サブスクリプションビジネスの本質と事業企画における注意点 ~BtoBの事例も踏まえて~【提携セミナー】

サブスクリプションビジネスの本質

サブスクリプションビジネスの本質と事業企画における注意点 ~BtoBの事例も踏まえて~【提携セミナー】

開催日時 2021/1/29(金)12:30-16:30
担当講師

藤原 大豊 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:41,800円
【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:47,300円

★拡がるサブスクビジネス。本質を理解し事業化する!
★BtoCだけはなくBtoBのサブスク事例も挙げながら解説

 

サブスクリプションビジネス本質と

事業企画における注意点

BtoBの事例も踏まえて~

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

◆ 講師より/本セミナーのポイント
近年、サブスクビジネスはあらゆる業態に広がっており、様々な企業において導入が検討されています。しかし、サブスクは魔法の道具ではありませんので、導入しただけでビジネスが加速することはありません。ビジネスモデルの一つとして上手く使いこなす必要があります。そして、使いこなすためにはサブスクについて十分に知らなければなりません。サブスクがあらゆる業態に広がるようになったのはなぜでしょうか?サブスクは黒字化に時間がかかるといわれるのはなぜでしょうか?どうしてサブスクはカスタマーサクセスが重要なのでしょうか?

 

本セミナーはサブスクビジネスに取り組む前に知っておいて頂きたいことを、事例を交えながらお伝えすることで、皆様が現実的な事業開発及び投資計画を実現する手がかりとなることを目的としています。

 

また本講演では、BtoCだけはなくBtoBのサブスク事例も挙げながら解説していきます。

 

◆ 受講対象者は?

  • サブスクリプションを自社サービスとして導入したい方、その調査・検討段階の方
  • サブスクリプションのBtoB事例について興味のある方
  • 製造業・メーカーとしてのサブスクリプションの事例・可能性に関心のある方
  • 新規事業・新サービスの立案・推進担当者で、サブスクリプションに着目している方 など

 

◆ 受講することで得られる知識/ノウハウは?

  • サブスクリプションの基礎知識と実情
  • サブスクリプションを導入・推進していく際の留意点
  • サブスクリプション特有の収益(定期収益)の性質
  • サブスクリプションの投資採算の考え方
  • 顧客が減っても増収? 新しい指標ネガティブチャーンの考え方

 

担当講師

(株)サブスクリプション総合研究所 取締役 兼 主席研究員  藤原 大豊氏

 

セミナープログラム(予定)

1.サブスクの事業開発、取り組む前に知っておいて欲しいこと
(1)サブスクの本質
(a)サブスクの定義-「顧客との継続的な関係の担保」
(b)第1世代サブスク-昔ながらのサブスク
(c)第2世代サブスク-デジタルタッチポイントと多様な決済手段の普及
(d)第3世代サブスク-SMARTサブスクリプション
(2)増やしたいのは顧客?単価?取引頻度?継続期間?
(a)人口減少時代と業界ボーダーレスな戦い-全方位への多角化
(b)サブスクの収益公式から考える-「収益=顧客数×客単価×取引頻度×継期間」
(c)継続期間の源泉-カスタマーサクセス
(d)定額課金の難しさとサブスク会計の必要性-生贄となる哀れな子羊?
(e)補足A:知っておくと便利 継続期間=1÷解約率 の数学的証明
(3)事業開発―よくある勘違い
(a)サブスク=2Cビジネス
(b)マス向けvsパーソナライズ
(c)顧客間の公平性
(d)自社商品やサービスのサブスク化の是非
(e)課金しないといけない
(f)先行者優位
(g)そもそも自社がサブスクしないといけないのか?
(4)ニューノーマルの時代へ、DX の潮目が変わった?
(a)「あったらいいな」から「やらなきゃいけない」に
(b)自前主義をやめる-システム・仕入・商品開発・流通網

 

2.サブスクの会計と投資計画-知っておきたいサブスクの数理
(1)サブスク会計の特徴-マネーフォワードの決算資料から読み解く
(a)一見不合理な企業行動
(b)財務会計が捕捉しないサブスクの儲かり具合
(c)収益の予測可能性の高さと利益コントロールの容易さ
(d)補足B:定期収益の分類と安定性についての考え方
(e)補足C:売上高は距離計、定期収益は速度計?―予測可能性の別解説
(2)投資採算計算-ネガティブチャーンでLTV無限大?
(a)サブスクのリターン=LTV
(b)サブスクのROI=ユニットエコノミクス
(c)LTV、解約率、ネガティブチャーン
(d)CAC回収期間法
(3)メーカーのサブスク化におけるリースと流通との新しい関係
(a)メーカーの既存ビジネスのサブスク化による資金繰りの悪化
(b)リースと流通との新しい関係性の模索

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年1月29日(金) 12:30-16:30

 

開催場所

【Live受講】 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

★ 見逃し視聴

 

については、こちらをご参照ください

 

受講料

  • 【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
    *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
  • 【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
    *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

 

学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引

 

配布資料

  • 配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
    (開催1週前~前日までには送付致します)。
    *準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
    (土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

 

備考

  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。
  • ご受講前に必ず本ページ内の「ライブ配信」の詳細を確認下さい。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

Pocket

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売