防汚・防水・防曇および結露防止のための材料とコーティング,評価・応用【提携セミナー】

防汚・防水・防曇および結露防止のための材料とコーティング,評価・応用セミナー

防汚・防水・防曇および結露防止のための材料とコーティング,評価・応用【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/9/28(水)13:00~16:30        2022/9/29(木)10:30~16:30
担当講師

南保 幸男 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 30名
受講費 66,000円(税込)

★汚れを落とす,汚れを付かなくする,汚れを目立たなくする,指紋や汗,垢,皮脂への対応など
★自動車,レンズ,ディスプレイ,回路基板,・・・ 耐水・防湿・防錆・防食要求に対応する材料と試験法

 

防汚・防水・防曇および結露防止のための材料と

コーティング,評価・応用

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

・防汚,防水,防汚,結露防止の表面改質の基礎と原理
・疎水性コーティングによる表面改質
・超親水コーティングによる表面改質
・防曇性を付与する加工
・防水性,防食性を付与する加工
・結露防止を付与する加工
・機能性コーティング剤
・防汚性の評価
・耐指紋性の評価
・使用時想定での加速・促進試験とその試験装置
・実際の塗膜での防汚機能の劣化と保証
・最近の業界での使用用途とその実例

 

 

習得できる知識

各種材料への表面改質技術として,防汚,防水,防汚,結露防止での機能性コーティング加工技術について説明する。その機能性発揮のメカニズム,原理についても紹介する。また各業界での使用用途,分野及びその評価技術方法について説明する。最近の実例についても学習する。

 

 

担当講師

南保技術研究所 所長 工学博士 南保 幸男 氏

 

 

セミナープログラム(予定)

1.防汚,防水,防汚,結露防止の表面改質の基礎と原理
1.1 各種素材への表面改質方法
1.2 親水化させる表面改質の原理
1.3 疎水化させる表面改質の原理
1.4 表面改質による機能性の付与

 

2.疎水性コーティングによる表面改質
2.1 疎水性ナノシリカの特徴とその働き
2.2 表面観察,汚れはじき,フラクタル形態での防汚効果
2.3 超撥水での耐候性の評価 2.4 防水性,耐指紋性

 

3.超親水コーティングによる表面改質
3.1 親水化ポリマーの原理とその働き
3.2 親水化機能による防汚効果
3.3 セルフクリーニングと持続性,外観の変化
3.4 防曇性,結露防止性

 

4.防曇性を付与する加工
4.1 曇り発生の要因
4.2 防曇性の評価方法
4.3 防曇機能の維持での耐久性試験
4.4 防曇性コーティング加工の現状と課題

 

5.防水性,防食性を付与する加工
5.1 防水,防食,防錆機能の加工技術
5.2 美観維持と腐食防止性の必要性
5.3 持続性のための耐光性,耐候性の評価方法
5.4 各業界での防水コーティングの現状と課題

 

6.結露防止を付与する加工
6.1 結露防止のための表面処理技術 6.2 結露防止加工の必要性
6.3 結露防止加工の現状と用途開発
6.4 結露防止コーティングの現状と課題

 

7.機能性コーティング剤
7.1 機能性膜成分の評価
7.2 機能性塗膜の評価
7.3 要求される機能の評価
7.4 各種機能性コーティング加工の現状と課題

 

8.防汚性の評価
8.1 防汚性の評価方法
8.2 防汚性の基準化
8.3 防汚性の劣化防止と耐久性加工

 

9.耐指紋性の評価
9.1 各種汚染物によるスポット試験
9.2 耐久性,耐候性試験での評価
9.3 汚れ付着への抗菌,防カビ,防汚性
9.4 実使用条件との汚れ具合の相関性,まとめ

 

10.使用時想定での加速・促進試験とその試験装置
10.1 屋外暴露による耐光性試験
10.2 凍結.過熱サイクル試験による耐久性試験
10.3 長寿命化に向けた取り組み方法
10.4 色差計,反射計を用いた測色による劣化状態の数値化,標準化
10.5 気候,環境での再現性とズレの発生要因
10.6 地域差事例(塩害,耐光,耐寒の環境)での考え方
10.7 「あくまで目安」「顧客との同一目線での開発リスク」での保証

 

11.実際の塗膜での防汚機能の劣化と保証
11.1 長期性能維持のための保証
11.2 顧客への保証期間の設定方法と劣化への説明方法
11.3 通常の使用条件,使用環境によるモデル事例での紹介
11.4 実験室データと現場の長期耐候性との相関性

 

12.最近の業界での使用用途とその実例
12.1 有機樹脂への可視光応答光触媒プラズマコート加工技術
12.2 通信機器アンテナ,レーダー用講習は電波透過膜の加工技術
12.3 太陽光発電用ガラス基板への光透過性膜の加工技術
12.4 遺跡,建築物の保存と美観維持での加工技術

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022/9/28(水)13:00~16:30 2022/9/29(木)10:30~16:30

 

開催場所

Zoomによるオンライン受講

 

受講料

1名につき66,000円(消費税込・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき60,500円(税込)〕

 

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

資料は事前に紙で郵送いたします。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売