医薬品マーケティングのDX活用における社内体制作り・推進のしかた【提携セミナー】

医薬品マーケティング

医薬品マーケティングのDX活用における社内体制作り・推進のしかた【提携セミナー】

開催日時 2023/2/21(火)10:00~17:00
担当講師

岡田 浩行 氏
伊藤 賢 氏
吉田 栄一 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 30名
受講費 60,500円(税込)

製薬企業の担当者が語る、体制構築や社内調整の事例
☆ デジタルバイオマーカーの立ち上げやマーケティングへの活用事例!
☆ DXの根幹となるヘルスケアデータベースの構築やデジタルマーケティングの効果最大化!

 

医薬品マーケティングのDX活用における

社内体制作り・推進のしかた

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

本講演では、Dxの一部である、デジタルバイオマーカー(dBM)の開発やデジタル基盤の導入、社外パートナーとのエコシステム構築を見据えた社内体制について、更にはその導入・開発時のTipsなどを、網羅的にご紹介したいと考えている。

マーケティングおよび営業の強化に向けて、今後、戦略強化に必要となるデータベースのあり方、その活用方法を弊社支援事例や先進企業と議論している内容も交えながらご紹介する。

本講義では特に、社内調整とプロジェクト推進に関してご紹介いたします。

 

 

習得できる知識

医薬品マーケティングのDx化に伴う社内体制の作り方、社内調整、デジタルマーケティングの推進

 

 

担当講師

【第1部】中外製薬(株) プロジェクト・ライフサイクルマネジメントユニット スペシャリティライフサイクルマネジメント部 岡田 浩行 氏

【第2部】 PwCコンサルティング Customer シニアマネージャー 伊藤 賢 氏

【第3部】 フェリング・ファーマ(株)  コマーシャルエクセレンス部 部長 吉田 栄一 氏

 

 

セミナープログラム(予定)

【10:00~12:00】

【第1部】 医薬品の価値最大化を見据えたDX活用・推進および社内体制 ~患者ニーズに基づいたソリューションの実施~

中外製薬(株) プロジェクト・ライフサイクルマネジメントユニット スペシャリティライフサイクルマネジメント部 岡田浩行 氏

 

【講座主旨】

医薬品産業における研究開発費投資リターン率は、年々悪化しているといわれている。各製薬企業は、一般的に“既存治療薬が存在しない疾患領域”や“既存治療薬は存在するが、限定的な寄与度に留まる疾患領域”に対して、従来を上回る有用性や根本治療を目指し、新たなモダリティの薬剤を開発しようと尽力している。

しかし、こうした疾患領域では、“最適な化合物自体の探索自体が難しい”、薬剤として開発が出来たとしても“薬剤単剤の効果だけでは、目標とされるアウトカムに到達できない”、“Patients Journey上の多様な患者さん・ご家族のニーズを完全に満たすことが出来ない”など、多くの課題が残される。

上記のような状況において更に、医薬品の“費用対効果”“アウトカム”が注目されつつあり、従来のように“新たな薬剤を開発・上市してプロモーションする”ビジネスモデルだけでは、医薬品の“価値最大化”を達成することは難しいと考えられる。

上記の環境下で、製薬マーケティング・経営の視点から、Solutionの1つとして、デジタルトランスフォーメーション(Dx)が注目されている。Dxには、デジタルバイオマーカー、リアルワールドデータ活用を見据えたデジタル基盤、データドリブンマーケティング等が含まれる。

本講演では、Dxの一部である、デジタルバイオマーカー(dBM)の開発やデジタル基盤の導入、社外パートナーとのエコシステム構築を見据えた社内体制について、更にはその導入・開発時のTipsなどを、網羅的にご紹介したいと考えている。

 

【講座内容】

  • デジタルバイオマーカー(dBM)の開発やそのためのデジタル基盤の導入
  • 社外パートナーとのエコシステム構築を見据えた社内体制

 

【質疑応答】

 


【12:45~14:45】

【第2部】 製薬企業におけるヘルスケアデータベースの構築とマーケティングへの活用

PwCコンサルティング Customer シニアマネージャー 伊藤賢 氏

 

【講座主旨】

マーケティングおよび営業の強化に向けて、今後、戦略強化に必要となるデータベースのあり方、その活用方法を弊社支援事例や先進企業と議論している内容も交えながらご紹介する

 

【講座内容】

1.マーケティングがどう変わってきているか、どう変わっていくか

2.他業界から学ぶべきところはどこか

3.製薬メーカーの先進事例にはどのようなものがあるか

4.マーケティングの役割がどう変わっていくのか

5.マーケターに求められるスキル・マインド・価値観・行動はどうなっていくべきか

6.そもそも、どのようなデータをどう分析すべきなのか

7.各社が直面する課題は何か

8.課題解決の方法にはどのようなものがあるか

9.参考:DXのインパクトはどのようなものか、そこへの向き合い方はどうあるべきか

10.まとめ:何が競争力に大きく影響を与えることになっていくか

【質疑応答】

 


【15:00~17:00】

【第3部】 デジタルマーケティングの推進とその社内調整、営業部門との融合

フェリング・ファーマ(株)  コマーシャルエクセレンス部 部長 吉田栄一 氏

 

【講座主旨】

製薬業界におけるDXが、COVID19禍において急速に進んでおり、従来の本社主導のみならず、現場主導と、主幹部門にも大きな変化見られております。一方で、デジタルマーケティングを導入するとなると、各部門・各担当者の興味範囲やデジタルリテラシーには大きなバラつきがある事による弊害が大きく存在します。

特に営業部門においては、自身の役割が取って代わられるという危機感や、従来の営業スタイルからの変革が難しいという事から、デジタルの実用性は理解するが、納得して実行まで至っている方は、特に、経営中間層にかかなり少ない可能性を感じております。私自身も施策を始めた当初はうまく馴染まなかった」が、「デジタルマーケティングと営業部門の融合する時代は必ず来る」と信じてやり続けた結果、大きな変化と結果を得られるところまできている。

本講義では特に、社内調整とプロジェクト推進に関してご紹介いたします。

 

【講座内容】

1.デジタルマーケティングの目的とゴール設定

2.デジタルを活用したオムニチャネルアプローチでコロナ禍の情報提供活動

3.製薬業界におけるオウンドメディア会員制化の実態

4.プロジェクト体制の構築と運営のポイント

5.製薬業界におけるデジタルマーケティングの役割分担とできる領域

【質疑応答】

 

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2023/2/21(火)10:00~17:00

 

開催場所

Zoomによるオンライン受講

 

受講料

1名につき60,500円(消費税込・資料付き)

〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円(税込)〕

 

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

資料は事前に紙で郵送いたします。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売