GMP事例集2022年版を踏まえたリスクベースのGMP監査と自己点検実施ポイント【提携セミナー】

自己点検

GMP事例集2022年版を踏まえたリスクベースのGMP監査と自己点検実施ポイント【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

髙木 肇 氏

開催場所 未定
定員 -
受講費 未定
★最新GMP要請の「品質システム」踏まえた監査・自己点検を具体例交え解説。

 

GMP事例集2022年版を踏まえた

リスクベースのGMP監査と自己点検実施ポイント

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

現場を知らない未熟な監査員は、GMPの要件をチェックリストにして監査を行う傾向にある。しかしコスト低減の一環として海外の原材料調達、外国製造所の活用などを検討する場合、国内企業以上に異物混入、交叉汚染、混同等の品質リスクマネジメントに留意する必要がある。供給者監査能力を高めなければ、企業の存続に影響するような問題も発生しかねない。

 

最新のGMPは、患者に健康リスクを負わせないためのリスク抽出、継続的改善活動とその効果、いわゆる「医薬品品質システム」の構築と実践のチェック、すなわちリスクベースの監査を行う能力と感性を監査員に求める。

 

本セミナーでは、最新GMPの要請する「品質システム」を踏まえた監査・自己点検はどうあるべきかを具体例を交えて解説する。

 

◆ 受講後、習得できること

  • 最新GMPが要請するPQS、QRMとは
  • リスクベース型監査の仕方
  • プラントツアーでのチェックポイント
  • GMP文書のチェックポイント

 

担当講師

医薬品GMP教育支援センター 代表 髙木 肇 氏

 

NPO-QAセンター顧問

 

セミナープログラム(予定)

1.Blind complianceからBeyond Complianceの時代へ
1.1 進化したGMPはQA員の能力を問う
1.2 そもそもQAとは
1.3 VUCA(変動、不確実)の世界にはOODAループ思考(柔軟性)が必要
1.4 品質リスクマネジメント(QRM)手法はOODAループ思考
1.5 製造物責任法(PL法)にも目配せがいる
1.6 変更は「起きるもの」+「起こすもの」
1.7 リスクマネジメントとは

 

2.Quality cultureが問われている
2.1 コンプライアンスとは
2.2 不正を誘引するのは
2.3 体質(Quality culture)に問題のある企業
2.4 後発薬企業で品質不正が続く原因は
2.5 一変申請のわずらわしさも問題
2.6 総括製造販売責任者の権限に問題があった
2.7 責任役員の責務
2.8 医薬品品質システム(PQS)の目的
2.9 問題はマネジメントレビューの実効性
2.10 Quality Cultureは重要業績指標(KPI)に現れる

 

3.ルールベース監査からリスクベース監査へ
3.1 点検シート依存の自己点検で実効性のある点検ができる?
3.2 リスクベース型点検とは

 

4.原料供給者監査の留意点
4.1 製販業者が原材料管理をできる?
4.2 原料供給者管理の留意点

 

5.資材供給者監査の留意点
5.1 品質は規格で決まる
5.2 チョコ停要因を理解する

 

6.オープニングミーティングでの留意点
6.1 健康状態等を確認するかチェック

 

7.監査員の心得
7.1 3現主義(現場、現実、現物)で監査
7.2 監査での4つの慣用語
7.3 監査の仕方の良い例と悪い例
7.4 監査対応者は海千山千の強者かも

 

8.プラントツアーでのチェックポイント
8.1 見落としがちな事務室
8.2 倉庫のチェックポイント
8.3 用水システムのチェックポイント
8.4 更衣室のチェックポイント
8.5 製剤エリアのチェックポイント
8.6 包装エリアのチェックポイント

 

9.試験検査作業のチェックポイント
9.1 試験検査室への要請事項
9.2 サンプリングのリスクチェック
9.3 生データの信頼性は確保されているか
9.4 試験規格外(OOS)の処理をチェック

 

10.GMP文書管理・記録の監査
10.1 曖昧な指示はミスの主因
10.2 SOPをみれば企業のレベルがわかる
10.3 文書管理の不備も不正原因に

 

(質疑応答)

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

★ 見逃し視聴

 

については、こちらをご参照ください

 

受講料

未定

 

配布資料

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
 (開催1週前~前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

 

備考

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売