アメリカにおける体外診断薬の事業戦略策定と参入のポイント【提携セミナー】

アメリカ

アメリカにおける体外診断薬の事業戦略策定と参入のポイント【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/3/25(金)12:30~16:30
担当講師

笹嶋 政昭 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 30名 
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)
・米国企業との交渉に必要な準備事項と交渉の方法とは?

 

アメリカにおける体外診断薬の
事業戦略策定と参入のポイント

 

 

☆今回は米国におけるユニークな製品の承認(許可)事例を
FDAのデータベースを利用しながら解説いたします!

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

今回の講演では内外規制や商習慣の違いを浮き彫りにしながら、米国薬事規制を解説するとともに、米国市場の技術トレンドや商品設計における注意点について、将来の市場予測も含めて解説する。
そして、実際の海外市場参入にあたっての留意点として、薬事対応をはじめ現地企業との交渉における留意点、商流策定の方法など事業戦略策定に必要な項目、米国企業の特徴などを具体的に解説する。
特に今回は米国におけるユニークな製品の承認(許可)事例をFDAのデータベースを利用しながら解説する。

 

◆習得できる知識

  • 海外薬事規制の詳細と国内規制との違い
  • 体外診断薬にかかる事業戦略の勘所
  • 海外市場における市場概要と技術トレンドや商品ニーズ
  • 海外企業との交渉に必要な準備事項と交渉の方法
  • 体外診断薬に関する情報収集の勘所

 

◆キーワード

米国.承認.FDA.cGMP.IVD.体外診断用医薬品.講習会.研修

 

 

担当講師

笹嶋グローバルコンサルティング 代表

笹嶋 政昭 氏

 

 

【専門】
分子生物学、光学分析、機能材料、医療情報管理

 

【経歴】
チバ・コーニング・ダイアグノスティックス株式会社(現シーメンスヘルスケアダイアグノスティックス)にて化学発光法により全自動検査診断システムの薬事、設計開発、日本メドトロニック株式会社にて植込み型医療機器の臨床開発、三菱化学株式会社にて体外診断薬と検査機器の薬事、新規事業開発並びにライフサイエンス事業の再構築を行った。2007年から2014年まで極東製薬工業株式会社にて取締役研究開発本部長、事業企画部門長を歴任。2014年から現在まで、笹嶋グローバルコンサルティング代表。
2014年度から2015年度にかけて経済産業省所管(現在はAMED所管)医工連携事業化推進事業の技術支援、医療機器開発支援ネットワーク事業の立ち上げ支援に尽力。
現在は、主として大手の異業種参入企業を中心に、医療機器や体外診断用医薬品事業立ち上げ、中期経営計画立案支援、製品開発支援、海外事業展開支援、さらに様々な医療ICTシステム開発支援を行っている。
診断にかかる分析技術、特に、イムノクロマト法、磁性粒子、化学発光免疫測定法、グレーティングカップルドSPRなどは世界で最も早く商業化したメンバーの一員であり、これらの先端技術や関連事業の特性評価と商品化、普及活動に尽力。

 

セミナープログラム(予定)

1. 米国の概況

 

2. 体外診断薬事業の米国展開
2.1. 考慮すべき市場特性
2.2. 米国市場概要

 

3. 医療機器cGMP(QSR)
3.1. 米国の品質マネジメントシステムの歴史
3.2. 日米欧品質マネジメントシステム相違点
3.3. FDA査察対応の注意点

 

4. 規制対応実務(クラス分類、申請パス)
4.1. IVDクラス分類
4.2. 申請パス
4.3. 管理レベル
4.4. 510(k)の種類
4.5. Special 510(k)の手順
4.6. de novo process
4.7. IVD化のde novoパス
4.8. Q-Subの種類
4.9. Q-Subに必要な情報

 

5. 規制対応実務(施設登録)
5.1. 施設登録
5.2. 施設登録の要否と費用支払い要否(米国内施設)
5.3. 施設登録の要否と費用支払い要否(外国施設)
5.4. 施設の定義

 

6. 海外市場概況と米国市場規模
6.1. 世界市場
6.2. 世界の地域別市場特性
6.3. 米国市場の内訳
6.4. 市場セグメント毎のデータ
6.5. 米国内地域別市場規模
6.6. 機器と試薬別市場規模
6.7. 測定項目別市場規模
6.8. ACLA加盟検査センター

 

7. 医療保険制度、商習慣や技術トレンドの概略
7.1. 医療保険制度
7.2. 米国の国営医療保険
7.3. 体外診断薬技術トレンド
7.4. 測定項目や商品のニーズ
7.5. 顧客セグメント特性(院内)
7.6. 顧客セグメント特性(検査サイト)
7.7. 迅速検査市場特性とトレンド予測
7.8. CLIA WAIVER

 

8. 米国での承認・販売許可事例
8.1. 多項目同時測定による遺伝子検査手法
8.2. 遺伝子パネル検査
8.3. 磁気共鳴法
8.4. 510(k)許可品リスト事例
8.5. HUDとHDE
8.6. 最近のPMA承認品(CDx)事例
8.7. 最近の核酸検査承認許可リストの抜粋

 

9. 事業戦略策定に向けて
9.1. 最初にやるべきこと~市場の理解~
9.2. 事業性の判断
9.3. ターゲット市場
9.4. 商品設計
9.5. 薬事対応
9.6. 国内における米国薬事業務の外注先事例
9.7. 参入形態の選択
9.8. 参入に際して準備すべきこと
9.9. 論文の仕立て
9.10. 海外市場展開で使えるリソース
9.11. 販売チャンネル

 

10. LDTビジネス
10.1. 事業シナリオの考え方
10.2. 米国におけるLDTの現状まとめ
10.3. 米国におけるLDT(1)
10.4. LDTか? それともIVDか?
10.5. LDTとして成立させるための要件
10.6. バリデーション(コンパニオン診断の場合)
10.7. IVDとしての申請留意点

 

11. 米国における現地ビジネスの機能や組織
11.1. 企業統治
11.2. アメリカ企業の組織単位名称
11.3. アメリカの会社組織の特徴
11.4. 米国医療機器系企業の基本的組織体系
11.5. 米国医療機器企業における職務
11.6. 許認可や規範
11.7. 米国で事業開発を行う人材の要件(業務要件)
11.8. サービス体制

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年03月25日(金) 12:30~16:30

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

 

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

 

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売