施設園芸・植物工場の普及拡大とスマート農業の要素技術(セミナー)

施設園芸・植物工場の普及拡大とスマート農業の要素技術(セミナー)

開催日時 2020/3/19(木)10:00~16:00
担当講師

土屋 和 講師

開催場所

日本アイアール㈱ 本社会議室

定員 16名
受講費 45,000円(税抜)

施設園芸・植物工場の普及拡大と

スマート農業の要素技術

ICT、ロボット、AIの技術動向とサービス化、ビジネスチャンスをさぐる 

 


講座概要

人口減少が進む我が国において、それを上回るスピードで高齢化が進む農業分野。

しかし、国産の農産物への安全と安心に対する高い要求は年々強まっています。

 

かつて日本の農産物は科学的に改良され優れた品種や農法に加え、手間をかけるからこそ高品質であるといわれてきました。

ところが、極端に限られた生産人口では手間をかけることも許されないため、省力化を追求したうえで、高い品質とさらに桁違いに高い収穫量の実現を可能にする生産手法のパラダイムシフトが望まれています。

 

工場の自動化は、近年製造業の生産効率化の課題として注目を浴びていますが、このように農業と製造業は課題も目標も共通しているため、農業分野においてもICTを駆使した大規模な自動化野菜工場が出現しました。

また、半導体の製造を中止した遊休工場が野菜生産に転じるなど、製造業に属する企業の農業参入や農業関連サービスへの参入も展開され、現在ホットな分野となっています。

 

スマート農業は産声を上げてからまだ日も浅いため、実務や実際の装置、システムへの落とし込みなどの実態の把握や課題へのアプローチについて、まだまだ開拓中の分野ともいえます。

製造業においてすでに自動化のノウハウをもつ企業にとっては、自社の技術を応用した新たなビジネスチャンスになることでしょう。

 

本講座では、国の施策として自動化・省力化・技術継承を進め、急速に展開中のスマート農業について、施設園芸・植物工場(太陽光型)分野に絞り、そこに至った道筋と開発された要素技術、現状の製品群や開発成果、地域展開例、今後の見通しについて系統的にお伝えします。

 

講師は施設園芸・植物工場分野での約35年の業務経歴の中で、自動化や人工環境利用などでの技術開発と、国内外の事例調査や経営支援に関わってきたベテランです。

農業分野に初めて接する方でもイメージを持ちやすいよう、さまざまなステークホルダー(国、研究機関、都道府県、メーカー、農業法人、植物工場事業者等)による取り組みの豊富な実例をやさしく紹介します。

さらに農業・製造業・サービス業の各産業の技術要素や強みをあわせ持つ新たな施設園芸・植物工場の動向を追い、ビジネスとしての可能性を検討します。

 

製造業からの異分野参入を考える方、自動化技術の新たな用途を見出したい方、自社サービスのユーザーを探したい方など、新しいビジネスの形を求める方々におすすめします。

 

 

担当講師

土屋 和 講師

[一般社団法人日本施設園芸協会 技術部長、土屋農業技術士事務所 所長、技術士(農業/経営工学/総合技術監理部門)]

 

セミナープログラム(予定)

1.施設園芸・植物⼯場の普及拡大とスマート農業への展開
1.1施設園芸・植物工場の普及拡大と要素技術
・施設園芸・植物⼯場の普及の推移
・施設園芸・植物⼯場の施設設備と要素技術
・施設園芸・植物⼯場のICT関連技術
・次世代施設園芸の全国10拠点
・次世代施設園芸におけるICT活用
1.2 スマート農業実証プロジェクト
・スマート農業研究会の活動と精密農業の展開
・スマート農業実証プロジェクト(令和元年度)
・施設園芸関連のプロジェクト事例
・スマート農業の展開目標

2.スマート農業の主要技術と生産性向上
2.1 環境制御技術による生産性向上
・施設園芸・植物⼯場での計測制御
・既存製品群
・スマート化への流れ
・グループウエア化への流れ
・制御の自動化への流れ
2.2 作業管理技術による生産性向上
・施設園芸・植物⼯場での作業管理
・既存製品群
・スマート化への流れ
・経営管理との統合化への流れ
2.3 AI・ロボットによる生産性向上
・エキスパートシステムの導入
・苗生産での接ぎ木ロボットの導入
・画像処理、機械学習の導入
・運搬、移動装置の導入
・薬剤散布自動化装置の導入
・収穫ロボットへのチャレンジ

3.施設園芸・植物⼯場におけるスマート化とビジネスチャンス
3.1地域における取り組み
・宮城県(⼤規模法⼈経営の増加と県によるスマート化⽀援)
・栃木県(JAを中心としたスマート化)
・⾼知県(IoPプロジェクトによる全県施設園芸スマート化)
・佐賀県(新規就農者のスマート化による⽀援)
・宮崎県(JA⽣産者グループでのスマート化)
3.2 スマート農業でのビジネスチャンス
・生産性向上策として
・⽣産コスト低減・流通コスト低減策として
・⼈材育成・技術伝承策として
3.3今後のビジネス展望
・製品のサービス化への展開
・ネットワーク化による水平展開
・中核⼈材の育成と拠点形成

 

 

期待される効果

  • 施設園芸・植物工場分野でのスマート農業への流れがわかる
  • 本分野におけるスマート農業の要素技術の全容や、際の製品、サービス群を知る
  • 地域での展開例と今後の課題がわかる
  • 施設園芸・植物工場経営に寄与できるスマート農業のビジネスチャンスを学べる

主な受講対象者

  • 製造業、その他業界の新規事業ご担当者
  • ICTサービス開発ご担当者
  • 省力化機器開発ご担当者

 

 

公開セミナーの次回開催予定

・開催日時:2020年3月19日(木)10:00~16:00

・開催場所:日本アイアール㈱本社会議室(四谷三丁目駅徒歩6分他)

 ※開催1週間前までに最少開催人数に達しない場合は、実施をキャンセルさせていただくことがあります。
 ※開催の場合は、開催1週間前程度から受講票と請求書を発送させていただきます。
 ※土屋講師による出張セミナーをご検討の方は、お問い合わせください。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★FAXによるお申し込み: 03-3357-8277

Pocket

技術セミナー開催スケジュール

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

センサのお話

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売