ゴムローラ搬送における摩擦機構と最適設計、評価技術【提携セミナー】

ゴムローラ搬送における摩擦機構

ゴムローラ搬送における摩擦機構と最適設計、評価技術【提携セミナー】

開催日時 2024/8/2(金)10:30~16:00
担当講師

砂見 雄太 氏
山浦 弘 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 30名
受講費 1名につき60,500円(税込)

★ 搬送のメカニズムを理解し、最適な設計を目指す!

 

ゴムローラ搬送における摩擦機構と

最適設計、評価技術

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

搬送時の折れしわやスリップ、巻取り時には巻き締り、スリップ、ゲージバンドなどの予期せぬ不具合の原因・対策案について学問的な立場からアプローチして、不具合の未然の防止を図る知識を養うことを目的としています。

 

 

習得できる知識

ウェブハンドリングのトライボロジー
ゴムローラと鋼ローラによる紙搬送の原理と,押し付け力,用紙負荷力,ゴム硬 さ,摩擦係数などが用紙搬送速度に与える影響が理解できるようになる

 

 

担当講師

東海大学 工学部機械工学科  准教授 博士 (工学)  砂見 雄太 氏
東京工業大学 工学院 機械系 教授 博士(工学) 山浦 弘 氏

 

 

セミナープログラム(予定)

【10:30-14:15 】
1.ウェブのローラ搬送に関わる力学的性質とトライボロジー特性
東海大学 工学部機械工学科  准教授 博士 (工学)  砂見 雄太 氏

【講座趣旨】
フィルム、紙、不織布などのウェブを製造する過程において、搬送時には折れしわやスリップ、巻取り時には巻き締り、スリップ、ゲージバンドなどの予期せぬ不具合が生じることが多々あると思います。これを防止する手法としては、経験と勘を基に製造条件を試行錯誤的に検討していると耳にすることが多くあります。これらの不具合は製品の品質と直結することであり、不具合防止は極めて重要な課題です。  本セミナーでは、上記不具合の原因・対策案について学問的な立場からアプローチして、不具合の未然の防止を図る知識を養うことを目的としています。本セミナーを受講したからといって全ての問題を解決することができるとは限りませんが、解決の糸口を見つけることができるでしょう。

 

1.ウェブの力学的性質
1.1 ウェブに作用する力とその変形
1.2 フックの法則
1.3 ウェブ素材の構造と弾性の関係
1.4 液体の構造と粘性
1.5 粘弾性体とその力学的モデル
1.6 ウェブの曲げ
1.7 ウェブの座屈
1.8 ウェブの折れしわ

 

2.ウェブハンドリングのトライボロジー
2.1 ウェブ搬送とトライボロジー
2.2 摩擦力と摩擦係数
2.3 摩擦係数の測定
2.4 オイラーのベルト公式
2.5 固体の接触と摩擦
2.6 摩擦のメカニズム
2.7 摩擦係数のコントロール
2.8 マクロスリップの発生条件と抑止方法

 

【質疑応答】

 

₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋₋
【14:30-16:00】
2.ゴムローラによる搬送特性解析と設計
東京工業大学 工学院 機械系 教授 博士(工学) 山浦 弘 氏

【講座趣旨】
ゴムローラと鋼ローラによる紙搬送の原理と,押し付け力,用紙負荷力,ゴム硬 さ,摩擦係数などが用紙搬送速度に与える影響が理解できるようになる。長軸のローラにクラウンを付ける意味やその設計法を習得できる。ゴムローラによる用紙繰 り出し搬送における紙搬送の原理についても学べる。

 

1.短軸ゴム挟持ローラの基本特性解析
1.1 ゴムローラ変形の基礎理論
1.2 ゴムローラ接触解析とアルゴリズム
1.3 解析結果と物理的意味
1.4 短軸ゴムローラによる紙搬送解析

 

2.長軸ゴム挟持ローラによる紙搬送解析
2.1 解析の仮定と手法
2.2 長軸ゴム挟持ローラの摩擦駆動特性
2.3 偏荷重に対する紙のスキュー解析と設計
2.4 ニップ部の圧力分布解析とクラウンローラの設計
2.5 長軸ローラによる紙搬送における横ずれの実験解析

 

3.短軸ゴムローラを用いた繰り出し機構の搬送特性解析
3.1解析の仮定と手法
3.2 解析の結果と物理的意味
3.3 実験による確認と考察
3.4 高速繰り出し実験結果と考

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2024/8/2(金)10:30~16:00

 

開催場所

Zoomによるオンライン受講

 

受講料

1名につき 60,500円(消費税込、資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき55,000円〕

 

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

資料は事前に紙で郵送いたします。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

 

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売