自動車における「車体などへの樹脂部材利用拡大」および「リサイクル材・バイオプラ採用」の動き【提携セミナー】

自動車における「車体などへの樹脂部材利用拡大」および「リサイクル材・バイオプラ採用」の動き【提携セミナー】

開催日時 2023/2/15(水)12:30-16:30
担当講師

山根 健 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 41,800円

〇次世代自動車動向、自動車への樹脂採用動向、

特に欧州で進められている自動車リサイクルに興味をお持ちの方は是非、ご参加ください!

 

自動車における

「車体などへの樹脂部材利用拡大」および

「リサイクル材・バイオプラ採用」の動き

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

すべての産業にとっての重要課題である地球温暖化防止、持続可能性は自動車開発にとっても不可欠の課題となっている。その流れの中で、電動化そしてライフサイクルアセスメント対応が注目されている。そのために車両構造、使用材料の革新の動きがあり使用後のリサイクルまで考慮した樹脂化が必要となってきている。

 

◆受講対象者

次世代自動車動向、自動車への樹脂採用動向、特に欧州で進められている自動車リサイクルに興味をお持ちの方。

 

◆講演中のキーワード

地球温暖化防止、持続可能性、電動化、ライフサイクルアセスメント、樹脂材料、リサイクル、循環型経済、バイオプラスチック、CFRP、塗装、欧州ELV指令、海洋プラスチック

 

担当講師

山根健オフィス 代表 山根 健 先生

 

■ご略歴:
1973 .3 早稲田大学理工学部機械工学科卒業(低NOX燃焼器)
1975. 3 早稲田大学理工学研究科熱工学修了(フライホイールによる回生制動)
1975 .4 日産自動車(株) 入社
1975 .6 日産自動車(株) 中央研究所 新動力研究部配属。蒸気エンジン自動車研究、エンジン設計担当。
1976 .9 同部内、新研究テーマ探索グループに配属。ターボチャージャー研究および、ハイブリッドシステム研究を提案。
1977 .4 新動力研究部でターボチャージャー開発担当。全体構造、主軸設計、製造技術を主担当。
1978 .6 ターボチャージャー付エンジン開発を、機関設計部と協同で担当。セドリック用L20T、ブルーバード用Z18T、ブルーバード用LD20T(ディーゼル)およびローレル用LD28T(ディーゼル)等を担当。
1978 .12 ターボチャージャー(N1型)開発で、社長賞2級受賞。
1981 .1 中央研究所、機関研究部、特別研究チームに参加。海外を含む研究ネットワーク構築を研究。
1981 .6 ロンドン大学インペリアルカレッジへ社命留学。ワトソン教授の下で、「ターボチャージャー付ガソリンエンジン燃焼」研究。留学期間中、欧州駐在員オフィスおよび米国駐在員オフィスと連携して自動車メーカ、部品メーカ、研究機関を訪問、調査を実施。
1983 .10 中央研究所、機関研究部に復帰。新型ターボチャージャー開発を担当。ターボチャージャー付エンジン、新型過給システムを含む、過給エンジン企画全体を主導。
1985 .4 新型4気筒エンジン開発基本計画副リーダー兼任(~1986年8月)
1986 .6 英国機械学会で「新型ターボチャージャー」についての技術講演。
1986 .9 新型V8エンジン吸排気系設計統括兼任
1987 .9 モータースポーツエンジン開発部配属。
レース用エンジン開発主担当(1989年より課長職)。
NPTI(北米)駐在(1990年9月~1991年3月)
1989 .1 機関実験部 動力性能計画課課長、駆動実験部 実験課主担当兼任。
1992 .6 日産自動車退職
1992 .7 BMW Japanに入社、エンジニアリング部に配属。
日本向け車両の適合、確認試験等担当。
パワートレイン及びシャシー開発、車両開発部門に短期駐在。
モータースポーツ部門、先行開発部門、生産技術部門の業務支援実施。
広報部門と協力して、技術・製品広報活動実施。
1998 .4 試験技術 統括部長
1999 .2 BMW本社でのパワートレイン開発兼任(~2003/12)
2004 経済産業省、水素安全利用プロジェクト評価委員(~2006/3)
2004 .4 自動車技術会の;モータースポーツ部門委員会幹事、アクティブセーフティ部門オブザーバー委員、ガソリン機関委員、伝熱部門委員。
2006 .10 BMW Hydrogen 7プロジェクト車両運営責任者(~2007/12)
2007 .4 テクノロジーオフィス 統括部長
2009 .5 自動車技術会プロフェショナルエンジニアに認定される。
2009 .7 BMW Japanを定年退職、山根健オフィス設立。9月より東海大学動力機械学科講師。10月より技術顧問。電気自動車プロジェクト等担当。
2014 .3 GT300 Steiff BMW Z4GT3チーム技術監督
2015 .12 BMW Japan技術顧問を退任、コンサルティングおよびレース関係業務。
2016年より、レッドブルエアレース、チーム室屋に参加。

■ご専門および得意な分野・研究:
自動車技術全般、特にパワートレイン、運転性開発。

■本テーマ関連学協会でのご活動:
自動車技術会:アクティブセーフティ部門委員会、ガソリンエンジン部門委員会委員を歴任、現在はモータースポーツ部門委員会委員。

 

セミナープログラム(予定)

1. 自動車を取り巻く課題と規制動向
1.1 自動車の普及に伴って顕在化した問題
1.2 自動車の有害排出物質削減
1.3 世界の温暖化物質排出規制の動き(燃費改善から)
1.4 カーボンニュートラルを目指すエネルギー転換
(運搬できるエネルギー、その生成、エネルギー密度)

 

2. 自動車の電動化動向
2.1 EVの歴史と種類、課題
2.2 現代のEVとその課題
2.3 EVに使用される材料

 

3. 自動車の軽量化と材料転換
3.1 自動車の軽量化技術とその効果
3.2 EVにおける軽量化の重要性
3.3 自動車への樹脂採用、様々な樹脂材料、接着
3.4 バイオプラスチックの動向
3.4 量産車へのCFRP採用
3.5 塗装、車体装飾

 

4. 自動車のリサイクル動向
4.1 欧州のリサイクル動向(BMWを例に)
4.1.1 欧州ELV指令
4.1.2 BMWの自動車リサイクル研究開発
4.2 欧州の樹脂部品のリサイクル
4.2.1 EUの樹脂に関わる循環型経済
4.2.2 EUのECOBULK
4.2.3 自動車用プラスチックの循環型経済への取り組み

 

5. まとめ

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2023年2月15日(水) 12:30-16:30

 

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

 

受講料

1名41,800円(税込、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円

 

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

 

 ●録音・録画行為は固くお断り致します。

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

備考

※配布資料・講師への質問等について

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
(開催1週前~前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

 

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売