実用事例をふまえたヒトをモデル化する生体模倣システム(MPS)の実用化・課題と日米欧の動向【提携セミナー】

バイオミメティクス

実用事例をふまえたヒトをモデル化する生体模倣システム(MPS)の実用化・課題と日米欧の動向【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/5/30(月)13:00~16:30
担当講師

亀井 謙一郎 氏

開催場所

Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)

定員 -
受講費 通常申込:49,500円
E-Mail案内登録価格: 46,970円

実用事例をふまえたヒトをモデル化する

生体模倣システム(MPS)の

実用化・課題と日米欧の動向

 

≪生体模倣システムの基礎から実用化へ向けた課題、世界の動向≫

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


 

<生体模倣システム開発・実用化の現状>

■既報の生体模倣システム

  • Lung on a Chip
  • Liver on a Chip
  • Integrated Cancer/Heart on a Chip
  • 生体模倣システム内での細胞アッセイ
  • 生体模倣システムに使用される材料の課題

 

■生体模倣システムの世界の動向
~アメリカ、EU、他の地域、日本

 

 

<生体模倣システムによる動物代替法>

  • 各国の取り組みについて
  • 生体模倣システムの動物代替法における位置付け

 

セミナー趣旨

特に、創薬における実験動物を使用する前臨床試験では、薬効や毒性、副作用などを評価するが、正確性に欠け、臨床試験での失敗に直結している。そこで、ヒトでの作用を評価できる新しい実験系が必要となっている。
そこで近年、ヒトを生体外でモデル化する技術や「Microphysiological System(MPS、生体模倣システム)」が着目されている。
これらの技術は、ヒト細胞を用いることによって薬の効能・効果や毒性を評価する技術であり、前臨床試験での問題点を克服する新しい試験法として期待されている。
本講演では、生体模倣システムの基礎から実用化へ向けた課題、世界の動向について解説する。

 

担当講師

京都大学高等研究院 物質―細胞統合システム拠点 准教授 博士(工学) 亀井 謙一郎 先生

【ご専門】幹細胞工学

 

セミナープログラム(予定)

1.生体模倣システムとは
1.1 創薬
1.2 前臨床試験
1.3 薬理・薬効
1.4 毒性試験
1.5 実験動物
1.6 倫理問題
1.7 生体模倣システム開発に不可欠な項目
1.7.1 細胞生物学
1.7.2 マイクロ流体デバイス

 

2.細胞生物実験
2.1 培養細胞とその培養法について
2.2 初代細胞
2.3 株化細胞
2.4 幹細胞
2.5 細胞培養液
2.6 細胞外マトリックス
2.7 細胞培養スケール
2.8 オルガノイド形成
2.9 細胞移植

 

3.マイクロ流体デバイス
3.1 マイクロ流体デバイス
3.2 マイクロ流体デバイス作成法
3.2.1 ソフトリソグラフィー
3.2.2 3次元加工リソグラフィー
3.2.3 3Dプリンター
3.3 マイクロ流体デバイスの実用化例
3.3.1 化学合成・分離
3.3.2 細胞培養
3.3.3 がん診断
3.3.4 循環がん細胞

 

4.生体模倣システム開発・実用化の現状
4.1 既報の生体模倣システムについての紹介
4.1.1 Lung on a Chip
4.1.2 Liver on a Chip
4.1.3 Integrated Cancer/Heart on a Chip
4.1.4 生体模倣システム内での細胞アッセイ
4.1.5 生体模倣システムに使用される材料の課題
4.2 生体模倣システムの世界の動向について
4.2.1 アメリカ
4.2.2 EU
4.2.3 他の地域
4.2.4 日本

 

5.生体模倣システムによる動物代替法について
5.1 動物代替法とは
5.2 各国の取り組みについて
5.3 生体模倣システムの動物代替法における位置付け

 

□質疑応答□

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022/5/30(月)13:00~16:30

 

開催場所

Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)

 

受講料

一般受講:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円

 

E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額の24,750円)

 

※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 

定価:本体32,000円+税3,200円
E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

配布資料

セミナー資料は、電子媒体(PDFデータ/印刷可)を主催者サイトのマイページよりダウンロードいただきます。
(開催2日前を目安に、ダウンロード可となります)
(ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります。)

 

オンライン配信のご案内

※【Live配信(zoom使用)対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

 

備考

資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売