SDGsの切り札「サーキュラーエコノミー」が目指すビジネス像とは【提携セミナー】

SDGsの切り札「サーキュラーエコノミー」が目指すビジネスセミナー

SDGsの切り札「サーキュラーエコノミー」が目指すビジネス像とは【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/2/15(火)13:30-17:00
担当講師

原田 幸明 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:41,800円
【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:47,300円
〇SDGsは会社などの目指す方向性を示し、カーボン・ニュートラルは達成すべき目標です。
〇サーキュラー・エコノミー的視点でモノづくりやビジネスを捉える機会(チャンス)です!

SDGsの切り札

「サーキュラーエコノミー」が

目指すビジネス像とは

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

 

SDGsやカーボン・ニュートラルなど環境関係の言葉が強調される時代になっています。SDGsは会社などの目指す方向性を示し、カーボン・ニュートラルは達成すべき目標です。

 

それをすすめるために何をやるかを明確にするのが「サーキュラー・エコノミー」です。サーキュラー・エコノミーは「リサイクル経済」を指すのではなく、モノを安価・大量に販売して経済を保たせていた時代から価値をより効果的に生かしていくビジネスモデルを追求します。

 

モノづくりに関わる立場からは、モノの安価な「売りっぱなし」から、優れたモノを使う立場で提供することでより付加価値をあげて経済活性を目指す取り組みです。この講座で、そのサーキュラー・エコノミー的視点でモノづくりやビジネスを捉え返す機会にしてほしいと思います。

 

◆受講後、習得できること

「サーキュラー・エコノミー」とはなにかの基本的認識。SDGsなど持続可能社会を目指す取り組みに関する認識の向上・具体的イメージ作り。将来のモノづくりとそのビジネスのヒント

 

◆受講対象者

  •  SDGsを会社でどう取り組むか悩んでいる方
  • モノづくりが軽視されていく傾向に憂いている方
  • サーキュラー・エコノミーについての知見を得たいと考えている方
  • そして本テーマに興味のある方みなさん。

 

◆必要な予備知識など

●サーキュラー・エコノミーエコノミー&広域マルチバリュー循環研究会のホームページ http://susdi.org/mvc/
●持続可能社会への道を語るオンラインZOOMサロン「談論颯爽」
http://susdi.org/wp/sd/welcm/ から無料登録可
●ポプラ新書、中石和良著「サーキュラー・エコノミー」(860円)

 

◆キーワード

資源効率、リマニュファクチャリング、リファービッシュ、サービサイジング、シェアリング・エコノミー、サステイナビリティ

 

担当講師

サーキュラーエコノミー&広域マルチバリュー循環研究会 代表 原田 幸明 氏

 

セミナープログラム(予定)

1. SDGs、カーボン・ニュートラルとサーキュラー・エコノミー
1) 人工物が自然を上回ってしまった時代
2) 持続可能性に向けた取り組みはどのように進んできたか
3) 資源効率とサーキュラー・エコノミー

 

2. サーキュラー・エコノミーで世界は何をしている
1) サーキュラー・エコノミーのキーワード
2) 身近なサーキュラー・エコノミーのとりくみ
3) サーキュラー・エコノミーによるビジネスモデルの転換

 

3. サーキュラー・エコノミーとモノづくり
1) サーキュラー・エコノミーエコノミーと「循環型社会」のちがい
2) 「モノ」から「こと」への転換
3) モノ「づくり」の価値の再構築を

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年2月15日(火) 13:30-17:00

 

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

 

受講料

【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】
41,800円(税込、資料付) *1社2名以上同時申込の場合、30,800円

【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】
47,300円(税込、資料付) *1社2名以上同時申込の場合、36,300円

 

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

備考

●配布資料は、印刷物を郵送もしくはメール送付のどちらかを検討中です。
お申込については4営業日前までのお申込みを推奨します。
それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
テキストが郵送となった場合、資料の到着がセミナー後になる可能性がございます。

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売