海外企業との医薬品ライセンス契約のドラフティングと紛争回避策【提携セミナー】

医薬品ライセンス契約

海外企業との医薬品ライセンス契約のドラフティングと紛争回避策【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2023/1/16(月)10:30~16:00
担当講師

伊藤 晴國 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 30名
受講費 55,000円(税込)

★ 法のプロが教える”ライセンス”における紛争原因とその予防法!
★ 紛争関連条項のポイント、実際に紛争が起こった場合の国際契約紛争の手続

 

海外企業との

医薬品ライセンス契約のドラフティングと紛争回避策

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

  • 医薬品ライセンス契約に関する紛争をできる限り未然に防ぐため方策
  • 紛争が発生した場合に備えるための契約条項のドラフティング
  • 実際に紛争が発生した場合にどのような手続が行われることになるのか

 

 

習得できる知識

  • ライセンスの理論
  • 医薬品ライセンス契約のポイントと一般的実務
  • 医薬品ライセンスにおける典型的な紛争原因とその予防方法
  • 準拠法条項のポイント
  • 紛争解決条項のポイント
  • ICC仲裁手続の概要

 

 

担当講師

渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 弁護士(パートナー) 伊藤 晴國 氏

 

 

セミナープログラム(予定)

【講座概要】

ライセンス契約は製薬業界における典型的な契約類型ですが、ライセンサーとライセンシーとの先鋭的な利害対立に由来する諸々の論点があり、条項の解釈をめぐって当事者間に紛争が生じることも少なくありません。

本セミナーでは、まず第1部において、一般的な英文ライセンス契約に含まれる典型条項(ただし、紛争関連条項は第2部に回します。)に関する基本的な考え方を解説すると共に、製薬業界の実務に沿った実践的なドラフティングの指針を提供いたします。

次に第2部においては、ライセンス契約に関する紛争について、①それをできる限り未然に防ぐためのヒントや方策、及び、②契約準拠法や紛争解決に関する定めなど、いざ紛争が発生した場合に備えるための契約条項のドラフティングに関する留意点について解説します。さらに、③実際に紛争が発生した場合にどのような手続が行われることになるかを知っていただくために、例として、国際商業会議所(ICC)の仲裁規則に基づく仲裁手続の流れを概説いたします。

 

第1部 医薬品ライセンス契約のドラフティングのポイント

  • 知的財産ライセンスの本質
  • 許諾範囲
  • 許諾技術の実施確保
  • ガバナンス
  • 経済的条件
  • 知的財産権の取扱い
  • 表明保証
  • 秘密保持
  • 譲渡・支配権の変動
  • 契約期間・解約

 

第2部 医薬品ライセンス契約の紛争回避・解決のポイント

  • 国際契約紛争に対する予防と準備
  • 紛争関連条項のポイント
  • 国際契約紛争の手続-ICC仲裁手続

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2023/1/16(月)10:30~16:00

 

開催場所

Zoomによるオンライン受講

 

受講料

1名につき55,000円(消費税込・資料付き)

〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)〕

 

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

資料は事前に紙で郵送いたします。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売