化学工場の静電気事故防止講座(セミナー)

開催日時 2019/12/5(木)13:30~16:30
担当講師

鈴木 孝 講師

開催場所

日本アイアール㈱ 本社会議室

定員 16名
受講費 18,000円(税別)

化学工場の静電気事故防止講座
~「静電気の見える化」で、すべての方が安全に働ける化学工場実現を目指す~

 


講座概要

化学工場の事故の大半は静電気爆発・静電気着火によるものです。

これらの事故は、起こってしまえば一瞬で甚大な被害を出しうる恐ろしいものですから、各社は静電気事故防止細則を定め、対策を行っていることでしょう。それにもかかわらず、毎年同様の事故が絶えないことから、有効な対策をとることがいかに難しかったかがよくわかります。

 

静電気は、目に見えない、匂いがしないなど五感で検知ができません。したがって、せっかく施した対策の間違いにも気づけず、さらに再発を繰り返してしまうというシナリオが予想されます。

 

どんなにCSR活動に力を入れても、現代のネット社会では一つの静電気事故が風評をあおり、その社会的影響は計り知れないものがあります。さらに、各社対応は場当たり的に行われていることが多く、いかに改善するのかについても一般化できず、対応が遅れ、従業員との関係悪化、生産性の悪化など、様々なトラブルが常態化してしまうこともあります。

 

本講座では「静電気の見える化」「発生した電位差を即下げる」ことにフォーカスした独自の静電気事故防止対策を紹介します。また、いくつかの事故事例紹介や、ハード対策を解説することで、事故の未然防止など、実務上の重要管理ポイントを網羅的・具体的に解説します。

 

静電気事故対策でお困りの方、しかも実務ですぐに使える知識を手に入れたい方に大変おすすめです。行ってきますと言って家を出たすべての人が、ただいまと家に帰れる。そんなあたりまえの日常を送れる工場を維持するためにも、奮ってご参加ください。

 

担当講師

鈴木 孝 講師 [一代技術士事務所 代表、技術士(化学部門)]

 

セミナープログラム(予定)

1.静電気事故事例

1.1     化学装置で起きた静電気事故

1.2    廃液タンクで起きた静電気事故

1.3    非定常状態で起きた静電気事故

1.4    遠心分離機で起きた静電気事故

2.静電気の基礎知識

2.1     静電気発生のメカニズム

2.2    不誘導体からの火花放電

2.3    静電気事故発生のメカニズム

2.4    電位差のコントロール

3.静電気対策要領

3.1    基本的な静電気対策

3.2 静電気の見える化

3.3    発生した電位差を下げる

3.4    酸素濃度のコントロール

4.具体的な静電気事故防止対策

4.1     危険箇所の洗い出し

4.2 再発防止対策

4.3    最終判断はあなたです

4.4    静電気事故防止のためのリスクコミュニケーション

質疑応答

 

期待される効果

  • 静電気事故防止法を学ぶことができる
  • いくつかの事例をもとに問題解決ができるようになる
  • 事故原因を解明のための工学的手法が活用できるようになる
  • 社内で事故が確実に減る

主な受講対象者

  • 化成品製造に関わる技術者、技術チームリーダー、工場長
  • 工場の労働安全担当者
  • 化学設備メーカー(遠心分離機メーカー)

 

公開セミナーの次回開催予定

・開催日時:2019年12月5日(木)13:30~16:30

・開催場所:日本アイアール㈱本社会議室(四谷三丁目駅徒歩6分他)

 ※開催1週間前までに最少開催人数に達しない場合は、実施をキャンセルさせていただくことがあります。
 ※開催の場合は、開催1週間前程度から受講票と請求書を発送させていただきます。
 ※鈴木講師による出張セミナーをご検討の方は、お問い合わせください。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★FAXによるお申し込み: 03-3357-8277

Pocket

技術セミナー開催スケジュール

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

センサのお話

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売