切削加工の基礎と生産現場におけるIoTモニタリング診断【提携セミナー】

切削加工の基礎と生産現場におけるIoTモニタリング診断【提携セミナー】

開催日時 【LIVE配信】2024/7/10(水)10:30~16:30 , 【アーカイブ配信受講】7/11(木)~7/25(木)
担当講師

廣垣 俊樹氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
受講費 非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

 

切削加工の基礎と生産現場におけるIoTモニタリング診断

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

講演の前半では,切削加工技術の原理・原則の基本について述べる.すなわちマザーマシンである工作機械と工具の関わり,仕上げ面粗さ,切削抵抗と加工温度,工具摩耗の支配要因と工具寿命,工具カタログ情報のAIデータマイニングに基づく加工条件の選定,小径工具の特徴,びびり振動,などの基本を述べる.さらに加工時に生じる切削抵抗,振動,温度など物理量のセンシング技術の基礎についても取り上げる.

 

講演の後半では現場のIoTに向けて,工作機械のCNC内部情報からの切削抵抗のモニタリング,振動や温度などのワイヤレス無線工具ホルダによるモニタリング,それら加工情報でつながる工作機械と協働ロボットの最近の統合制御技術についても述べる.さらに加工面びびり模様画像の二次元離散フーリエ変換に基づくびびり振動の判定と抑制方法についても取り上げる.

 

◆習得できる知識

  • 加工技術に対して,3現(現場・現物・現実)主義に加えて,本講義で原理・原則の2原を学ぶことで,5ゲン主義(現場・現物・現実・原理・原則)への基礎を修得できる.
  • さらに加工技術のIoTモニタリングに向けた基礎を修得できる.

 

◆受講対象

  • 製造業務にたずさわって2~3年の若手技術者や新人の方
  • 切削加工の基礎と診断の体系的な学び直しを検討されている方
  • 加工現場のIoTモニタリングの基礎の学びを検討されている方
    など

 

◆必要な前提知識

製造業に関わる方々,また切削加工とその診断に興味をお持ちの方なら,特別な予備知識は必要ありません

 

◆キーワード

切削加工,切削抵抗,工具寿命,びびり振動,小径工具,切削温度,IoT,セミナー,講演

 

担当講師

同志社大学
理工学部機械システム工学科 教授
廣垣 俊樹氏

 

【ご専門】
ものづくり技術の高度化・自動化・自律化

【ご経歴】
自動車メーカの研究開発職,大阪府立産業技術総合研究所(現大阪産業技術研究所)研究員,滋賀県立大学工学部機械システム工学科講師を経て現職.日本機械学会・機素潤滑設計部門代議員,同生産加工工作機械部門代議員,日本材料学会関西支部常議員,精密工学会代議員,砥粒加工学会関西部会幹事,NEDO新エネルギー産業技術総合機構・技術委員(製造技術分野),日本学術振興会・特別研究員等審査会専門員など

 

セミナープログラム(予定)

1. 切削加工における工作機械と工具の基礎
1-1 生産財・マザーマシンと工具と工作物の相対運動
1-2 工具に求められる性能の原則

 

2. 切削抵抗と切りくずの基礎
2-1 除去加工におけるせん断変形
2-2 切りくずとせん断変形
2-3 切りくずの種類の基礎

 

3. 切削抵抗の性質の基礎
3-1 工具刃先の力のつり合いと代表的な分力
3-2 フライス・エンドミル工具におけるアップカットとダウンカット

 

4. 仕上げ面粗さの基礎
4-1 旋削やエンドミル加工における理論仕上げ面粗さ
4-2 ボールエンドミルにおける最適加工条件の導出

 

5.工具寿命の支配要因の基礎
5-1 切削抵抗と加工温度
5-2 切削速度と工具寿命
5-3 テーラーの工具寿命式

 

6. びびり振動の基礎
6-1 断続切削における強制びびり振動
6-2 エンドミル加工における強制びびり抑制
6-2 連続切削における自励(再生効果)びびり振動と抑制
6-3 エンドミル加工における再生びびり振動と抑制

 

7. 工具カタログデータベースのAIデータマイニングの基礎
7-1 階層および非階層クラスタリングの適用
7-2 最大情報係数(MIC)やフォレストを用いた知識発見

 

8. 小径工具の基礎
8-1 エンドミル工具のカタログマイニング
8-2 プリント基板用極小径ドリルと250krpm超高速スピンドル加工

 

9. 切削温度のモニタリング
9-1 赤外線サーモグラフィによるエンドミル・ドリル温度モニタ
9-2 赤外線サーモグラフィによるプリント基板用極小径ドリル温度モニタ
9-3 熱電対によるモニタ原理
9-4 ワイヤレス無線工具ホルダーによる工具温度モニタと応用例
9-5 切削速度と切りくず温度

 

10. 切削抵抗のモニタリング
10-1 ひずみゲージ・圧電(ピエゾ)素子・モータ電流からのモニタ
10-2 ひずみゲージとワイヤレス無線工具ホルダによる切削抵抗モニタと応用例
10-3 圧電素子を用いた切削抵抗モニタと応用例
10-4 モータ電流・サーボ内部情報からの切削抵抗モニタと応用例

 

11. びびり振動のモニタリング
11-1 圧電素子を用いた振動加速度のモニタ原理
11-2 圧電素子とワイヤレス無線工具ホルダによる振動モニタ
11-3 加工情報でつながる工作機械と協働ロボットの例
11-3 加工面びびり模様画像の二次元離散フーリエ変換による再生びびり診断と安定条件探索

 

12.まとめ

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【LIVE配信】2024/7/10(水)10:30~16:30

【アーカイブ配信受講】7/11(木)~7/25(木)

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。

 

※LIVE配信とアーカイブ配信(見逃し配信)両方の視聴を希望される場合
会員価格で1名につき55,000円(税込)、2名同時申込で66,000円(税込)になります。
メッセージ欄に「LIVEとアーカイブ両方視聴」と明記してください。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
    無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【LIVE配信】、【アーカイブ配信】、【LIVEとアーカイブ両方視聴】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売