技術分野共通

自動化設備における”チョコ停”の原因分析と対策の進め方(セミナー)

自動化設備におけるチョコ停にお悩みの方やチョコ停対策に取り組まれる方を対象に、チョコ停対策の手順と、アプローチのポイントについて説明します。  

開催日時 未定
担当講師

竹内 利一 講師

開催場所

日本アイアール㈱ 本社会議室

定員 16名
受講費 36,000円(税抜)

技術資格取得のための「試験を一発合格」する方法

こうすれば,時間もお金もかからず合格するというマル秘ノウハウを伝授します。  

開催日時 未定
担当講師

伏見 隆夫 講師

開催場所

日本アイアール㈱ 本社会議室(四谷三丁目駅徒歩6分他)

定員 16名
受講費 未定

潜在的ニーズの探し方と次世代商品テーマの発見手法

現代版TRIZの手法をベースに、既存の商品についての潜在ニーズを捉える方法から、システムの理想性を追求する概念を使った「次世代新商品」のテーマを発見するための具体的なプロセス学ぶ研修です。

開催日時 未定
担当講師

長谷川 公彦 講師

開催場所

日本アイアール㈱ 本社会議室(四谷三丁目駅徒歩6分他)

定員 16名
受講費 45,000円/1名(税別)

技術問題の状況がよく見える「多次元分析法」

技術問題の解決で最も手間取るのが、実は「自分たちが抱えている問題の状況がよくわからない」という点です。この研修は、問題解決に取り組む以前の問題をクリアにすることを目的とした具体的な分析手法をご紹介します。

開催日時 未定
担当講師

長谷川 公彦 講師

開催場所

日本アイアール㈱ 本社会議室(四谷三丁目駅徒歩6分他)

定員 16名
受講費 45,000円/1名(税別)

技術問題の発生メカニズムを解明する「逆発想法」

技術問題の解決に取り組む初期段階で実施する「原因分析」のスキルを高める研修です。短時間で効率的に問題発生メカニズムを解明できるようにするための具体的な分析手法もご紹介します。

開催日時 未定
担当講師

長谷川 公彦 講師

開催場所

日本アイアール㈱ 本社会議室(四谷三丁目駅徒歩6分他)

定員 16名
受講費 45,000円/1名(税別)

技術者に必要な論理思考能力を高める「因果関係モデル作成法」

技術者として求められる様々な「問題解決」の場面では、その問題の状況を目で見てわかるようにした「因果関係モデル」を描くことが有効です。特に若手技術者への論理的思考力養成研修として有効です。

開催日時 未定
担当講師

長谷川 公彦 講師

開催場所

日本アイアール㈱ 本社会議室(四谷三丁目駅徒歩6分他)

定員 16名
受講費 45,000円/1名(税別)

優れた製品改善案を生み出せるようになるための図解発想法

製品改善策の質と量を向上させるには、まず、機能系統図をベースに、機能同士の原因と結果を表現した因果関係モデルを作成することが有効です。この研修では、製品の価値を高める具体的な方法を事例を交えて解説します。

開催日時 未定
担当講師

長谷川 公彦 講師

開催場所

日本アイアール㈱ 本社会議室(四谷三丁目駅徒歩6分他)

定員 16名
受講費 45,000円/1名(税別)

自社技術の用途開発を行うための実践的手法

自社技術の用途開発のために必要な具体的手法までを習得するための研修です。用途開発の手法を学ぶことで、成長期・成熟期における成長不振製品の改善に繋がります。  

開催日時 未定
担当講師

長谷川 公彦 講師

開催場所

日本アイアール㈱ 本社会議室(四谷三丁目駅徒歩6分他)

定員 16名
受講費 45,000円/1名(税別)

機能分析と価値分析による「代替品・改良品の開発法」

ビジネスとしての価値が高い「代替品」(改良品)の開発するための具体的な手法と考え方を学び、開発手法の「ハイブリッド化」を実践するためのプロセスを習得できる研修です。  

開催日時 未定
担当講師

長谷川 公彦 講師

開催場所

日本アイアール㈱ 本社会議室(四谷三丁目駅徒歩6分他)

定員 16名
受講費 45,000円/1名(税別)

省エネルギーへの取組み方講座

本講座は、広く省エネルギーを考えるきっかけを提供するものです。  

開催日時 未定
担当講師 未定
開催場所 未定
定員 未定
受講費 未定

最短で合格する技術士の二次試験対策講座 口頭試験編

技術士二次試験突破のポイントを解説します。  

開催日時 未定
担当講師 未定
開催場所 未定
定員 未定
受講費 未定

最短で合格する技術士の二次試験対策講座 筆記試験編

技術士二次試験突破のポイントを解説します。  

開催日時 未定
担当講師 未定
開催場所 未定
定員 未定
受講費 未定
123

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売