3分でわかる技術の超キホン 抗インフルエンザ薬のプロドラッグ(3つの代表例)

Pocket

Anti-flu drug

プロドラッグの例をご紹介している連載コラム。今回は「抗インフルエンザ薬」のプロドラッグです。

 

1.バロキサビル マルボキシル (baloxavir marboxil・ゾフルーザ)

バロキサビル マルボキシルは、体内で小腸、血液、肝臓中のエステラーゼによって速やかに加水分解され活性体(Active form of baloxavir marboxil)に変換され、キャップ依存性エンドヌクレアーゼの活性を選択的に阻害、その結果、ウイルスのmRNA合成を阻害することでインフルエンザウイルスの増殖を抑制します。
baloxavir marboxil

 

2.オセルタミビル(Oseltamivir・タミフル)

オセルタミビルは、そのままでは経口投与では吸収されないため、エステル体としたカルボン酸エステルとして開発されました。
カルボン酸エステルは、小腸では加水分解を受けずプロドラッグとして肝臓に取り込まれ、CES による肝臓初回代謝(カルボキシルエステラーゼ1(CES1)による加水分解)によって生成した活性体がインフルエンザウイルスのノイラミニダーゼを阻害することによって薬理効果を示すとされています。
Oseltamivir

 

3.オクタン酸ラニナミビル(Laninamivir octanoate・イナビル)

オクタン酸ラニナミビルは疎水性のオクタン酸エステルとなっています。
作用部位の肺に粉末吸入剤として直接投与することによって肺細胞に移行したプロドラッグは、シアル酸エステル分解酵素によってラニナミビルに加水分解され、肺で薬理効果を発揮します。
この化合物は罹患後1回の投与のみで十分な薬効が得られますが、疎水性による肺への取り込みや、滞留性の増大、活性体への緩やかな変換、さらに活性体の細胞内lock in現象など様々な要因によって、肺に長時間滞留するものと予想されています。
Laninamivir octanoate

なお、オクタン酸ラニナミビルは、3-アシル体と2-アシル体の混合物となっています。3-アシル体のみを表記しております。

 

(日本アイアール株式会社 特許調査部 S・T)
 


関連コラム(3分でわかる技術の超キホン・プロドラッグ特集)


 

医薬品に関する特許調査サービスは日本アイアールまでお気軽にお問い合わせください。

 

Pocket

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

技術セミナー開催スケジュール

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

センサのお話

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売