有機フッ素化合物(PFAS)に関する米国規制動向と企業の対応策【提携セミナー】

有機フッ素化合物(PFAS)に関する米国規制動向と企業の対応策【提携セミナー】

開催日時 【LIVE配信】2024/6/25(火)13:00~17:00 , 【アーカイブ配信】6/26~7/10(何度でも受講可能)
担当講師

玉虫 完次 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)
研究開発の担当者が知っておくべき化学物質規制の要点も含めて
米国PFAS関連規制を分かりやすく解説!

 

有機フッ素化合物(PFAS)に関する

米国規制動向と企業の対応策

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

研究開発者、輸出業務担当者やこれから米国規制を勉強したいと考えている人を対象に必要とする米国化学物質規制の基礎を説明したあとに、PFAS規制についての最新規制動向も説明します。研究開発者が留意すべき点を含む有害物質規制法(TSCA)セクション8(a)(7)PFAS報告規則の解説と対応方法についても解説をします。最後に米国規格IPC 1752Aサプライヤーデクラレーションに準拠したプラットフォームとスフェラ社グローバル対応SDS作成ソフトを利用するケミカルマネジメントシステムの構築よる法令遵守事例を紹介します。

 

◆習得できる知識

  • 米国化学物質規制の基礎と成形品や化学品を米国に輸出する時に留意すべき化学物質規制の解説
  • 化学物質規制の検索をするときのノウハウおよび留意点
  • コンプライアンス(法令遵守方法)の基礎
  • 米国へ化学品や成形品を輸出する時の留意点
  • 日本で製品を研究開発する時に知っておくべき化学物質規制の基礎と化学物質規制の検索方法など
  • 米国PFAS規制の基礎と研究開発者が知っておくべきこと。
  • 規制違反の罰則と修復方法について知っておくべきこと

 

◆受講対象

初心者から中級者向け、米国へ輸出する化学品やそれを添加する成形品(部品なども含む)に係わる米国法規制の概要とコンプライアンスの留意点などを学習したい人

 

◆キーワード

PFOS,PFOA,PFHxS,土壌,WEBセミナー,オンライン

 

担当講師

エンバイロメント・ジャパン(株)代表 Ph.D. 玉虫 完次 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.はじめに

 

2.米国化学物質規制の概要
2.1 米国法規制の体系
2.2 連邦法と州法の関係
2.3 検索方法の解説

 

3.日本より米国に成形品や化学品を輸出する時に知っておくべき化学物質規制
3.1 環境保護法(EPA)
3.2 労働安全衛生法(OSHA)
3.3 除菌・抗菌剤の規制(FIFRA)
3.4 医薬品化粧品法(FDAC)
3.5 有害物質規制(TSCA)
3.6 スーパーファンド法
3.7 州法
3.7.1 カリフォルニア州プロポジション65
3.7.2 メイン州PFAS規制
3.7.3 その他の州の動向

 

4.研究開発が製品開発の時に対応すべきこと
4.1 必要なデータや情報例

 

5.規制違反と違反時の対応方法
5.1 違反リスクと違反の種類
5.2 違反の対策

 

6.PFAS規制について
6.1 PFAS関連の連邦法
6.2 PFAS関連の州法
6.3 PFAS報告の解説
6.3.1 TSCA セクション8(a)(7)のPFASデータ報告規則
6.3.1.1 化学品会社
6.3.1.2 成形品輸出会社
6.3.1.3 R&D関連品を米国に輸出した企業
6.3.1.4 データ収集での留意点
6.3.1.4.1 サプライヤーからのデータ情報の際の留意点
6.3.1.4.2 その他

 

7.化学物質データマネジメントシステム事例の紹介
7.1 総合データシステムの概要
7.2 米国IPC 1752A規格マテリアルデクラレーション規格とは
7.2.1 BOMチェックの紹介
7.2.1.1 PFASのマネジメント方法
7.3 マルチ言語対応自動SDS作成データベース・スフェラ社IAの紹介とPFASの管理方法
7.4 サプライヤーマネジメントの事例
7.5 その他

 

8.今後の化学物質規制の動向

 

9.最後に

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【LIVE配信】2024/6/25(火)13:00~17:00
【アーカイブ配信】6/26~7/10

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
★1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
★名以上同時申込は1名につき27,500円(税込)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付【PDFを配布いたします】

 

  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
    無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【LIVE配信】、【アーカイブ配信】のどちらかご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売