循環型社会に期待の素材セルロースナノファイバー応用技術・課題と脱炭素社会への展望【提携セミナー】

セルロースナノファイバー応用技術

循環型社会に期待の素材セルロースナノファイバー応用技術・課題と脱炭素社会への展望【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/1/20(木) 13:00~16:40
担当講師

齋藤 継之 氏
鶴田 祥一郎 氏

開催場所

Live配信セミナー

定員 -
受講費 通常申込:44,000円
E-Mail案内登録価格: 41,800円

循環型社会に期待の素材

セルロースナノファイバー応用技術・課題と

脱炭素社会への展望

 

 

プラスチックや無機ナノ粒子との複合化、担体としてのポテンシャル、透明な紙、断熱材応用

LCA(ライフサイクルアセスメント)やコスト試算、、、etc.

 

 

【アーカイブ配信付き】

 

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


 

グリーン成長戦略にも取り上げられ、注目を集める新素材のセルロースナノファイバー(CNF)
第1部ではその基本特性や、CNFの潜在的な機能・性能を高度に発揮させたキラーアプリケーション開発に役立つ技術情報や最新研究事例を、第2部では過去の環境省の実証事業などを踏まえながら、LCA視点からCNF材料の展望を解説。

 

受講対象

予備知識は不要。セルロースナノファイバーに興味がある方、地球温暖化対策を中心とした地球環境問題に興味が有る方、カーボンニュートラル社会への興味がある方など。

 

担当講師

第1部(13:00~15:30)
CNFの基礎とキラーアプリ創出へ向けた技術動向
東京大学 大学院農学生命科学研究科 准教授 博士(農学) 齋藤 継之 氏

 

第2部(15:40~16:40)
LCA視点から見たCNFとカーボンニュートラル社会への展望
(一社)サステナブル経営推進機構 コンサルティング事業部 部長代理 鶴田 祥一郎 氏

 

セミナープログラム(予定)

 

第1部(13:00~15:30)

CNFの基礎とキラーアプリ創出へ向けた技術動向

東京大学 大学院農学生命科学研究科 准教授 博士(農学) 齋藤 継之 氏

 

[趣旨]
近年は製紙産業を中心にセルロースナノファイバー(CNF)の量産設備が稼働しており、商品化に至る事例も出てきましたが、新素材であるがゆえ、依然コスト高の問題に直面するケースが多いと聞きます。この現状を打破するため、CNFの研究分野において、現コストを吸収し、かつ、将来的な量産効果も期待できる “キラーアプリケーション” の開発が急務とされています。キラーアプリケーションの実現には、潜在的なCNFの機能・性能を高度に発揮させ、既存の競合材料にはない “効率” や “付加価値” を生み出す技術体系の確立が必須といえます。本講座では、CNF1本の構造理解を進めたのち、キラーアプリケーションの実現にむけたアカデミアの取り組みを中心に、フィルムやエアロゲル、樹脂複合体などの最新の研究事例を順次解説します。

 

​[プログラム]
1. CNFの基本特性
1.1 CNF1本の精密構造: 結晶性、18本鎖モデル、表面官能基と欠陥の分布
1.2 CNF分散体の自己組織化、液晶相の形成
1.3 フィルム(透明な紙)
1.3.1 フィルムの基本特性
1.3.2 成膜プロセスとナノ構造及び物性との相関
1.3.3 厚みのある透明板材への展開、高強度・熱的異方性・耐水性・難燃性
1.4 エアロゲル(透明な断熱材)
1.4.1 エアロゲルの基本特性
1.4.2 蒸発乾燥によるエアロゲル形成、高強度・自己消火性
1.4.3 凍結乾燥によるエアロゲル形成、透明性・断熱性

 

2. 複合化:界面構造と相互作用の制御
2.1 プラスチックとの均一複合化、理想的な補強に要する界面構造
2.2 プラスチック複合化の最新動向、Pickeringエマルションの活用
2.3 無機ナノ粒子との複合化、機能性の発現、担体としてのポテンシャル
2.4 その他の複合化事例

 

3.LCA及びコスト試算

 

□質疑応答□

 


 

第2部(15:40~16:40)
LCA視点から見たCNFとカーボンニュートラル社会への展望

(一社)サステナブル経営推進機構 コンサルティング事業部 部長代理 鶴田 祥一郎 氏

 

 

[趣旨]
菅前首相の宣言により、日本も低炭素社会からカーボンニュートラル社会(脱炭素社会)へと、2050年に温室効果ガス排出量ゼロという目標に向けた政策・戦略が打ち出された。そのような中、グリーン成長戦略にも取り上げられ注目を集めるバイオマス新素材であるCNF(セルロースナノファイバー)についてLCA視点から過去の環境省の実証事業を踏まえながら展望を説明する。

 

​[プログラム]
1.取り巻く環境問題
1.1 地球環境問題の本質
1.2 地球温暖化を中心とする地球の健康状態

 

2.LCA(ライフサイクルアセスメント)とは
2.1 ライフサイクルアセスメントとは?
2.2 LCAの算定方法について
2.3 LCAの活用・用途

 

3. カーボンニュートラル社会
3.1 カーボンニュートラルとは?
3.2 カーボンニュートラル社会に向けた各国の目標と気候変動対策
3.3 日本のカーボンニュートラル社会に向けた目標
3.4 企業のカーボンニュートラル社会に向けた動向

 

4. 各国のLCAに係る動向
4.1 自動車に係るLCA政策や規制の動向
4.2 EUにおける動向
4.3 日本における動向

 

5. CNFへの期待
5.1 セルロースナノファイバーとは
5.2 セルロースナノファイバーの政策の位置づけ
5.3 セルロースナノファイバーを活用した事業
5.4 セルロースナノファイバー製品等のCO2排出量削減算定ガイドライン
5.5 セルロースナノファイバーへの期待

 

□質疑応答□

 

[得られる知識]LCA(ライフサイクルアセスメント)及びカーボンニュートラルについて

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022/1/20(木) 13:00~16:40

 

 

開催場所

Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※

 

受講料

一般受講:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円

 

E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額の22,000円)

 

【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
定価:本体32,000円+税3,200円
E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

特典

アーカイブ(見逃し)配信付き:
視聴期間:終了翌営業日から7日間[1/21~1/27]を予定
※アーカイブは原則として編集は行いません
※視聴準備が整い次第、担当から視聴開始のメールご連絡をいたします。
(開催終了後にマイページでご案内するZoomの録画視聴用リンクからご視聴いただきます)

 

 

配布資料

・製本テキスト(開催日の4,5日前に発送予定)
※お申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性があります。
(視聴画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません)

 

オンライン配信のご案内

※【Live配信(zoom使用)対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

 

 

備考

※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

 

 

 

 

 

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売