金属業界の基礎知識(eラーニング)

金属業界向け教材

金属業界の基礎知識(eラーニング)

本講座の狙い

ありそうでなかった、業界別基礎知識の習得講座の第3弾。今回は製品出荷額では年間約40兆円と全産業出荷額の13%程度に相当する日本を代表する重要産業の一つ「金属業界」です。代表的な金属である鉄・アルミニウム・ …

「金属業界の基礎知識」の講座概要

人間と金属の出会いは、紀元前5千年ごろ、メソポタミア地方で銅を道具として使い始めたころとされ、日本へは紀元前2百年ごろ伝わったようです。今や町中に金属製品はあふれ、私達は金属のありがたみを意識せずに使っていますが、それだけに、金属および金属製品を作っている業界は重要な基幹産業であると言えます。

国内の金属鉱山は枯渇し、日本における金属業界とは、鉄及び非鉄金属の製錬から金属製品製造までの産業を指しますが、製造品出荷額をあわせると年間約40兆円と、全産業出荷額の13%程度に相当し、日本を代表する産業界の一つです。また、世界の国々と比較しても、粗鋼生産量では、圧倒的に多い中国に次いで第二位、銅地金については、これも圧倒的に多い中国、銅鉱石の世界最大の供給国であるチリに次いで第三位に入っており、国際的にも重要な位置を占めています。

この講座では、技術の詳細説明は必要最小限にとどめ、鉱山から、製錬、金属加工、金属製品製造という流れに沿って、業界全体を概観します。この業界に入られた皆さんが、それぞれの専門性を生かして担当業務を深堀される前に、業界全体における仕事の位置付けを理解し、取組み姿勢を考えるための、好適な教材であると確信しています。

 

本講座の狙い

金属業界に属する会社に入社された皆さんに、この業界の全体構造、特徴などに関する基本的知識を提供すること。

 

想定受講者

  • 金属業界(鉱山、製錬、金属加工、金属製品製造、金属関係商社等)の新入社員、若手社員
  • 技術職のみならず、営業、購買、総務等の職種配属者も含む

 

身近な金属製品
鉱山の現状
鉄の製錬

主な項目

金属業界とは
  • 金属が製品になるまで
  • 金属業界
  • 金属の分類

 

鉱石を作る
  • 鉱山の現状
  • 鉱石を作る

 

製錬
  • 鉄の製錬:鉱石原料
  • 鉄の製錬:リサイクル原料
  • 鉄の製錬:一貫生産
  • 銅の製錬
  • アルミニウムの製錬

 

加工
  • 加工の分類
  • 素材加工
  • 成形加工
  • 組立加工
  • 表面処理
  • 加工の精度

 

金属業界の構造
  • 鉄鋼業
  • 非鉄金属製造業(アルミニウム)
  • 非鉄金属製造業(銅)
  • 金属製品製造業

 

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売