費用対効果評価(日本版HTA)の基礎と実践【提携セミナー】

費用対効果

費用対効果評価(日本版HTA)の基礎と実践【提携セミナー】

開催日時 2021/10/27, 10/28 両日とも14:00~16:00
担当講師

小林 慎 氏

開催場所

【ZOOMを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名 
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)
2日間で基本的な用語や考え方から、日本版HTAの仕組み、
企業における取組など、日本版HTAにおいて企業が検討すべきテーマを解説!

 

費用対効果評価(日本版HTA)の基礎と実践

≪制度の本質的な理解と実務的な発想とは≫

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

2019年4月から、医薬品や医療機器に対する費用対効果評価(日本版HTA)が本格導入され、すでにいくつかの製品が費用対効果による価格調整を受けました。諸外国では費用対効果に基づく保険収載可否判断も行われており、高価格獲得を目指す製薬・医療機器企業にとって、費用対効果評価の知識はすでに必須のものであると言えます。しかし費用対効果評価はこれまで製薬・医療機器業界がなじんできた臨床エビデンスとは全く異なる手法や考え方が含まれており、「最初の一歩」を踏み出すためには様々な基本知識が必要となります。
また、日本版HTAは単なるサイエンスではなく、企業にとっては行政サイドとの交渉ツールとしての側面もあります。サイエンスとしての厳格さを維持しながら、自社製品の価値を主張するためには、学問的な知識だけでなく、制度の本質的な理解と実務的な発想が必要になります。

本講演では、費用対効果評価の基本的な用語や考え方から、日本版HTAの仕組み、企業における取組の方向性・課題・解決のアプローチなど、日本版HTAにおいて企業が検討すべきテーマを幅広く網羅します。

 

◆キーワード

費用対効果,HTA,薬価,分析,,Web,ネット,研修,講習.セミナー

 

 

担当講師

クレコンメディカルアセスメント(株)
取締役最高業務責任者(COO) 工学修士、医学博士

小林 慎 氏

 

【ご専門】
薬剤経済学、医療経済学、統計解析

 

セミナープログラム(予定)

1.費用対効果評価(日本版HTA)の基礎
1-1 イントロダクション~なぜ費用対効果評価が必要なのか
1-2 費用対効果評価の必須知識
(1) QALY~費用対効果評価における効果指標
(2) ICERと閾値~費用対効果を測るモノサシ
(3) モデルシミュレーションによる患者の長期予後予測
(4) 感度分析~不確実性を考慮した費用対効果の判断

 

2.費用対効果評価(日本版HTA)の実践
2-1 日本版HTAの概要
(1) 導入までの経緯
(2) 選定基準
(3) 価格調整方法
(4) 選定から評価までの流れ
(5) これまでの評価状況
2-2 分析ガイドライン
(1) 各項目の基本的考え方
(2) 実務における重要ポイント
2-3 日本版HTAに向けた取組のポイント
(1) 日本版HTAの最重要ポイントは?
(2) 分析前協議の重要性
(3) その他
※リサーチ会社やコンサルティング会社の方のお申し込みはお断りさせていただくことがございます。ご了承ください。

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年10月27日(水) 14:00~16:00
2021年10月28日(木) 14:00~16:00

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

 

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

資料付【PDFにて配布いたします】

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売