高屈折率材料の分子設計、合成手法と屈折率の測定方法【提携セミナー】

高屈折率材料の分子設計、合成手法と屈折率の測定方法【提携セミナー】

開催日時 2024/07/12(金)10:30~16:30
担当講師

工藤 宏人 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 30名
受講費 55,000円(税込)

★応用先に合わせたポリマー高屈折率化の方法とその考え方
屈折率の各種測定方法の特徴、選び方、測定時のポイントを解説

 

高屈折率材料の分子設計、合成手法と

屈折率の測定方法

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

ポリマーの屈折率は、ローレンツ・ローレンツの式で表されるように、ポリマーを構成する分子屈折率と密度に依存される。ポリマーの屈折率を上昇させるには、分子屈折率の高い元素をポリマーに付与すればよい。また、屈折率の測定方法は、アッベ屈折計による方法、エリプソメーターによる方法、プリズムカップラーによる方法と、三種の方法がある。このことは、高屈折率材料を応用する用途により、測定方法を選択するする必要がある。高屈折率材料をどのような用途に応用し、それはどのような分子設計をすべきなのかを、ポリマーの合成法から解説する。

 

習得できる知識

  • ポリマーの屈折率の測定方法
  • 高屈折率材料の開発方法と応用
  • 高屈折率材料の合成方法
  • 高屈折率材料の物理的特性の評価方法

 

担当講師

関西大学 化学生命工学部 化学・物質工学科 教授 博士(工学) 工藤 宏人 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.ポリマーの屈折率の測定方法

  • 屈折率の原理
  • アッベ数
  • 測定方法

 

2.高屈折率ポリマーの開発例

  • プラスチックレンズ材料の開発例
  • ストランドの作成方法
  • マイクロレンズへの応用

 

3.含硫黄ポリマー

  • 合成法
  • 性質
  • 屈折率制御

 

4.特殊構造高分子とそれらの物理的特性

  • ケイ素元素を有する高密度なポリマーの合成
  • 屈折率特性

 

5.高アッベ数ポリマーの分子設計

  • 原理
  • 分子設計方法

 

6.含テルルポリマーの合成と屈折率特性

  • 合成法
  • 屈折率と性質

 

7.含ヨウ素ポリマーの合成と屈折率1.8以上のマイクロプラスチックレンズ材料の可能性

  • 合成法
  • 屈折率と性質

 

8.屈折率変換材料の開発

  • 合成法
  • 屈折率変換の原理
  • 測定

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2024/07/12(金)10:30~16:30

 

開催場所

Zoomによるオンライン受講

 

受講料

1名につき55,000円(消費税込・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)〕

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

資料は事前に紙で郵送いたします。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売