生体・医療用接着剤の材料設計とその評価【提携セミナー】

生体・医療用接着剤材料

生体・医療用接着剤の材料設計とその評価【提携セミナー】

開催日時 2024/6/20(木)10:30~16:15
担当講師

西口 昭広 氏
森本 展行 氏
﨑山 亮一 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 30名
受講費 60,500円(税込)

★ 接着強度と生体適合性を両立させるには?
★ 組織接着性、生分解性、操作性などの物性制御について詳解!

 

生体・医療用接着剤の材料設計とその評価

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

・分子制御によるバイオマテリアルの開発と組織接着性・生体適合性・操作性の向上
・伸縮性・接着性をもつ生体適合性ハイドロゲルの開発
・細胞シートを用いた腹膜再生、癒着防止効果と生体外腹膜モデル

 

 

習得できる知識

・医療応用に向けた材料設計と実用例
・組織接着の課題と材料設計
・癒着防止材への応用事例
・ハイドロゲルの調製と評価法
・接着性・自己修復性ハイドロゲル
・細胞シートの作成方法と移植方法
・細胞シートによる癒着防止効果

 

 

担当講師

1.(国研)物質・材料研究機構 高分子・バイオ材料研究センター バイオ材料分野 主幹研究員 博士(工学)西口 昭広 氏
2.島根大学 材料エネルギー学部 教授 博士(学術)森本 展行 氏
3.大阪工業大学 工学部 生命工学科 准教授  博士(工学)﨑山 亮一 氏

 

 

セミナープログラム(予定)

【10:30-12:00】
1.分子制御によるバイオマテリアルの開発と組織接着性・生体適合性・操作性の向上
(国研)物質・材料研究機構 高分子・バイオ材料研究センター バイオ材料分野 主幹研究員 博士(工学)西口 昭広 氏
【ご略歴】
2015年大阪大学大学院工学研究科卒業、2015年からドイツDWIライプニッツ研究所で博士研究員として勤務、2017年より現職、日本バイオマテリアル学会評議員、日本接着学会評議員

 

【講座の趣旨】
高分子からなる医療用接着剤は、手術後の合併症(癒着や出血、炎症、感染など)を予防する医療材料として、臨床現場で広く使用されている。しかし、適用する臓器や目的によって求められる材料物性は大きく異なり、生体適合性や生分解性、組織接着性、操作性など様々な物性を制御する必要がある。本講演では、高分子ゲルの基礎から、医療用接着剤の実用例や最新研究の動向について紹介し、生体高分子のゾル-ゲル転移挙動や液-液相分離に着目した医療用接着剤の開発について解説する。

 

1.医療用接着剤の現状と研究動向
1.1 高分子ゲルの分類と構造
1.2 医療応用に向けた材料設計と実用例
1.3 術後合併症を予防する医療材料
1.4 組織接着の課題と材料設計
1.5 医療用接着剤の最新研究

 

2.1液型組織接着剤の開発
2.1 ゾル-ゲル転移制御のための分子設計
2.2 接着剤の機能評価
2.3 癒着防止材への応用事例
2.4 液-液相分離技術の活用

 

3.細胞移植用接着剤の開発
3.1 接着剤の多機能性
3.2 多孔化による細胞移植への応用事例

 

【質疑応答】

 

—————————————————————
【13:00-14:30】
2.伸縮性・接着性をもつ生体適合性ハイドロゲルの開発
島根大学 材料エネルギー学部 教授 博士(学術)森本 展行 氏

 

【講座の趣旨】
3次元網目構造をもつ含水性ハイドロゲルは、その特性から生体との親和性が高い材料として注目されており、化粧品、コンタクトレンズや紙おむつをはじめとして身の回りにも多くの製品が上市している。本講座ではハイドロゲルの基礎から応用、特に接着性の付与を意図した生体適合性ハイドロゲルを中心に、機能性ハイドロゲルの開発について概説する。

 

1.ハイドロゲルとは
1.1 ハイドロゲルの定義と分類
1.2 生体適合性とハイドロゲル
1.3 ハイドロゲルの調製と評価法

 

2.機能性ハイドロゲルの開発
2.1 刺激応答性ハイドロゲル
2.1.1 刺激応答性ハイドロゲルの設計と機能制御
2.2 生分解性ハイドロゲル
2.3 高強度・伸縮性ハイドロゲル
2.4 接着性・自己修復性ハイドロゲル

 

【質疑応答】

 

—————————————————————
【14:45-16:15】
3.細胞シートを用いた腹膜再生、癒着防止効果と生体外腹膜モデル
大阪工業大学 工学部 生命工学科 准教授  博士(工学)﨑山 亮一 氏
【ご略歴】
日本人工臓器学会評議員、日本透析医学会 学術委員会 血液浄化に関する新技術検討小委員会、化学工学会バイオ部会役員、再生医療学会評議員、日本腎・血液浄化AI学会 評議員
【習得できる知識】
細胞シートの作成方法と移植方法、細胞シートの利点、細胞シートによる腹膜傷害からの再生、細胞シートによる癒着防止効果、細胞シートによる腹膜組織の作製

 

【講座の趣旨】
腹膜の傷害は、中皮細胞の脱落から始まると考えられています。腹膜透析による腹膜の肥厚や術後の癒着が問題となっています。本講演では、この解決策の一つとして、細胞シート工学に着目し、中皮細胞シートを用いた研究を紹介いたします。細胞を用いた新たな治療戦略として、これからのバイオ医療の閃きとなれば幸いです。

 

1.腹膜再生
1.1 腎不全患者の現状と腹膜透析
1.2 細胞シート工学の原理とその応用
1.3 単層中皮細胞シートの作成とその特徴
1.4 腹膜傷害マウスへの単層中皮細胞シート移植とその効果

 

2.癒着防止
2.1 術後の癒着防止材
2.2 2層中皮細胞シートの作成とその特徴
2.3 癒着ラットへの2層中皮細胞シート移植とその効果

 

3.生体外腹膜モデル
3.1 単層腹膜モデルの作成とその特徴
3.2 肝細胞増殖因子(HGF)の効果
3.3 3層腹膜モデルの作成とその特徴
3.4 溶質透過試験による腹膜モデル評価

 

4.まとめ

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2024/6/20(木)10:30~16:15

 

開催場所

Zoomによるオンライン受講

 

受講料

1名につき60,500円(消費税込・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円(税込)〕

 

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

資料は事前に紙で郵送いたします。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

 

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売