泡の発生メカニズムと消泡剤の選定・評価方法【提携セミナー】

泡の発生メカニズムと消泡剤の選定・評価方法セミナー

泡の発生メカニズムと消泡剤の選定・評価方法【提携セミナー】

開催日時 2022/2/8(火)13:00-16:30
担当講師

有村 槙悟 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 41,800円
○「意図しない泡を消したい」方必聴!
○発生・消失・安定等の泡の基礎から、様々な消泡剤の概要と作用メカニズム
適切な消泡剤の選択、添加量の決定、評価に至るまで。

 

泡の発生メカニズムと

消泡剤の選定・評価方法

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

 

泡は洗浄剤やウレタンフォームなど化学産業において有効利用される。一方で化学品の製造工程やコーティング剤の塗工時に生じる意図しない泡の発生は加工性、美観、または最終製品の物性を低下させる原因となり忌むべき存在となる。当講演では泡とはいったい何なのか?その発生メカニズムから泡を消してゆくために必要な消泡剤の作用メカニズム、選択方法、使用時のポイントを詳しく説明する。

 

◆受講後、習得できること

  • 泡のトラブルの発生原因、またその対処法が理解できる
  • 数ある消泡剤から適切なものを選択するのに役立つ
  • 消泡剤を実際に使用する際のポイントが理解でき正しく使用できるようになる
    など

 

◆受講対象者

  • 主に塗料・コーティング剤などを開発・設計をご担当される技術者向け
  • 化成品を製造加工される際に泡の問題を抱えている方向け
  • 泡の発生メカニズムと消泡剤の効果・選定について基礎的な内容を説明する

 

◆必要な予備知識など

この分野に興味のある方なら、特に予備知識は必要ない

 

 

担当講師

ビックケミー・ジャパン株式会社 塗料添加剤部 有村 槙悟 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.はじめに
1.1 自己紹介
1.2 本日の内容について

 

2.泡とは何か
2.1 そもそも泡とは
2.2 泡はどのように発生するのか
2.3 泡の消える様子を観察する
2.4 泡が消える理由
2.5 泡が安定する理由
2.6 界面活性剤の影響
2.7 表面張力と泡の寿命
2.8 泡の挙動を表すストークスの式を考える
2.9 泡による不具合の実際

 

3.消泡剤とは
3.1 消泡剤は何でできている
3.2 シリコン系消泡剤
3.3 ポリマー系消泡剤
3.4 再生可能資源を利用した消泡剤
3.5 消泡剤における疎水性粒子の役割
3.6 消えにくい泡
3.7 極小泡に有効な新規消泡剤

 

4.消泡剤の使用・選定方法
4.1 消泡剤の種類が多いのはなぜ
4.2 どのような消泡剤を選ぶのか
4.3 消泡性と副作用について
4.4 消泡剤の添加方法・添加量の考え方
4.5 消泡性の評価方法の例

 

<質疑応答>

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年2月8日(火) 13:00-16:30

 

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

 

受講料

【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】
41,800円(税込、資料付) *1社2名以上同時申込の場合、30,800円

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

備考

●配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
お申込みは4営業日前までを推奨します。
それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売