塗料・塗膜の基礎と耐候性評価・欠陥分析技術 【提携セミナー】

塗料・塗膜の基礎と耐候性技術

塗料・塗膜の基礎と耐候性評価・欠陥分析技術 【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

赤堀 雅彦 氏

開催場所 未定
定員 未定
受講費 未定

塗料及び塗装工程の基本及び注意するポイントから理解!

塗膜劣化の主たる要因となる耐候性をどう考えれば良いか?劣化評価法から寿命予測まで!

塗料塗膜不良の分析における、分析機器選択のキーポイントや分析技術等、実例を挙げて解説します!

 

塗料・塗膜の基礎(塗装系)と

耐候性評価・欠陥分析技術

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

現代社会において、我々を取り巻く環境を理解するために、塗料/塗膜の専門家だけではなく、それに関わる製品開発・製造担当者においても、数値の意味合いを正しく認識することは、自らの安全を確保することからも重要であり、また新しい分野を築く基礎にも繋がります。IT技術やナノ・テクノロジーのもとで科学技術が急速に進歩し、それとともに塗料や塗装を取り巻く化学も高度化、かつ広範囲に細分化されています。

 

今回は、先ず各塗装系での塗料の特徴や塗装工程を復習して、それぞれの目的や注意するポイントを基礎から解説します。入門的な塗装工程を概観することで、塗料・塗装の重要性を確認します。

 

塗装には、3つの役割があります。①外観の維持(色彩や光沢)、②基材保護(耐候性、防食性)、③新たな機能(防汚、消臭など)が挙げられます。使用される目的、用途、環境に応じて、塗料/塗装が使い分けられます。①②に大きく関わる部分として、耐候性技術を取り上げ、実曝試験や促進試験の相関性の考え方 、具体的な方法やその評価法について述べます。また基礎から運用上の課題まで、技術者が知りたいことや技術的課題を含めて解説します。

 

次に、塗料/塗装の分析評価について考えます。分析評価技術は、製品管理だけではなく、塗料の設計指針、他社品分析、クレーム対応など様々な場面で重要であることは、十分に認識されています。特に、塗膜欠陥はあってはならないものです。この欠陥現象に対して、実際に解析(分析)するための試料作製、分析機器選択のKey point、解析の考え方について、実例を挙げて解説します。

 

◆ 受講対象:

  • 塗膜、塗装、樹脂膜など、コーティング技術分野に携わっている方
  • 塗装の表面処理から上塗りまでの塗装系について、基礎から学びたい方
  • 塗膜性能の一つである耐候性技術を習得したい方
  • 塗料/塗膜の劣化や欠陥分析技術を習得したい方

 

◆ 受講後、習得できること:

工業用塗装における塗装系に関して理解することで、あるべき姿の塗装を考え直すことができます。また塗膜分野における耐候性技術と欠陥分析に関して、基礎から解説します。本講座から、塗膜性能の耐候性技術と塗膜欠陥に関して、現状/課題などを理解し製品品質への展開、どのように考えるかという能力を目指します。
(皆様からのお困りのことがございましたら、ご相談頂くことも可能です。)

 

担当講師

(株)クボタ 研究開発本部 マテリアルセンター 担当部長  赤堀 雅彦 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.塗料の基礎:
1.1 塗料の3つの役割(外観、保護、機能)
1.2 塗料、塗装の基礎用語
1.3 塗料の構成成分
1.4 塗料の種類
1.5 塗料成分(樹脂、顔料、溶剤、添加剤)とその役割
1.6 塗装工程とその目的
1.7 塗装方法
1.8 塗装系

 

2.表面処理工程とその意義・必要性
2.1 ショットブラスト工程
2.2 脱脂工程
2.3 表面調整工程
2.4 化成処理(リン酸塩、酸化ジルコニウム)

 

3.プライマー処理(下塗)(含:電着)
3.1 プライマー塗料の構成
3.2 プライマーの特徴、付き回り性

 

4.溶液系塗料の塗工方法
4.1 溶剤系塗料と水性塗料
4.2 塗工方法
4.3 スプレーガンの特徴
4.4 スプレー塗装の適正粘度
4.5 乾燥方法

 

5.塗料・塗膜の耐候性技術とその試験・劣化評価
5.1 耐候性技術で知りたい3つのこと
5.2 塗膜の劣化要因:4大主因子と副次的因子
5.3 実曝試験と各種促進試験
(1) 実曝試験と促進実曝試験(EMMAQUA法)の現状・考え方
(2) 従来の促進試験(サンシャイン、キセノン、紫外線式など)と新しい促進試験
5.4 劣化評価法
(1) 外観評価(色相、光沢、白亜化、クラックなど)
(2) 化学的評価(赤外分光法など)
(3) 物性的評価(熱的変化、硬度など)
5.5 長寿命化と寿命予測、寿命予測の考え方と課題

 

6.塗料・塗膜不良とその評価・分析法
6.1 評価・分析の考え方(アプローチ)
6.2 前処理の重要性
6.3 分析機器選択のKey point
6.4 分析/解析の3つの観点
(1)外観観察
~塗料・塗膜の状況を把握する~
(2) 化学的分析
~塗料・塗膜の化学構造を把握する~(赤外分光法など)
(3) 物理(物性)的分析
~塗料・塗膜の物性を把握する~
6.5 解析評価や機器分析の事例紹介
(はじき、異物、を中心として)
(1) 塗料の組成分析
(2) 塗膜のブリスター分析
(3) 塗膜のはじき分析

 

<質疑応答>

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

配布資料

  • 資料付

 

備考

  • 録音・撮影行為は固くお断り致します。
  • 講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
  • 講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  • 場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
    *PC実習講座を除きます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けEラーニング講座一覧

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

在宅勤務対応型のオンライン研修

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売