ワイヤレス給電の基礎と実用化に向けた課題・最新動向【提携セミナー】

やさしく学ぶ電磁気学

ワイヤレス給電の基礎と実用化に向けた課題・最新動向【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/4/26(火)10:30~16:30
担当講師

日下 佳祐氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:47,300円
【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:52,800円

〇好評により、再開講!!
〇実用化に向けた法整備や標準化,技術的課題について徹底解説します。
〇ワイヤレス給電の研究開発を始めたばかりの方、

最新動向を把握しておきたい方は是非、ご参加ください。

 

ワイヤレス給電の基礎と

実用化に向けた課題・最新動向

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

◆ はじめに
現在実用化に向けて研究開発が進められている,磁界を用いたワイヤレス給電システム(磁界共振・磁気共鳴方式)について,可能な限り数式に頼らずに伝送の原理や,ワイヤレス給電に必要となる各種要素技術を説明します。

 

また,本格的なワイヤレス給電の実用化に向けて残された課題が何であるのかを,法整備や標準化,技術的課題などの観点から解説します。

 

◆ ご講演中のキーワード:

  • 伝送コイル,共振,パワーエレクトロニクス,補償回路,電力変換

 

◆ 受講対象者:

  • ワイヤレス給電の研究開発を始めたばかりの方
  • ワイヤレス給電の最新動向を把握しておきたい方
  • ワイヤレス給電システムの要素技術に求められる特性を知りたい方

 

◆ 必要な予備知識や事前に目を通しておくと理解が深まる文献、サイトなど:

  • 大学1年生レベルの電気の知識がある方が理解は容易かと思いますが,電気に関する知識がなくてもほとんど理解いただけるよう説明します。

 

◆ 本セミナーで習得できること:

  • ワイヤレス給電システムの基本原理
  • ワイヤレス給電システムの要素技術とそれらへの要求
  • ワイヤレス給電システムの実用化に向けた課題

 

■受講された方の声(一例):

  • 実用化に向けた課題と最新開発動向については、特に聞きたかったので良かった。
  • たくさん質問させていただきましたが、丁寧に回答いただきありがとうございます。
  • 非常に分かりやすい内容で、初心者でも理解できました。
  • ワイヤレス給電の法規動向にも触れていただけて良かったです。
  • 実用化に向けた課題については非常に気になりました。
    などなど……ご好評の声を多数頂いております!

 

担当講師

長岡技術科学大学 電気電子情報工学専攻 助教

日下 佳祐 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.ワイヤレス給電の基礎
1) ワイヤレス給電システムの分類
a.放射性(マイクロ波,レーザー方式)
b.非放射性(磁界,電界方式)
2) 電磁誘導を用いたワイヤレス給電の基礎原理
a.電磁誘導と磁界共振方式の違い
b.磁界型ワイヤレス給電の伝送原理
c.磁界型ワイヤレス給電の研究・開発トレンド

 

2.ワイヤレス給電の各種要素技術
1) 電力変換器
a.パワーエレクトロニクス技術の基礎
b.フロントエンドコンバータの構成と特性
c.1次側電力変換器の構成と制御法
d.2次側電力変換器の構成と制御法
2) 補償回路(共振回路)
a.補償回路(共振回路)による特性の違い
b.補償回路用部品への要求
3) 伝送コイルの構成と構成部品への要求
a.磁性体材料の特性
b.伝送コイルの形状(ソレノイド・サーキュラー・DDコイル)
c.コイルで生じる銅損(表皮効果・近接効果について)
d.コイルで生じる鉄損

 

3.実用化に向けた課題
1) 各種法整備
2) 標準化(ISO/IEC, SAE)の最新動向
3) 人体防護の考え方
4) 伝送コイルの位置ずれ
5) 製品化に向けた異物検知技術(金属物検知,生体検知)
6) 伝送コイルの耐久性
7) システム制御手法

 

4.ワイヤレス給電システムの最新開発動向
1) 停車中給電システム
a.電気自動車向けワイヤレス充電器の製品化
b.大型バスへの適用(世界における開発事例)とその傾向
2) 鉄道車両向けワイヤレス充電
3) 走行中給電技術
4) その他機器へのワイヤレス給電

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年4月26日(火) 10:30-16:30

 

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

 

については、こちらをご参照ください

 

受講料

【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名47,300円(税込、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名52,800円(税込、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき41,800円

 

学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

 

配布資料

  • 配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
    (開催1週前~前日までには送付致します)。
    *準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
    (土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

 

備考

  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
    無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売