中で、マテリアルズDXを行うための解析プログラムについては豊富なのですが、個々のデータに対して何を入力するべきなのか、得られた結果をどう解釈するのかについては現場レベルで問題になることが多いかと思います。
本講演では、そういった方針の決定や解釈性にとって重要な、機械学習による特徴量エンジニアリングの基礎について解説し、そのマテリアルズDXに向けた応用展開について講義します。また、その技術の中でも重要な行列分解やスパースモデリング手法についても取り上げ、Pythonによる実践方法とともに説明します。本講義を通して、マテリアルズDXへの成功事例への足がかりとなれば幸いです。

 

◆習得できる知識

  • スパースモデリングによる重要な特性・記述子の抽出と、マテリアルズインフォマティクスへの活用方法
  • エクセルファイルのデータから、Pythonを用いたスパースモデリングの実践方法

 

◆受講対象

  • 材料開発者
  • 実験データ解析手法の幅を広げたい方
  • スペクトル解析の背後にある数理の基礎を学びたい方
  • 解析ソフトウェア開発等に携わる方

 

◆キーワード

スパースモデリング、マテリアルズインフォマティクス、Python、DX、機械学習

 

担当講師

筑波大学 システム情報系 准教授 博士(科学) 五十嵐 康彦 氏

<ご専門>
機械学習、マテリアルズ・インフォマティクス、データ駆動科学

<学協会>
物理学会、日本神経回路学会

<ご略歴>
平成21年 東京大学工学部計数工学科 卒業
平成26年 東京大学大学院新領域創成科学研究科博士後期課程 修了
平成26年 東京大学大学院新領域創成科学研究科 特任研究員
平成29年 物質材料研究機構 NIMSポスドク研究員
平成29年 科学技術振興機構 さきがけ専任研究員
平成31年 東京大学大学院新領域創成科学研究科 助教
令和2年 現職

 

セミナープログラム(予定)

1.マテリアルズDXの現状と、特徴量エンジニアリングの必要性
a.マテリアルズDXとは?これまでのマテリアルズインフォマティクス、計測インフォマティクスとの関係
b.特徴量エンジニアリングとは?なぜマテリアルズDXにおける重要性

 

2.スパースモデリングによる特徴量選択の基礎
a.機械学習の基礎
b.汎化性能と交差検定法による評価
c.スパースモデリングの基礎
d.スパースモデリングの標準的手法および最新の動向
e.Pythonによる特徴量選択の実装のためのチュートリアル

 

3.画像処理を用いた特徴量抽出の基礎
a.行列分解による画像特徴量抽出
b.スパースモデリングによる特徴量抽出
C.Pythonによる特徴量抽出の実装のためのチュートリアル

 

4.マテリアルズDXへ向けた特徴量エンジニアリングの展開
(1)マテリアルズインフォマティクスにおける特徴量エンジニアリング展開1
~リチウムイオン電池の電解液材料探索への応用~
a.計算科学的アプローチと情報科学的アプローチの融合による効率的な材料探索に向けて
b.スパースモデリングによる機能を予測する記述子抽出
c.記述子をコントロールした機能予測
(2)マテリアルズインフォマティクスにおける特徴量エンジニアリング展開2
~高収率なナノシート合成開発への応用~
a.未知な系で最少実験数による高収率合成の実証
b.少数データに対するモデルの選び方、対処方法について
c.合成特徴量をどう取り扱うかについて
(3)計測インフォマティクスにおける特徴量エンジニアリング展開
~放射光データ解析への応用~
a.物理モデルから有効な特徴量を抽出する
b.計測データから、物質の内部構造を如何に同定するか?
c.ベイズ推論を用いた、計測データからのモデル選択について

 

5.マテリアルズDXにおける今後の展望について

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年06月14日(火) 12:30~16:30

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

【アーカイブ配信:6/17~6/30(何度でも受講可能)】

 

受講料

非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 39,600円 (本体価格:36,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から

  • 1名で申込の場合、39,600円(税込)へ割引になります。
  • 2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーです。
  • セミナー資料は事前に郵送します。ご自宅等で受け取りを希望される場合は、お申し込みフォームのコメント欄に住所をご記入下さい。
    セミナー資料の無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【アーカイブ配信:6/17~6/30(何度でも受講可能)】の視聴を希望される方は、受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売