原薬・ファインケミカルの新規合成法検討とコスト削減・不純物生成防止【提携セミナー】

原薬・ファインケミカルの新規合成法検討とコスト削減・不純物生成防止【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

おすすめのセミナー情報

開催日時 2023/8/30(水)10:30~16:30
担当講師

森川 安理 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 30名
受講費 55,000円(税込)
☆変異原性不純物の発生・混入や可溶性触媒使用時の貴金属不純物の残留・不斉をいかに防ぐか?

 

原薬・ファインケミカルの

新規合成法検討とコスト削減・不純物生成防止

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

新規合成法を確立して化学製品のプロセス変更を行う目的は、品質を落とすことなく、製造コストを削減することと言っても過言ではないでしょう。本講座では、まず固定費を含めた実生産時のコスト計算の方法を解説します。特にターゲットの生産量によるコスト変動や原料含めた化学品の値段がどのように決まっているのかについて詳述します。また、品質に関しては、最近特に問題となってきている、変異原性不純物の問題、可溶性触媒を使った場合の貴金属不純物の残留、および不斉中心の取り扱いに注目して解説していきます。以上の基本をご理解いただいた上で、ブロックバスターと呼ばれる合成新薬のプロセス改良がどこを視点にどのようになされているのかについて解説します。

 

受講者には、この講座を通してプロセス改善の胆をご理解いただき、業務の改善に役立てていただきたいと思っております。

 

習得できる知識

  • コスト削減や不純物リスクを考慮した工程改善のポイント
  • 実生産時のコスト算出法
  • 生産量によるコスト変動の考え方

 

担当講師

アンリ・コンサルティング 代表 薬学博士 森川 安理 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.コストの計算とその削減方法
1.1 コスト計算方法 1 (原材料費:PC)
1.2 コスト計算方法 2 (固定費:FC)
1.3 生産量とPC, FCの関係
1.3.1 O.6乗則を使ったコスト計算
1.4 化合物のプライス決定メカニズム
1.5 溶媒回収と溶媒コスト
1.6 排水規制と排液処理コスト
1.7 貴金属触媒コスト
1.7.1 固体貴金属触媒
1.7.2 可溶性貴金属触媒
1.8 エネルギーコスト
1.9 設備コスト
1.10 コスト削減のターゲット
1.11 具体的なコスト削減
1.11.1 貴金属触媒コスト削減
1.11.2 連続プロセス導入によるコスト削減

 

2 不純物の考察(発生源と発生防止)
2.1 医薬原薬の不純物ガイドライン
2.2 残留溶媒
2.3 金属不純物
2.4 変異原性を有する不純物
2.4.1 ニトロソアミン混入事件
2.4.2 メシル酸エチル混入事件
2.4.3 変異原性不純物回避合成例
2.5 立体異性体不純物(不斉合成と不斉コントロール)

 

3.特許から見る企業のプロセス研究例(プロセス化学者はどこに注目したのか)
3.1 Sitagliptin
3.2 Rivaroxaban
3.3 Ibrutinib
3.4 Other examples

 

【質疑応答】

 

——————————————————

 

■講師略歴など■

 

略歴・活動など

1977年  東京大学理学部化学科修士課程卒(有機化学専攻)、旭化成入社
旭化成にて医薬原薬・化学品の基礎研究(mg)・プロセス開発(kg)・生産(ton)に従事。
1991年 薬学博士号取得(東京大学)
2002-2013年 旭化成ファインケム(株)延岡医薬工場(原薬生産)工場長
2004-2006年 宮崎県製薬工業協会 会長、宮崎県薬事審議会 委員。
2004-2008年 宮崎県地域結集型共同事業 推進委員
2005-2011年 宮崎県北臨海エリアエリア産官学連携促進事業 ワーキンググループ委員。
2009-2012年 九州保健福祉大学薬学部 非常勤講師
2013年  旭化成定年退職。フリーの技術コンサルタントとして独立。

 

コンサルティング:

有機化合物の生産技術コンサルタントとして、化学系商社(委託先評価およびGMP教育)、建設会社(中分子量化合物生産工場技術)、ファインケミカルズ・製薬会社(原薬・化学品生産・開発、結晶多型)、電子・電池材料製造会社(生産技術)、インドの原薬生産工場立ち上げ(原薬)、など21社のプロジェクトに参画してきました。

 

セミナー講師:

各種セミナー会社主催のセミナーにて、有機化合物の結晶多型、スケールアップ技術、連続生産・フロー合成技術、生産コスト削減技術、プロセスバリデーションについて解説してきました。

 

著書:

新薬のリードジェネレーション(最新ドラッグデザイン)1987年11月東京化学同人(共著)、バッチプロセスによる化学品・医薬原薬の製造、2020年1月シーエムプラス。

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2023/8/30(水)10:30~16:30

 

開催場所

Zoomによるオンライン受講

 

受講料

1名につき55,000円(消費税込・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)〕

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

資料は事前に紙で郵送いたします。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売