粉体の付着原理から、効果的な粒子分散・付着粒子除去テクニック【提携セミナー】

付着粒子除去テクニック

粉体の付着原理から、効果的な粒子分散・付着粒子除去テクニック【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

後藤 邦彰 氏

開催場所 未定
定員 -
受講費 未定

★わかりやすい、実務で使えるヒントが得られたと毎回大好評のセミナーをオンライン開催!
岡山大 後藤先生が贈る粉体の付着・凝集対策セミナー。
★付着に関わる力や現象の捉え方・評価法を解説した上で、「分散(凝集の分離)」、
「壁・製品に付着した粒子の除去」、「供給や圧縮成形技術」などを実例を交えて解説します!

 

粉体の付着原理から評価法、
効果的な粒子分散・付着粒子除去テクニック

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

粉体を構成する粒子は,そのサイズが小さくなればなるほど付着・凝集しやすくなります。これを「付着性が高い」と表現されますが、粒子が小さいと付着力は小さくなります。「付着性が高いのに付着力は小さい」という一見すると矛盾して言うような、この「付着性」の考え方を整理して、付着性に関与する「力」と現象の捉え方を解説し、付着性の評価法と評価実例を紹介します。また、整理した考え方を基に粒子同士の付着である「凝集」の分離(=分散技術)と壁面に付着した粒子の除去技術について解説します。

 

これら分散技術や分離技術に限らず、粒子の集合体である「粉体」をプロセス内で取り扱う操作を考えるには少しコツが必要です。例えば粒子径は同じ粉体を測っても測定原理により値が異なります。そこで,付着の話の前に,粉体の取り扱いの基礎についても説明します。

 

なお、この粒子特性、粉体物性・特性を中心とした粉体工学の基礎については、前日のセミナーで詳細に説明します。

 

◆ 受講対象者

粉に対する基礎的な考え方を知りたい方であればどなたでも受講可能ですが,特に,粉(こな)や固体粒子を扱っているが「粉体(ふんたい)」の講義などを聴いたことがない方で、「付着」で困っている方に参考にしていただける内容とします。

 

◆ 必要な予備知識

粉体に関連する業務をしておられれば,特に予備知識は不要です。

 

◆ 本セミナーで習得できること

  • 粉体工学の基礎知識
  • 粉体の付着力と付着性の基礎知識
  • 粉体・粒子の付着にかかわるトラブル対処の考え方
  • 粉体特性評価の考え方
    など

 

担当講師

岡山大学 大学院 自然科学研究科 応用化学専攻 教授 後藤 邦彰 氏

 

セミナープログラム(予定)

0.はじめる前に(粉体を扱う上での基本的な注意の復習)
0.1 粉の特徴とプロセス中での挙動
0.2 粒子径とその分布の表し方-粉体を扱う上での基本的考え方
0.3 粉体特性の考え方

 

1.はじめに
1.1 付着の実際
1.2 付着と凝集,沈着と再飛散
1.3 粒子挙動に着目したハンドリング技術の分類

 

2.粒子の付着力と付着性 ~付着性=付着力ではない~
2.1 付着力
2.1.1 種々の付着力
2.1.2 付着力の比較
2.1.3 付着力の測定法
2.2 付着力と付着性の違い
「粒子が小さいと付着性は高い」は正しいか?
「粒子が小さいと付着力は強い」は正しいか?

 

3.付着性の評価
3.1 付着力の測定法
3.2 付着特性の評価法と評価実例
3.3 付着性と流動性

 

4.粉体ハンドリングのための粉体特性の考え方
4.1 「粉体操作物性」について
4.2 粉体操作物性の評価実例

 

5.付着が関わる粉体ハンドリング技術の実例
5.1 凝集粒子の分散技術
5.1.1 分散操作の考え方
・凝集体の分離操作と操作凝集現象
・分散と分散安定化
5.1.2 種々の分散機
・気中分散機と液中分散機の違い
5.1.3 粒子分散の実際
・分散モデルの分散結果への適用事例
・乾燥ナノ粒子の液中分散法の検討
5.2 装置壁・製品に付着した粒子の除去技術
5.2.1 種々の除去法
5.2.2 エアージェットによる除去
・固体壁上に付着した粒子に作用する
・気流により生じる分離力の支配因子
5.2.3 高効率除去法の検討事例
5.3 粉体の付着・流動性が影響する操作の考え方
・圧縮成形と供給操作を例にして操作中の粉体挙動を考える

 

6.まとめ
6.1 粉体の特性と粒子物性,特性について考える
6.2 付着性が関与するハンドリング技術の考え方の総括

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

★ 見逃し視聴

★ ライブ配信(Zoomでの受講が難しい方へ)

 

については、こちらをご参照ください

 

受講料

未定

 

配布資料

  • 配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
    お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
    お申込みは4営業日前までを推奨します。
    それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
    テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。

 

備考

  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売