医薬品・化粧品・化成品等の製品設計のための 界面活性剤・可溶化・乳化の基礎と 製品応用のための最新技術【提携セミナー】

分子会合体評価技術

医薬品・化粧品・化成品等の製品設計のための 界面活性剤・可溶化・乳化の基礎と 製品応用のための最新技術【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

小倉 卓 氏

開催場所 未定
定員 -
受講費 未定

 ☆医薬品/化粧品/化学品など幅広い製品の基礎となる界面活性剤・界面現象の特性をとらえ、それらを解析する技術、最新の情報までをカバーし、製品設計に活かす!

 

医薬品・化粧品・化成品等の

製品設計のための
界面活性剤・可溶化・乳化の基礎と
製品応用のための最新技術

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

医薬品・香粧品・化成品等の製品開発において、コロイド次元の大きさをもつ界面活性剤・タンパク質等の分子会合体の構造特性を捉えることは、製品の機能抽出に重要な役割を果たしております。本講座では、界面活性剤・タンパク質を評価する上で最も重要な評価技術について、特に溶液中の分子会合状態に着目し、従来法から、最新の散乱分光解析・実像観察等を加え講義致します。また併せて製品応用の実例も紹介いたします。

 

◆ 受講後、習得できること 

・界面活性剤に関する基礎知識

・ 界面活性剤分子会合体の評価技術

・製品応用の実例

 

◆ 講演中のキーワード

界面活性剤、分子会合体、溶液構造解析(散乱技術、分光技術、実像観察、物性評価)、界面現象(可溶化、乳化、分散 等)

 

担当講師

ニッコールグループ 株式会社コスモステクニカルセンター
機能素材開発部 主席研究員 小倉卓 氏

 

セミナープログラム(予定)

1. 界面活性剤の基礎
・界面活性剤の定義
・界面活性剤の種類
・界面活性剤を扱う上で必要なパラメーター:水和状態
・界面活性剤分子会合体の構造と相状態

 

2.可溶化・乳化
・可溶化の基礎
・乳化の基礎(エマルションの種類とその特性、安定性化因子とその調製方法)

 

3.評価技術の有効的な利用法
・界面活性剤の存在状態の解析法
・散乱解析例(動的光散乱、小角散乱等)
・分光解析例(誘電緩和、ラマン等)
・実像解析例(走査型電子顕微鏡、透過型電子顕微鏡)
・熱力学的解析例(ITC,DSC)
・物性評価との融合解析例(Rheo-SAXS, Raman-DLS, Raman-SEM, SE-ADM等)

 

4.実例紹介
・ミセル・ベシクルへの有効成分の溶存挙動事例
・ナノエマルション・マイクロエマルションの界面安定化事例
・タンパク質の分散安定化に関する構造解析事例

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

 

については、こちらをご参照ください

 

受講料

未定

 

配布資料

配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
(開催1週前~前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

 

備考

当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)

本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売