CO2排出削減、有効利用活用に向けた技術開発動向と今後の展望【提携セミナー】

CO2 emission reduction

CO2排出削減、有効利用活用に向けた技術開発動向と今後の展望【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/7/7(木)10:30~16:30
担当講師

酒井 奨 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 30名
受講費 55,000円(税込)

★ カーボンニュートラル実現に向けた政策、技術動向について解説します

 

CO2排出削減、有効利用活用に向けた
技術開発動向と今後の展望

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

・再生可能エネルギーの見方
・CO2分離回収、有効利用技術
・水素の製造、水素キャリア、バイオマスの利用、カーボンリサイクル、CO2貯留(CCS)

 

 

習得できる知識

・カーボンニュートラルに向けたCO2の回収、活用技術について理解が深まる

 

 

担当講師

(財)エネルギー総合工学研究所 プロジェクト試験研究部 主管研究員(副部長) 工学(博士) 酒井 奨 氏

 

 

セミナープログラム(予定)

(10:30~16:30)
【講演概要】
・現状から見たCO2排出削減の目標(例えば2030年までに2013年度比で46%のGHGを削減することなど)の捉え方、考え方を皆様と共有します
・日本のエネルギーフローを紐解くと、CO2排出量とその削減方法について、これまでと違った捉え方、考え方が見えてきます
・再生可能エネルギーや水素についても、科学的な根拠に基づいて冷静に見てみると、これまでと違った考え方が得られます
・CO2から有用な製品を製造するCCU。何のために製造するのか?CO2の削減効果をどう見ていくべきか?を解説します
・カーボンニュートラルの意味とそのインパクト、そして課題解決の難しさなどを実感して頂くとともに、カーボンニュートラル社会の実現に欠かせないカーボンリサイクルの仕組みや必要性、そしてその成立条件などを解説します
・2050年まであと30年を切りました。2050年までに出来る事、やるべき事、そしてその先に繋がる技術をどのように育てるのかを皆さんと一緒に考えたいと思います

 

1.はじめに
日本、世界のCO2排出量の現状を整理して、どんな分野からどの位のCO2が排出されているのかまとめます。

 

2.日本のエネルギーフロー
CO2排出量を削減するためには、日本のエネルギー事情、つまりエネルギーの使われ方を知っておく必要があります。そこからCO2排出量削減の目標達成のためのヒントを探します。

 

3.再生可能エネルギーの見方
CO2排出量削減の切り札とされる再生可能エネルギー。太陽光と風力(陸上と洋上)を中心に、日本の再生可能エネルギーの導入可能量について考えてみます。

 

4.カーボンニュートラルに向けた政府の方針
カーボンリサイクル、カーボンニュートラル、グリーン成長戦略、水素基本戦略など、日本政府は様々な戦略や方針を発表しています。昨年10月に第6次エネルギー基本計画が閣議決定されました。将来のCO2排出量削減の目標達成や、カーボンニュートラル宣言達成のために、政府はどんなことを考えているのか整理します。

 

5.CO2分離回収技術
物を燃やせばCO2が発生しますが、そのCO2を有効利用(CCU)したり、地中に貯留(CCS)したりと、様々な方法でCO2を大気に放出しないような工夫が数多く提案されています。そうした考え方は、燃焼排ガスを回収して、その中からCO2を分離・回収することからスタートします。最近では空気中からCO2を回収する技術(DAC法)まで出てきました。ここでは様々なCO2分離回収技術を紹介します。

 

6.CO2有効利用技術(CCU)
CO2を原料にして何か有用な物を造り出す。こんな夢のような話は、今や現実として、様々な技術開発が進んでいます。ここではCO2で製造できる製品について、簡単にその製造方法を紹介するとともに、そのCO2排出量の削減効果も合わせて考察しながら、技術の整理をします。

 

7.水素の製造と水素キャリア
燃やしても水しか出ない水素は、様々な資源から製造でき、脱炭素やカーボンリニュートラルの実現にとても大きな役割を果たします。先のCO2有効利用技術(CCU)でも水素は欠かせません。ここではそんな水素の特徴と製造方法をまとめます。また、輸送や貯留、利用の形態によって水素を固定するための担体を水素キャリアと呼んでいますが、それらの特徴についても整理します。

 

8.バイオマスの利用
再生可能な生物由来の有機性資源であるバイオマス。カーボンニュートラルの語源であるバイオマスの利用は今後も非常に重要になるはずです。ここではカーボンリサイクルの視点からのバイオマス利用を考察してみます。

 

9.カーボンリサイクルとは
2020年10月に菅前総理が所信表明演説の中で言及した「カーボンリサイクル」。カーボン(CO2)を資源と捉えて有効利用する(CCU)とともに、それを社会に循環させることを意味していますが、カーボンニュートラル社会の実現に向けて、どのように貢献できるのか考えてみます。

 

10.CO2貯留(CCS)
CO2を海底下の地中に貯留することを意味するCCS。日本でも北海道の苫小牧市で2020年度まで実証試験が行われていました。海外でのCCSの進展、米国で実施されているEOR(石油増進回収)との違い、そして現在どのくらいのCO2を貯留しているのか、などを整理します。

 

11.IAEからの視点とまとめ
エネルギー総合工学研究所(IAE)では、エネルギー関連技術やエネルギーシステムについて、エンジニアリングな視点で調査や分析を実施し、時には戦略立案などもご提供しています。ここまでお話してきた内容、カーボンリサイクルなどの視点から、早期にCO2排出量の削減を実現するようなエネルギーシステムとは何かを考察してみたいと思います。

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022/7/7(木)10:30~16:30

 

開催場所

Zoomによるオンライン受講

 

受講料

1名につき55,000円(消費税込・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49,500円〕

 

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

資料は事前に紙で郵送いたします。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売