わかりやすい製造指図書およびSOP作成のポイント【提携セミナー】

製造

わかりやすい製造指図書およびSOP作成のポイント【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/2/25(金)10:30~16:30
担当講師

高木肇 氏

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名
受講費 非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)

どのようなSOPが作業者に求めせれているのか? 経験事例から解説!

 

わかりやすい製造指図書

およびSOP作成のポイント

 

 

~作業ミスや逸脱を未然に防止するための作成上の工夫とは~

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆ セミナー趣旨

製造管理の基本は正しい作業手順を設定し、その通り実施した証拠(記録)を残すことである。まず作業者は詳細なSOPをツールにOJTを受ける。OJTが終った作業者は、SOPの簡素版である製造指図記録書を利用して担当業務を実施する。SOPや製造指図書はあるものの、ヒューマンエラーや逸脱が絶えない、あるいはSOPが現場で活用されず、作業者が自分のノウハウをメモにして作業している、なぜそのようなことが起こるのか。一つの原因としてSOPや指図記録書の内容不備が考えられる。ヒューマンエラーを誘引せず、実効性のあるSOP、指図記録書とはどうあるべきか、事例を基に考察する講座である。

 

 

担当講師

医薬品GMP教育支援センター 代表

高木肇 氏

 

セミナープログラム(予定)

 1.ルールベースからリスクベースのGMPへ(QRMとPQSのおさらい)
1.1 答えを行政に求めず企業自らが考える
1.2 現実世界(VUCAの世界)への対応にはOODAループ思考が必要
1.3 品質リスクマネジメント(QRM)手法はOODAループ思考
1.4 QRMで重要なこと
1.5 医薬品品質システム(PQS)の「品質」とはQuality Culture
1.6 Quality Cultureは「KPI」に現れる
1.7 PQSの目的と責任役員の責務

 

 2,ヒューマンエラーを防ぐには(教育訓練はどうあるべきかを考察)
2.1 無人化/自動化でヒューマンエラーはゼロに?
2.2 結局、「教育訓練」の工夫しかないかも
2.3 作業者には3つ目の習得が重要
2.4 「知っている」に留まらず「考える」へ
2.5 「アクティブラーニング型」の教育訓練へ
2.6 考える人を育てる大前提は
2.7 知識・経験不足では「知恵」がでない(思考力が育まれない)

 

 3.ミスの水面下には、様々な因果関係が潜む(mSHELL分析で俯瞰)
3.1 「逸脱」の定義が明確になっていますか
3.2 現場では「逸脱」とは言えないような「異常、チョコ停」等が頻発している
3.3 ミスには2種類ある
3.4 一人で出来るトリプルチェック(指差呼称)も効果あり
3.5 設備の状態を把握できるのは作業者
3.6 五感を活用して始業/終業点検を
3.7 適格性評価の結果が初期値を示す
3.8 イライラ・ストレスがミスの遠因
3.9 半概日リズムとグルコーススパイク

 

 4.文書化の重要性
4.1 GMPの基本は書類整備と記録
4.2 指図書(SOP)の働き
4.3 SOP/指図書で企業のレベルがわかる
4.4 ダメなSOPの例

 

 5.SOP作成時の留意点(適切なSOPができれば自ずと適切な製造指図書ができる)
5.1 製造指図書はSOPの概説書
5.2 SOPの留意点
5.3 SOPの作成手順

 

 6.製造指図書の作成
6.1 指図記録書の一般的な様式例
6.2 指図書作成時の留意点

 

 7.記録の作成
7.1 記録書に期待すること
7.2 記録の要件(ALCOA plusの原則)
7.3 実効性のある記録であること
7.4 「時刻合わせ」の管理が必要
7.5 記録の仕方

 

 8.電子記録の留意点
8.1 厚労省ERES指針の概要
8.2 CSVの要請
8.3 電子的記録への要請事項
8.4 DI関連指摘事例

 

 9.おまけ(SOPの各種事例)

 

 

スケジュール

※多少前後する可能性がございます。
10:30~12:00 講義1
12:00~13:00 昼食
13:00~14:00 講義2
14:00~14:05 休憩
14:05~15:05 講義3
15:05~15:10 休憩
15:10~16:10 講義4
16:10~16:30 質疑応答

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年02月25日(金) 10:30~16:30

 

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員: 55,000円(税込)
会員:  49,500円(税込)

 

※会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で 55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、 49,500円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計 55,000円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付(PDFデータで配布します)
  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
    無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売