難燃剤、難燃化技術の基礎と最新動向【提携セミナー】

難燃剤_難燃化技術_動向

難燃剤、難燃化技術の基礎と最新動向【提携セミナー】

開催日時 2024/3/19(火) 10:30~16:30
担当講師

西澤 仁 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 -
受講費 非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

☆難燃剤を扱う上で知っておくべき難燃機構から種類、使い方、

選び方など使用する上での注意点やポイントを解説!

また、難燃化が難しい5G対応高分子、EVへの対応など、最近の難燃化の研究動向についても解説する

 

難燃剤、難燃化技術の基礎と最新動向

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

本セミナーでは高分子の難燃化、難燃剤について、基礎から最新動向を解説する。

 

具体的には環境問題から見た難燃剤の位置づけや規格について、また扱う上で知っておくべき難燃機構から種類、使い方、選び方など使用する上での注意点やポイントを解説しながら、難燃化が難しい製品、5G対応高分子、EVへの対応など、最近の難燃化の研究動向についても解説する。

 

◆ キーワード

難燃化,不燃化,難燃剤,高分子,セミナー

 

担当講師

西澤技術研究所 代表 西澤 仁 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.難燃化の環境問題と代表的製品の難燃規格および試験方法
1-1 発熱量試験
1-2 UL94V
1-3 電気用品取締法

 

2.高分子難燃化機構
2-1 高分子燃焼学から見た難燃機構
2-2 気相における難燃化機構
2-3 固相における難燃化機構

 

3.難燃剤の種類と特長、使い方
3-1 臭素系、リン系、窒素系、無機系、その他
3-2 難燃剤のコンパウンド技術(二軸押出機による混練)
3-3 無機系難燃剤のコンパウンデング

 

4.難燃コンパウンドの成形加工技術における注意点
4-1 金型成形、押出加工における課題と対策(特に、製品不良対策への考察)

 

5.最近における5G対応技術、EV用製品対応技術
5-1 低誘電特性コンパウンド対策、
5-2 EV、LIイオン2次電池、樹脂化対策
5-3 船舶用難燃製品対策

 

6.今後の難燃化技術の研究の方向
6-1 難燃機構
6-2 難燃剤
6-3 評価試験
6-4 加工技術(コンパウンド、押出、加硫等)

 

 【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2024年03月19日(火) 10:30~16:30

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員:  55,000円 (本体価格:50,000円)
会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)

 

会員の方あるいは申込時に会員登録される方は、受講料が1名55,000円(税込)から

  • 1名49,500円(税込)に割引になります。
  • 2名申込の場合は計55,000円(2人目無料)になります。両名の会員登録が必要です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
    ご自宅への送付を希望の方はご住所などをメッセージ欄に明記してください。
    無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売