燃料電池、水素・アンモニアエネルギーの普及展望と 日本企業の商機【提携セミナー】

Fuel cell vehicle

燃料電池、水素・アンモニアエネルギーの普及展望と 日本企業の商機【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 【会場受講】2022/2/17(木)13:00~16:30  【アーカイブ受講】 2022/3/3から配信予定
担当講師

岩間 剛一 氏

開催場所

【会場受講】 東京・千代田区駿河台 連合会館  2F 205会議室

【アーカイブ受講】 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)

定員 -
受講費 定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円

 

燃料電池、水素・アンモニアエネルギーの

普及展望と日本企業の商機

 

国内外における燃料電池車の市場・政策動向
水素エネルギー開発の現状と水素インフラの普及展望
アンモニアと水素どちらが優位なエネルギーとなるのかを考察

 

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


 

このセミナーは【会場での受講】と【WEBセミナー(アーカイブ:撮影した動画)受講】を選択してご受講頂けます。
※WEBセミナー(アーカイブ配信)は、セミナー終了約7営業日後に配信開始し、10営業日後まで何度でも動画をご視聴頂けます。

 

本セミナーでは、燃料電池車用途を中心とした燃料電池の市場・技術・関連政策動向とそれに伴う水素インフラの普及動向、またクリーン燃料としても期待されるアンモニアに関連した市場・技術動向を解説する。

 

セミナー趣旨

2021年秋に英国グラスゴーにおいてCOP26(第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議)が開催され、世界は、脱炭素への動きを強めている。新型コロナウイルス感染拡大を経て、低炭素社会構築を起爆剤として、世界経済再生をはかる、グリーン・リカバリーを目指し、世界的に、燃料電池が見直されるようになってきている。水素・燃料電池戦略協議会が、ロード・マップを策定し、定置型燃料電池、燃料電池車の普及、水素供給システムの確立、水素発電等の目標を掲げている。日本では、世界でいち早く量産化された家庭用燃料電池(エネファーム)は、2021年8月には販売累計が40万台を突破し、2030年までに530万台に拡大するという意欲的な目標が出されている。

 

米国カリフォルニア州、中国をはじめとして、世界的に、ZEV(炭酸ガス排出ゼロ車)の拡大が求められる中において、燃料電池車は、水以外の汚染物質を一切出さないといった特徴を持つことから注目を集めている。2020年以降に、日本が世界に先駆けて、安価な燃料電池車の普及を計画し、2025年には世界で180万台、日本で20万台とし、日本国内においては、2030年に80万台、2040年に300万台~600万台、航続距離1,000キロメートルという具体的な目標を設定している。世界の水素ステーションは3,100ヵ所に達すると見込まれる。今後2030年に向けて、燃料電池を利用した輸送用機械を世界合計1,000万台とする目標を設定し、燃料電池による次世代自動車用燃料として、水素、天然ガス、低品位炭の利用が大幅に増加することが見込まれる。新型コロナウイルス対策として、中国、ドイツ、韓国は、水素社会を国家戦略に位置づけている。2030年には国内の水素市場は1兆円、2050年には、水素ステーション、燃料電池車、水素発電所をはじめとした水素インフラストラクチャー市場は、日本で8兆円、世界で160兆円、関連市場も含めると280兆円規模という大きなビジネス・チャンスが期待されている。

 

それらと同時に、アンモニアも、脱炭素エネルギーの切り札として、注目されている。2021年10月22日に閣議決定された、エネルギー基本計画において、電源構成の1%に、炭酸ガスを排出しないアンモニアと水素を利用することを明記した。アンモニアは、水素とともに、石炭火力発電、天然ガス火力発電の燃料に混ぜて、炭酸ガス排出削減を実現し、船舶燃料としての利用も考えられ、化学製品生産の有力なエネルギーとなることが期待されている。

 

2050年には、世界のエネルギー需要の24%は、水素エネルギーが占めるという予測も行われている。家庭用燃料電池、燃料電池車、燃料電池トラック、燃料電池バス、水素ステーション、水素発電、水素エンジン、アンモニア船舶をはじめとした水素とアンモニアを取り巻く最新動向と、コロナ後を見据えた経済再生策と気候変動対策にかかわる事業のビジネス・チャンスとリスクについて資源エネルギーの第一人者が詳しく解説する。

 

担当講師

和光大学 経済経営学部 教授 岩間 剛一 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.脱炭素時代における燃料電池利用の見直しと最新の動き

 

2.日本における水素・燃料電池のロードマップの戦略と水素社会への支援

 

3.新たなエネルギー基本計画におけるアンモニアと水素の位置づけ

 

4.欧米における燃料電池車への政策動向の今後-EUとカリフォルニア州

 

5.日本における燃料電池車への政策の今後-燃料電池車の低価格化と量産化

 

6.燃料電池車のメリットとデメリット-電気自動車と比較したトラックの強み

 

7.世界最先端の日本における燃料電池車開発の最新動向と今後-ホンダの動き

 

8.日本と世界における定置型燃料電池の可能性と市場規模

 

9.燃料電池の新たな可能性-フォークリフト、トラック、バス、鉄道、船舶

 

10.水素ステーションの普及の可能性と市場規模-普及強化策と各社の動向

 

11.水素エネルギー開発の現状と水素エネルギーの課題-液化水素の輸入

 

12.水素価格の動向と水素エネルギーの経済性の動向-量産とコスト削減

 

13.水素社会のインフラストラクチャー整備を取り巻く市場規模-建設コスト

 

14.水素に加えたアンモニアの脱炭素エネルギーとしてのメリット

 

15.アンモニアと水素のどちらが優位なエネルギーとなるのか

 

16.アンモニアを燃料とした発電の可能性-石炭火力発電の混焼

 

17.水素ビジネス展開における大きな裾野と、脱炭素政策の注目点

 

18.水素社会構築に向けて日本企業がとるべき最適な経営戦略とチャンス

 

□ 質疑応答 □

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【会場受講】 2022年2月17日(木)  13:00~16:30

【アーカイブ受講】 2022年3月3日(木)  から配信予定(視聴期間:配信から10営業日後まで)

 

開催場所

【会場受講】 東京・千代田区駿河台 連合会館  2F 205会議室

【アーカイブ受講】 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)

 

受講料

定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円

 

 

【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

定価:本体32,000円+税3,200円
E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円

 

※※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

 

E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料

2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額22,000円)

 

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

 

配布資料

・会場受講:セミナー当日に会場にて配布
・WEBセミナー受講:製本テキスト(配信開始日の前日に発送)
※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。

 

 

オンライン配信のご案内

※【WEBセミナー】の申込み受付の締切日も、会場受講のセミナー開催日までです。ご注意ください。

 

アーカイブ配信 こちらをご参照ください

 

 

 

備考

  • 資料付
  • 講義の録画・録音・撮影はご遠慮ください。
  • 講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【会場受講】【WEBセミナー】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売