天然植物繊維を強化材とする複合材料の基礎と応用【提携セミナー】

植物繊維 竹

天然植物繊維を強化材とする複合材料の基礎と応用【提携セミナー】

開催日時 2021/9/30(木) 13:00~17:00
担当講師

藤井 透 氏

開催場所

【ZOOMを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

天然植物繊維を強化材とする

複合材料の基礎と応用

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

地球温暖化効果ガスの一つであるCO2の世界的削減が喫緊の課題なっている。わが国でも、政府の地球温暖化対策推進本部の会合で2013年度に比べて46%削減することを目指すと表明された。2050年までのカーボンニュートラル実現に向けた動きが世界的に加速している。その主体は化石エネルギー使用の削減にあるが、複合材料分野でも、再生産可能天然資源・バイオマスの活用が真剣に議論されるようになってきた。

 

FRP(繊維強化<熱硬化性>プラスチックス)およびFRTP(熱可塑性樹脂母材のFRP)に代表される高分子系複合材料の強化材についても、再生産可能な天然繊維に注目が集まっている。不飽和ポリエステル樹脂、ビニルエステル樹脂、エポキシ樹脂などの熱硬化性樹脂を母材とするFRPについて、ガラス繊維、時には炭素繊維代替として再生産可能な天然資源を使う試み/研究が進められている。これらの研究では、専ら植物繊維が使われている。FRPやFRTPの強化材として(主として研究分野で)用いられている繊維は、靭皮繊維と葉脈繊維であるフラックス、ジュート、サイザル麻などである。フラックスやケナフ、サイザルは自動車用のマットおよびPP(ポリプロピレン)バインダー繊維と組み合わせて、内装材:例えば天井やリヤパーティションなどのスタンパブルシートとして実用されている。

 

天然繊維をガラス繊維代替の強化材として使うことに関して、多くの研究例がある。また、専ら天然繊維の特性について網羅的に示した本、報告書等も出版されている。本セミナーでは、高分子系複合材料の強化繊維として利用可能な天然(植物)繊維について、どのように繊維を取り出すか? 強度は? など、その基本特性を示すとともに、高分子系複合材料の強化繊維としての実用性と問題点について説明する。例えば、表面処理は必要か?などである。

 

今後の世界的需要を高まりを考えたとき、既存の植物繊維だけでは世界の需要を満たすことができないと予想される。そこで、麻系繊維に代え、豊富、且つ安価に取り出せる可能性のある新しい繊維素材:竹および葦についても重点的に説明するとともに、PLAとの複合で、どのようにすれば実用可能は生分解性繊維強化PLAが実現可能かについて解説する。

 

◆キーワード

繊維,合成,バイオ,ポリマー,熱可塑,WEBセミナー,オンライン

 

 

担当講師

同志社大学 先端複合材料研究センター 嘱託研究員

藤井 透 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.カーボンフリー時代の天然植物繊維
1-1 再生産可能天然資源
1-2 竹(繊維)を例に、CO2吸収能を考える

 

2.天然植物繊維の種類と特性
2-1 複合材料の強化材として必要な要素
2-2 複合材料の強化材として使える植物繊維

 

3.利用可能な植物繊維の種類と特性、取り出し
3-1 ケナフ
3-2 フラックス
3-3 ジュート
3-4 サイザル
3-5 バナナ
3-6 パイナップル

 

4.天然植物繊維を使った複合材料の実際
4-1 熱硬化性樹脂を母材とするFRP(積層板)
4-2 熱可塑性樹脂を母材とする不織布
4-3 天然繊維を強化材とするPPペレットと射出成形
4-4 フィラーとしての天然足物繊維(抽出残渣の活用)
4-5 表面処理

 

5.竹繊維の可能性
5-1 竹繊維の抽出法
・爆砕法
・アルカリ処理
・バイオレッチング
5-2 竹繊維の特性
5-3 種々の竹繊維複合材料

 

6.セルロースナノファイバー(CNF)とその活用
6-1 CNFとは
6-2 その活用

 

7.バイオプラスチックスを母材とするバイオコンポジット
7-1 バイオプラスチックス
7-2 現状と今後の可能性
7-3 問題点

 

8.PLA/部分フィブリル化竹繊維複合材料

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年09月30日(木) 13:00~17:00

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

 

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
・3名同時申込は1名につき24,750円(税込)です。

 

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

資料付き

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売