製造工程FMEAの基礎理解と実践手法【提携セミナー】

不具合

製造工程FMEAの基礎理解と実践手法【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2021/7/20(火)12:30-16:30
担当講師

杉野 友治 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 41,800円

★工程の不具合を、どうすれば未然に防ぐ事ができるか

★故障(不具合)の発生を未然に防止するため、

予測・評価し、解決策を設計に反映しよう!

 

製造工程FMEAの基礎理解と実践手法

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

「製造工程を新しく設計したが、この工程から不良品は出ないだろうか」
「工程の不具合を、どうすれば未然に防ぐ事ができるだろうか」
この不安は工程設計者だけでなく、製品・設計者~製造現場の全ての担当する者が抱きます。

 

これらの不安を解消するため、多くの時間と費用を費やし、「試作」や「試験」を重ねその解決策に知恵を巡らしてきました。しかしその多くは、「作業の標準化」とか「検査での流出防止」にたより、根本対策は不具合の発生まで、置き去りにされてきました。

 

「(工程)FMEA」は、故障(不具合)の発生を未然に防止するため、予測・評価し、解決策を設計に反映する有効な手段として作られました。今回のセミナーでは、「工程FMEA」の基本の進め方を、事例を交え解説し、御理解頂くと共に、これからの「工程FMEA」の進め方について考えます。

 

◆ 受講対象

  • 工程設計者(生産技術者)・製品設計者
  • 生産現場監督者・製造技術者
  • 品質保証・品質管理者

 

◆ 受講後、習得できること 

  • 故障(不具合)を未然に防止するため、予測する事の、重要性とその方法
  • 「工程FMEA」に関わる者すべてが、理解すべき役割と進め方
  • 数値で見える化し、故障の重大性と、改善策の有効性を評価する方法
  • より有効な改善策を案出するための、考え方と方法
  • より自社の現状に即した「工程FMEA」にするための方法と、将来の方向

 

担当講師

合同会社YS-M&M.研究所 代表社員 工学修士 杉野 友治 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.工程FMEAとは

 

2.工程FMEAの基礎
2-1 製造工程の品質つくり込み不足
2-2 工程FMEAの要点
2-3 工程FMEAの進め方

 

3.工程FMEAの実施手順
3-1 事前準備
3-2 工程FMEAワークシートの事前作成
① 工程手順の記入
② 故障モードの抽出と分析、評価
3-3 検討会の実施
① 故障モードの再検討と再評価
② 改善案の案出、効果の予測と評価
3-4 実施内容の展開と実施承認

 

4,工程FMEA 実習

 

5,工程FMEAまとめ
5-1 現状の問題点
5-2 これからの「工程FMEA」

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年7月20日(火) 12:30-16:30

 

開催場所

【Live受講】 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

受講料

【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】
41,800円(税込、資料付) *1社2名以上同時申込の場合、30,800円

 

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引

 

配布資料

配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
お申込みは4営業日前までを推奨します。
それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。

 

備考

当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売