基本のキから学ぶDMF超初心者向けセミナー【提携セミナー】

各国DMF特徴と作成

基本のキから学ぶDMF超初心者向けセミナー【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/4/20(水)12:30-16:30
担当講師

宮原 匠一郎 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:41,800円
【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:47,300円
☆異動されてきた方、新任の方にもわかるよう、原則から登録実務までまるっと解説します

☆US、EU、日本の三極における制度の違い、それぞれの特徴を比較する

 

<基本原則から登録実務までまるごとわかる>

基本のキから学ぶDMF超初心者向けセミナー

 

≪DMFの原則/三極における制度・仕様の比較/eCTD仕様の作成/電子登録の全ステップ≫

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

海外(US,EU他)に原薬・中間体、医薬品添加物、医薬品容器等を承認申請あるいは輸出しようとする時に知的財産権・ノウハウを保護しながら当局への申請ができる登録文書がDMFです。ところがこの仕組みはUS, EU, 日本で基本は共通ですが実際の仕組みの詳細がそれぞれの極で異なっています。更に現在ではITをベースにしたeCTD/eSubmissionでの運用が必須となっています。今回は基礎編として、まず、DMFの原則論の説明、各国で異なるその仕組みと仕様の解説を致します。また、eCTD仕様のDMF作成とその電子的な登録の全ステップを含めたeCTD/eSubmissionnの概要を説明いたします。

 

◆受講後、習得できること

  • DMF 基礎の習得
  • 三極(US,EU,日本)を中心に各国DMFの特徴と比較
  • DMF eCTD/eSubmissionの概要の把握

 

◆講演中のキーワード

DMF, FDA, EMA, EDQM, ASMF, CEP, MF, CTD, eCTD/eSubmission,

 

本テーマ関連法規・ガイドラインなど
1. ・厚生労働省 薬食審査発1117第3号/ 薬食機参発1117第1号 「原薬等登録原簿の利用に関する指針について」 平成26年11月17日
2. FDA, Drug Master Files (DMFs) by FDA Website
3. FDA , Drug Master files – Guidance for Industry (Draft Guidance) Rev.1 – October 2019
4. Electronic Common Technical Document (eCTD) by FDA Website
5. EMA, Guidance on Active Substance Master File Procedure, 2018/11/08
6. EDQM, Certification of suitability to the Monographs of the European Pharmacopoeia Management of applications for new Certificates of Suitability, Requests for Revision or Renewal of Certificates of Suitability and applications using the ‘sister files’, November 2021
7. EDQM, Certification of suitability to Monographs of the European Pharmacopoeia CERTIFICATION POLICY DOCUMENT – Content of the dossier for chemical purity and microbiological quality, December 2018
8. Health Canada Guidance Document: Master Files (MFs)-Procedures and Administrative Requirements, Revision December 2021
9. ICH M4Q 別紙3 CTD-品質に関する文書の作成要領に関するガイドライン(2003.7.1)

 

担当講師

株式会社ファーマ・アソシエイト 代表取締役 宮原匠一郎 先生

 

■経歴
1977年,東京大学大学院 薬学系研究科 製薬化学専門課程修士課程修了。同年,三井東圧化学(株)(現三井化学(株))入社,大牟田工場,生物工学研究所にて原薬,ペプチド及び医薬原料化学品のGMP下でのプロセス検討,企業化(有機合成,発酵,細胞培養)に従事。1991年より本社医薬・バイオ事業部門にて医薬品子会社と共同でグローバルな新薬開発,医薬品子会社の事業管理を担当。
2000年より原薬及び医療用途の原料化学品事業を担当,酵素法アミノ酸,酵素法核酸,医療用ポリマー等を市場に送る。2006年より品質保証部門に移り原薬,医療用途の原料化学品,精密化学品の品質保証を担当。この間EDQMの監査を受審,合格。
2011年5月退職,同年9月,株式会社ファーマ・アソシエイトを設立。

 

■専門および得意な分野・研究
・DMF(FDA,EMA),MF(PMDA),SMF(PIC/S)等の規制当局への提出書類
作成・提出・登録・変更・維持
・適用される薬事関連規制(USA,EU,日本)及び対応方法の明確化
・GMP (原薬・中間体、バイオ医薬、容器、医薬品添加物、化粧品及び原料)
・当局(FDA,EMA)監査への準備・対応
・お客様への模擬監査、サプライヤーへの監査(GMP,IPEC, EFfCI, ISO)の代行

 

セミナープログラム(予定)

1. DMF概要
1-1. 医薬品事業とDMF
1-2. DMFとは
1-3. 変更・更新・LOA・照会等

 

2. 各国DMFの特徴
2-1. US DMF概略
2-2. EU ASMF/CEP概略
2-3. 日本のMF概略
2-4. 各国DMFの特徴と比較 (比較表)

 

3. eCTD/eSubmissionの概略
3-1. eCTD/eSubmissionをめぐる各局の現状
3-2. eCTDの基本
3-2-1.  eCTD全体の構成
3-2-2.  CTDモジュール構造
3-2-3.  M1の構成
3-2-4.  M2とM3の構成
3-3. FDA eCTD/eSubmission概要
3-3-1. M3 作成事例 (3 files)
3-3-2. ESGによる送信

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年4月20日(水) 12:30-16:30

 

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

 

受講料

【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名41,800円(税込、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名47,300円(税込、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

 

※学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

備考

配布資料・講師への質問等について
●配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
お申込みは4営業日前までを推奨します。
それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。

 

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売