mRNAの安定化・製造技術と医薬品開発の展望【提携セミナー】

mRNAの安定化・製造技術と医薬品開発の展望【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

吉田 哲郎 氏
秋光 信佳 氏
阿部 洋 氏

開催場所 未定
定員 未定
受講費 未定
★ 製造面における純度や安定性などにおける課題とその解決策とは!?

 

mRNAの安定化・製造技術と医薬品開発の展望

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

  • mRNA 医薬の現状と展望
  • mRNA分解メカニズムと安定化への活用
  • mRNAの合成技術

 

習得できる知識

  • mRNA医薬を構成する要素技術
  • 今後のmRNA医薬の開発動向の展望
  • 哺乳動物細胞のRNA安定性制御に関する最新の知見ならびにRNA創薬への応用
  • 高純度mRNAの製造法
  • mRNAの完全化学合成

 

担当講師

【第1部】アクセリード(株) 経営企画部 新技術評価リード 吉田 哲郎 氏

 

【第2部】東京大学 アイソトープ総合センター 教授 秋光 信佳 氏

 

【第3部】名古屋大学大学院 理学研究科 理学専攻化学 生物有機化学研究室  教授 阿部 洋 氏

 

セミナープログラム(予定)

「mRNA 医薬の現状と展望」
アクセリード(株) 経営企画部 新技術評価リード 吉田 哲郎 氏

 

【講座概要】

COVID-19 mRNAワクチンの成功により、mRNA医薬は新規創薬モダリティとして世界中に認知された。本講演ではまずmRNAワクチンの特徴を他のモダリティと比較して述べる。次にmRNA医薬を構成する要素技術をmRNA原薬、製剤の両面から解説する。さらに今後のmRNA医薬の開発動向の展望について述べる。最後に弊社が設立したmRNA CDMO、(株)ARCALISの事業についても簡単に紹介したい。

 

1.新規創薬モダリティとしてのmRNAワクチン/医薬
1.1 mRNA医薬開発の歴史
1.2 mRNAワクチンの特徴
1.3 新型コロナウイルス mRNAワクチンの研究開発
1.4 来るべきパンデミックに備えて

 

2.mRNA医薬開発のめの要素技術
2.1 In Vitro 転写
2.2 mRNA配列デザイン
2.3 mRNA精製
2.4 DDS・製剤化

 

3.mRNA医薬の開発動向
3.1 感染症ワクチン
3.2 がんワクチン
3.3 その他治療用mRNA
3.4 次世代型mRNA医薬(自己複製型RNA、環状RNA)

 

4.日本におけるmRNA医薬製造の取組み
4.1 mRNA CDMO、(株)ARCALISの設立
4.2 到達点と今後の見通し

————————————————————————-

 

「mRNA分解メカニズムと安定化への活用」
東京大学 アイソトープ総合センター 教授 秋光 信佳 氏

 

【講座概要】

近年、核酸創薬が熱い注目を浴びています。SARS-COV2に対するRNAワクチンの成功を受けて、特にRNAを活用したRNA創薬が急成長している状況です。RNA創薬の成功には、薬剤送達システムの最適化に加えて、細胞内で安定にRNAを維持するかが重要な鍵となります。本発表では、哺乳動物細胞のRNA安定性制御に関する最新の知見ならびにRNA創薬への応用について紹介します。

 

1.細胞内RNA分解概論
遺伝子発現量の制御、異常RNAの排除(RNA品質管理)、ウイルス等の外来RNAの排除(細胞内自然免疫)について紹介します。

 

2.細胞外から導入されたRNAの細胞内運命
人工合成したRNAを細胞に導入した後、どのような運命をたどるかを紹介します。

 

3.RNA創薬を成功に導くRNA安定性制御技術
RNA創薬の基盤となるRNA安定化技術(修飾核酸など)について紹介します。また、RNA安定化に関連する最新の研究知見を紹介します

————————————————————————-

 

「mRNAの合成技術」
名古屋大学大学院 理学研究科 理学専攻化学 生物有機化学研究室  教授 阿部 洋 氏

 

【講座概要】

現在のmRNAワクチンは、純度や安定性などにおいて改善すべき課題を有する。現状のmRNA製造法を解説するとともに、新しいmRNA製造法を開発することで、これら課題を解決する取り組みについて紹介する。

 

1.現状のmRNA製造法

 

2.mRNAの翻訳能と安定性

 

3.高純度mRNAの製造法

 

4.mRNAの分子設計:環状構造や化学修飾の効果

 

5.mRNAの完全化学合成

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

資料は事前に紙で郵送いたします。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売