金属疲労破壊の原因と実務的な対策(セミナー)

金属疲労

金属疲労破壊の原因と実務的な対策(セミナー)

開催日時 未定
担当講師

福﨑 昌宏 講師

開催場所

日本アイアール㈱ 本社会議室

定員 16名
受講費 27,000円(税別)

疲労破壊の原因を知って事前に検査や対策ができる !

金属疲労破壊の原因と実務的な対策


講座概要

金属材料は建築物、自動車、電子機器など様々なところに使用されており、産業になくてはならない重要な材料です。特に金属はその剛性から、建築物や輸送機器、巨大な産業機械にも使用されます。もしこれらの金属材料が破損した場合、巨額の損失が起こるだけでなく、人命にかかわる重大な製品事故が発生します。例えば500人以上の犠牲者を出した日航ジャンボ機御巣鷹山墜落事故は、金属材料の破損によって起きた大事故でした。

このような金属の破損の主な原因として、疲労破壊があります。これは事前に大きな変形を伴わないため、ある日突然破損したように見えます。しかし、実際は金属に生じた目に見えないサイズの小さな欠陥が起点となり、長い時間をかけてそこから少しずつ割れが発生し、最終的に大きな破損につながります。したがって、疲労破壊を予防するためには起点となる欠陥や割れの定期的な確認や検出が重要になります。これには疲労破壊のメカニズムとともに金属材料に関する知識が不可欠です。

本セミナーではこのような疲労破壊や金属材料の知識とともに、実際に生産現場で使用されている欠陥や割れの検出方法をわかりやすく紹介します。さらに金属材料の改善による疲労破壊の対策について全体的な方向性と、その詳細について解説します。

 

担当講師

福﨑 昌宏 講師

 

セミナープログラム(予定)

1. 疲労破壊の原因
1-1疲労破壊のメカニズム
1-2不純物介在物
1-3材料内部の空孔(引け巣、溶接不良等)
1-4表面のキズ、割れ
1-5応力の不均一
1-6組織の不均一
1-7結晶粒粗大化
1-8材料の脆性

2. 製品検査における疲労破壊の原因の特定方法
2-1浸透探傷検査
2-2過電流探傷検査
2-3超音波検査
2-4X線検査
2-5断面組織観察

3. 疲労破壊の対策による製品品質向上
3-1元材加工条件の見直し
3-2不純物介在物の低減または微細分散
3-3表面粗さの改善
3-4硬さ、圧縮残留応力の付与
3-5結晶粒微細化

質疑応答

 

主な受講対象者

  • 金属疲労の技術者として、破面解析、製品検査、材料強化等に関わる方
  • 金属製品の設計・開発者として、金属疲労のメカニズムを学びたい方
  • 装置・設備の金属疲労対策に関わるマネージャー、担当者の方

 

公開セミナーの次回開催予定

・開催日時:未定

・開催場所:日本アイアール㈱本社会議室(四谷三丁目駅徒歩6分他) (※日本アイアールへのアクセスはこちら)

・定員  :16名

・受講料 :27,000円/1名(税別)

 

 ※福﨑講師による出張セミナーをご検討の方は、お問い合わせください。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★FAXによるお申し込み: 03-3357-8277

 

Pocket

資料ダウンロード

技術者・研究開発者スキルアップ

 

講師紹介

 

技術の超キホン

 

べからず集

 

機械設計マスター

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売