高分子複合材料のレオロジーの基礎と応用【提携セミナー】

高分子技術者のためのレオロジー入門

高分子複合材料のレオロジーの基礎と応用【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/5/31(火)13:00~16:30
担当講師

大坪 泰文 氏

開催場所

Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)

定員 -
受講費 通常申込:44,000円
E-Mail案内登録価格: 41,800円

高分子複合材料のレオロジーの基礎と応用

 

~複合化に関わるメカニズムとレオロジー物性との関係~

 

■高分子の粘弾性的現象論と分子論的メカニズムとの関係■

■材料設計に反映できる複合化による粘弾性的性質の改善■

■レオロジーを技術として高分子複合材料の設計・制御への活用■

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


 

複合化による高分子材料の特性付与・機能性向上のためのレオロジーからのアプローチ

高分子レオロジーの基礎からはじめ、初心者でも理解できるように解説

高分子の複合化に取り組んでいる方、これから取り組む方は是非、

ブレンド、アロイ、分散系・・・複合化・混合を上手に行うための高分子のレオロジー特性、制御の理解

 

セミナー趣旨

レオロジーが主に扱うのは粘弾性という力学挙動であり、典型的な対象物質は高分子です。高分子は、単純化するとひものように長い分子であり、この分子運動と粘弾性との関係解明を基盤としてレオロジーは発展してきました。
本セミナーのテーマは高分子複合材料ですが、まずは無定形単一高分子の粘弾性につき概説します。工業材料として多くの高分子が多様な形態で使用されていますが、単一高分子に対して付加的な分子間相互作用の導入あるいは他の材料との混合などにより性能向上が図られております。これらの効果を本セミナーでは複合という言葉に含め、後半では技術的応用という観点から複合化に関わるメカニズムとレオロジー物性との関係について説明します。

 

得られる知識

  • 基礎科学として高分子の粘弾性的現象論と分子論的メカニズムとの関係が理解できるようになります。
  • 複合化による粘弾性的性質の改善に基づき材料設計に反映するための知識を得ることができるようになります。
  • レオロジーを技術として活用するためのコツが把握できるようになります。

 

受講対象
固体、液体を問わず、材料科学的に高分子に関わる技術者が対象になりますが、特にその性能向上のための手段として複合化に取り組んでいるようであればいっそうわかりやすいと思います。受講に際して特別の予備知識は必要ありません。教科書に書かれている高分子レオロジーの基礎から始めますので、これから高分子に携わろうとする初心者でも理解できる構成になっています。

 

キーワード
:高分子、複合材料、動的粘弾性、非ニュートン流動、ガラス転移、時間―温度換算則、ゴム弾性、結晶構造、不均一構造

 

担当講師

千葉大学 名誉教授 工学博士 大坪 泰文 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.レオロジーの基礎
1.1 連続体力学の基礎
(1)ひずみ
(2)ひずみ速度
(3)応力
1.2 粘度と非ニュートン流動
(1)せん断粘度の定義
(2)擬塑性流動
(3)ダイラタント流動
(4)降伏挙動
1.3 粘弾性モデル
(1)粘性と弾性の熱力学的意味
(2)マックスウェルモデルと応力緩和
(2)フォークトモデルと遅延弾性
1.4 動的粘弾性
(1)振動ひずみと振動応力
(2)貯蔵弾性率と損失弾性率
(3)動的粘弾性関数の周波数依存性
(4)動的粘弾性曲線からの流体と固体の判別

 

2.無定形単一高分子の粘弾性
2.1 高分子溶液の粘度挙動
(1)高分子鎖の統計的性質
(2)低濃度高分子溶液のニュートン流動
(3)粘度と高分子コイルの体積効果
(4)分子量と固有粘度との関係
(5)濃厚高分子溶液の擬塑性流動
(6)粘度曲線の普遍性
(7)高分子の分子量と粘度挙動との関係
2.2 高分子固体および溶融体の粘弾性挙動
(1)高分子のガラス状態とガラス転移
(2)高分子のガラス状態における粘弾性挙動
(3)高分子鎖のミクロブラウン運動
(4)時間―温度換算則
(5)シフトファクターの温度依存性
(6)からみあいと緩和時間
(7)高分子の分子量とマスターカーブとの関係
(8)Cox-Merzの経験則

 

3.高分子複合材料における高次構造および不均一構造と粘弾性
3.1 会合性高分子溶液の粘度挙動
(1)会合による過渡的分子間結合
(2)会合性高分子水溶液のダイラタント流動
3.2 結晶性高分子の粘弾性挙動
(1)高分子鎖の結晶形態
(2)結晶性高分子の粘弾性挙動と温度
3.3 ゴムの粘弾性挙動
(1)ゴムの架橋構造と粘弾性
(2)重合硬化反応とゲル化
(3)弾むゴムの粘弾性
3.4 高分子ブレンドの粘弾性挙動
(1)非相溶性高分子ブレンドの粘弾性挙動
(2)高分子の相分離構造と粘弾性挙動
(3)ブロック共重合体の相分離構造と力学物性
3.5 微粒子―高分子複合系固体材料の粘弾性挙動
(1)粘弾性挙動に及ぼす微粒子の充填効果
(2)高分子複合材料の破壊挙動
(3)ナノ粒子分散高分子の粘弾性挙動
3.6 高分子の伸長流動
(1)伸長流動の幾何学と伸長粘度
(2)高分子の紡糸性と分子量分布
(3)液晶高分子の伸長流動

 

□質疑応答□

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022/5/31(火)13:00~16:30

 

開催場所

Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)

 

受講料

一般受講:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円

 

※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

 

定価:本体32,000円+税3,200円
会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額22,000円)

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

配布資料

電子媒体(PDFデータ/印刷可)を主催者サイトのマイページよりダウンロードいただきます。
(開催2日前を目安に、ダウンロード可となります)
(ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります)

 

オンライン配信のご案内

※【Live配信(zoom使用)対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

 

備考

※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売