“感性” “感情” “印象” の 評価・定量化・モデル化への挑戦【提携セミナー】

"感性" "感情" "印象" の 評価・定量化・モデル化への挑戦セミナー

“感性” “感情” “印象” の 評価・定量化・モデル化への挑戦【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

松居 辰則 氏

開催場所

Live配信セミナー(リアルタイム配信)

定員 -
受講費 未定

“感性” “感情” “印象” の
評価・定量化・モデル化への挑戦

心理学・生体計測・情報科学・機械学習・・・etc.
様々なアプローチ方法による評価・定量化・モデル化事例と応用展望

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


 

感性品質を取り入れた製品・技術開発を行う際に重要となり、一方で、
どんな手法が最善なのか、正解が分からず厄介でもある評価・定量化・モデル化。
生体計測技術や情報科学も進展する現在、どんな手法が試みられていて、どこまで出来るのか?
多様なアプローチを試みる演者の講義から今後の開発のヒントを掴もう!

前回好評だったセミナーを、ご要望の多かった「モデル化の研究事例」をボリュームアップして再開催

 

人間は誰しも「感性」をもっており,「感情」を表出したり,「印象」を感じて意思決定や行動選択を行います.つまり,「感性・感情・印象」は人間の人間らしさの本質であるといっても過言ではありません.しかし,「感性・感情・印象」を定量的に捉えることは困難です.一方,情報技術,特に,人工知能技術の発展に伴い,人間と技術の共生の観点からは,様々な技術開発・商品開発においても人間の「感性・感情・印象」を十分に考慮することが一層重要となります.そこで,本講演では,「感性・感情・印象」の評価・定量化・モデル化について研究事例を紹介しながら,技術としての展開の可能性を議論したいと思います.

 

 

◆ 得られる知識

感性・感情・印象の評価・定量化に関する研究手法の概要と現状,課題を概観していただきます.

 

担当講師

早稲田大学 人間科学学術院 人間情報科学科 教授 博士(理学) 松居 辰則 氏

 

セミナープログラム(予定)

 

1.感性・感情・印象の定量化にむけて
1.1 感性・感情・印象の科学的定義
1.2 感性と知性
1.3 感性・感情・印象への情報科学的アプローチ
1.4 感性・感情・印象の評価・定量的測定手法
1.5 感性・感情・印象のモデル化手法
1.6 人工知能と感性・感情・印象

 

2.感性・感情・印象の評価・定量化・モデル化の研究事例
2.1 感性・感情・印象への心理学的アプローチ
2.2 印象のマルチモーダル評価
2.3 機械学習を用いた感性のモデル化
2.4 感情表出に関する脳機能モデリング
2.5 生体計測による心的状態の推定手法とその応用

 

3.感性・感情・印象の評価・定量化への可能性と課題

 

□質疑応答□

 

[キーワード] 感性,感情,印象,評価,定量化,モデル化

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

配布資料

  • 製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
    ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
    ※開催日の4~5日前に発送します。開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
    ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。

 

オンライン配信のご案内

このセミナーは、ZoomによるLive(リアルタイム)配信となります。

Zoomでの受講についてはこちらをご参照ください。

 

 

備考

  • 資料付
  • 講義中の録音・撮影はご遠慮ください

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売