高品質スクリーン印刷の基本と「標準」【提携セミナー】

開催日時 2020/12/11日(金)10:00~16:30
担当講師

佐野 康 氏

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名
受講費 非会員:55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)

~実践的なプロセス適正化手法~

 

高品質スクリーン印刷の基本と「標準」

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

スクリーン印刷の原理からペースト、マスク、スキージ、スクリーンメッシュ等の各要素技術、最新の応用事例までを詳細解説します!

 

スクリーン印刷は、エレクトロニクスやグラフィック・加飾印刷などの多くの分野で60年以上の長きにわたり利用されてきたにも関わらず、未だに管理が困難で職人技が必要な印刷工法だと思われています。しかしながら、実は、スクリーン印刷は、原理的には最も安定した印刷工法であるというのが私の考えであり、理論の基となっています。

孔版であるスクリーン版を利用するスクリーン印刷は、画線部の開口部からインクを一定量で均一な厚みで転移できる為、原理的に、最も安定した印刷工法です。スクリーン印刷プロセスそのものが管理困難だったのではないのです。間違っていたのは、適正化されていないインクやスクリーン版です。今こそ、これまでの考え方を変えて、今までの自分たちの管理手法が間違っていたと認識を新たにすべきです。

 

スクリーン印刷にも実践的な理論があります。印刷されるインク、ペーストの身になってプロセスを考える「ペーストプロセス理論」です。この理論は、私が長年にわたり仮説と検証を繰り返し実用性がある考え方として確立し、多くの印刷現場で実証を行なってきたものです。この考え方は、エレクトロニクス分野のみならず、グラフィック、加飾、捺染、工業印刷などでの高品質スクリーン印刷実践のためであれば、すべてに通用します。

 

スクリーン印刷に対するこれまでの先入観を捨て、論理的整合性の観点からこの考え方を評価いただければ、この理論の正しさが理解していただけると思います。これまでの対策での成功の理由も失敗の理由もこの理論で説明ができるようになります。この理論を正しく実践すれば、スクリーン印刷は、これからの技術的伸び代が最も大きい有用なプロセス技術であることがご理解いただけると思います。

 

プロセスの適正化とは、スクリーン印刷の本来の「あるべき姿」を達成するための「前提条件」を適正化することであり、適正化できていない場合は、その理由、原因を見つけ出し、適切に対策することです。「前提条件」が適正であれば、印刷品質と印刷安定性は、インク・ペーストの有する固有の印刷性能で決定されます。

 

全ての印刷工法は、先ず「刷版」の性能が向上し、それに合わせた印刷性の高いインクが開発され、それぞれの印刷品質を向上させてきました。このことはスクリーン印刷においても同様であり、「刷版」であるスクリーン版の主要素であるメッシュ材料の技術進歩により、使用できるインクの印刷性能がさらに向上させることができました。

 

本講演では、最初に、スクリーン印刷の原理やメカニズムの解説および、最近、明らかになった「版離れ角度」と「版離れ力」との相関について説明します。スキージやスクリーンメッシュなどの要素技術の進歩と「標準」についても解説し、インク・ペーストの印刷性能に影響する分散安定性、揮発性、濡れ性及び粘弾性特性を理解します。さらに最新のエレクトロニクスや高精細・高品位加飾印刷での具体的な応用例と実践方法についても解説します。

 

 

担当講師

株)エスピーソリューション 代表取締役 佐野 康 氏

 

 

セミナープログラム(予定)

1.スクリーン印刷とは?
・原理的には、スクリーン印刷は最も安定な印刷工法
・版とインクを適正化すれば30μmラインも手刷りができる。
・適正化できなかった最大の要因はインクの印刷性能不足と適正化していない版仕様
1-1.各種印刷工法の種類とインクの粘度範囲
・各分野のスクリーン印刷でのインクの粘弾性は、適正化されているか?
1-2.スクリーン印刷は「特殊印刷」、だから印刷安定性が高い
1-3.現状のスクリーン印刷の多くは「技術限界」の50%以下のレベル

 

2.「ペーストプロセス理論」の考え方の基本
2-1.印刷条件のほとんどは、高品質印刷の為の「前提条件」
2-2.スクリーン版の反発力での「版離れ」が最も重要

 

3.「オフコンタクト印刷」と「コンタクト印刷」の大きな違い
3-1.「コンタクト印刷」は、インクを疑似固体化してからの「時差版離れ」
3-2.メタルマスクでの「同期版離れコンタクト印刷工法」でのクリームはんだ印刷
3-3.メタルマスクでの低粘度インクの定量塗布技術

 

4.スクリーン印刷の4つのカニズムの理解
4-1.「ローリング」のメカニズム
4-2.「充てん・掻き取り」のメカニズム
4-3.「版離れ」のメカニズム
4-4.「レベリング」のメカニズム

 

5.≪最新技術≫「版離れ角度」の「版離れ力」への影響とその増大策
5-1.刷り終り部での版離れ遅れ増大の原因は、「版離れ角度」の漸減
5-2.通常ピールオフ動作での実クリアランス量増加と「版離れ角度」の変化
5-3.等クリアランス「版離れ角度維持」装置による「版離れ力」の改善効果

 

6.スキージとスクリーン印刷装置
6-1.印刷機の種類とスクリーン版
フラットベッド、シリンダー、ロータリー印刷機を刷版
6-2.印刷位置合わせの方法
6-3.スキージが最も重要な印刷パラメータの要素
・最適なスキージの選択方法・斜め研磨スキージの効果
・スキージのエッジの面取り仕上げの必要性

 

7.4つの印刷条件の適正化
7-1.4つの印刷条件と印刷品質への影響
7-2.スキージ印圧設定方法「押し込み」方式と「エアー圧」方式
7-3.「適正印圧」の定義と設定方法
7-4.スキージ角度、速度と「充てん力」との相関

 

8.スクリーン版とスクリーンメッシュ
8-1.ステンレスメッシュ開発の歴史とスクリーン印刷技術の進歩
8-2.スクリーンメッシュの「強度指数」と適正クリアランス量
8-3.スクリーンメッシュ開口率とインクの吐出性
開口率25%メッシュのにじみ制御効果
8-4.超高強度ステンレスメッシュでの課題解決「無変形スクリーン版」
8-5.スクリーン版の製作工程 密着露光とミスト現像
8-6.スクリーン版の洗浄方法
8-7.高品質スクリーン版の再製版システムの実際例

 

9.インク・ペーストの印刷性能
9-1.インクの分散安定性、溶剤揮発性および濡れ性の影響
9-2.連続印刷中のインクの含有溶剤揮発と印刷膜厚変化
9-3.インクの粘性と弾性の理解「粘弾性マップ」の利用の仕方
スクリーン印刷中の気泡発生の原因と対策

 

10.高品質スクリーン印刷プロセス実践のための具体的な対策手法
10-1.印刷均一性を阻害する要因とその対策手法
10-2.印刷膜厚整合のための対策手法 ファインライン、中間ライン、ベタ
10-3.印刷寸法精度を損なう要因とその対策
10-4.スクリーン印刷におけるその他の不具合対策
乾燥のメカニズムとその重要性 静電気とインクの糸引き対策

 

11.スクリーン印刷8つの適用工法と高品質スクリーン印刷の応用例
・べた、ファイン、ドット、スルーホール、ビア埋め、落とし込み、積層印刷、転写印刷
高品品質加飾印刷  グラデーション印刷(網点形状とトーンジャンプ)  スピン柄
プリンテッドエレクトロニクス ナノ銀インク 等

 

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2020年12月11日(金)10:00~16:30

 

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員:  55,000円(税込)
会員:      49,500円(税込)

 

※会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で 55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、 49,500円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計 55,000円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの
複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売