技術者・研究開発者が知っておくべき特許の基本②[侵害対応・活用編](eラーニング)

侵害について

技術者・研究開発者が知っておくべき特許の基本②[侵害対応・活用編](eラーニング)

本講座の狙い

多数の大手メーカーに長年採用され続けている実績豊富な日本アイアールの知財教育コンテンツより、若手技術者・研究開発者向け特許教育講座の大定番をご提供!特許権侵害への対応、ライセンスなど権利化後の活用について学 …

技術者の役割
先使用権について
ライセンス

講座概要

企業の技術者が必ず理解しておくべき特許の基本を学習するための講座です。
この講座の②は後編として、権利化後の話(特許権侵害への対応、ライセンスなど)を解説しています。
前編(①)出願・中間処理編の後に受講することで、特許に関する基礎知識を一通り習得することができます。

 

本講座の狙い

  • 技術者が知っておくべき知的財産の知識が分かる。
  • 特許の侵害行為を知る。
  • 侵害行為を防ぐ、他者の侵害に対抗する方法が分かる。

 

主な項目

企業が特許を取る理由
  • 技術者の役割
特許権侵害とは何か
  • 特許権の効力が及ぶ範囲

権利一体の原則について

  • 侵害となる場合

特許発明の「実施」とは何か

直接侵害/間接侵害/均等侵害

利用発明について

  • 侵害とならない場合
  • 先使用権について
  • 実施開始時期との関係
  • 侵害行為に対する措置

差止請求

損害賠償請求

刑事罰 など

  • 他社から警告を受けた場合
他社特許のつぶし方
  • 情報提供
  • 異議申立
  • 無効審判
特許を活かす
  • 実施許諾契約

専用実施権と通常実施権

  • クロスライセンス
  • ライセンス契約のポイント

 

技術セミナー開催スケジュール

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

センサのお話

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売