積層セラミックコンデンサ(MLCC)の設計、材料技術、開発動向と課題【提携セミナー】

積層セラミックコンデンサの材料設計

積層セラミックコンデンサ(MLCC)の設計、材料技術、開発動向と課題【提携セミナー】

開催日時 【LIVE配信】2024/6/25(火) 13:00~16:30 , 【アーカイブ配信】 2024/7/8(月) まで受付(視聴期間:7/8~7/22)
担当講師

和田 信之 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 -
受講費 通常申込:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円

積層セラミックコンデンサ(MLCC)の

設計、材料技術、開発動向と課題

 

《MLCC技術の総合知識&セラミックス材料視点の技術開発動向》

 

■MLCC開発で求められる技術、設計の考え方■

■BaTiO3(BT)粉末の合成、BT誘電体セラミックスの設計指針■

■MLCCの製造技術、プロセス技術■

■小型化・高性能化・大容量化に向けた課題■

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


受講可能な形式:【ライブ配信】or【アーカイブ配信】のみ

 

B5Gや6G、自動車のEV化、自動運転化、IoTの進展、、、大幅な需要の増大が見込まれるMLCCに関わる方々は是非
MLCCの小型化、高性能化の肝となる用セラミック材料の技術動向とノウハウ
小型化・高性能化・大容量化等の市場の要求に応えるMLCC開発に求められる技術、設計の考え方、
セラミックス、コンデンサ、BaTiO3の基礎知識、
 スラリー分散、シート成形、焼成工程等の積層製造プロセスの基礎知識とノウハウ

 

セミナー趣旨

積層セラミックコンデンサ(MLCC)は積層セラミック電子部品の中でもっとも小型化、高性能化が進んでいます。この10年間で、MLCCの生産額は3倍近い成長を示しました。今後も、スマートフォーンのB5Gや6Gに向けて、車載用としては自動車のEV化、自動運転化に向けて、また、IoTの進展に伴い、生活のあらゆる分野で、大幅な需要の増大が見込まれています。MLCCの小型化、高性能化は用いるセラミック材料の材料設計に負うところが大きいと言えますが、その性能を発揮させるため、スラリーの分散、シート成形、焼成工程などの製造プロセス技術の高度化によるところも大きいと考えられます。

 

本セミナーでは、MLCCの開発や製造にかかわる技術者、研究者の方、あるいはMLCCに必要な資材、材料の開発、品質保証、製造にかかわる技術者、研究者の方に、MLCC開発で求められる技術、設計の考え方を概説します。主にNi内部電極MLCCで薄層素子を
形成するBaTiO3(BT)粉末の合成およびBT誘電体セラミックスの設計指針として、酸素空孔に関わる格子欠陥の生成、ドナーやアクセプター元素などによる異種元素置換による格子欠陥制御など、熱力学的考察を交えて材料組成開発に係わる組成設計を説明します。

 

また、MLCCプロセス技術として、セラミックスラリー作成から焼成工程の、どちらかと言うとノウハウの世界ではありますが、これらの技術動向を踏まえて技術ポイントを紹介していきます。IoT・5G、車載用とMLCCのさらなる市場の広がりが見えていますが、MLCCでは何を大事に設計し、何が課題であるのかも考え、MLCCの今後につながる技術動向を示していきたいと思っています。

 

得られる知識

セラミックス、コンデンサ、MLCCに関する基礎知識、BT基礎知識、酸化物の格子欠陥、電気伝導、信頼性、
還元焼成雰囲気制御、酸素空孔制御、積層製造プロセスの基礎知識、MLCCの技術動向

 

キーワード

BaTiO3 セラミックス コンデンサ インピーダンス 焼結 微構造 粒界 拡散 平衡状態図 格子欠陥 酸素空孔 熱力学 電気伝導、加速試験、長期信頼性 スラリー 分散性 還元雰囲気制御 エリンガム図

 

担当講師

和田技術士事務所 代表 技術士(化学部門) APEC Engineer(Chemical Engineering) 和田 信之 氏

 

元(株)村田製作所
専門:MLCC用誘電体材料

 

セミナープログラム(予定)

1.積層セラミックコンデンサ(MLCC)の基礎
・セラミックス 焼結 平衡状態図 コンデンサの分類
・インピーダンス デカップリング
・MLCCの概要 温度補償系誘電体材料 高誘電率系誘電体材料
・Ni内部電極MLCC 内部電極金属の酸化 非還元誘電体材料

 

2.BaTiO3(BT)誘電体セラミックスの基礎
・BTの強誘電性 ペロブスカイト 相転移 バイアス特性 分極
・BTのサイズ効果
・微粒BT粉末の合成 固相法 シュウ酸法 水熱法 加水分解法 c/a軸比
・BT誘電体原料組成 添加元素 Aサイト Bサイト 原料製造
・BT誘電体セラミックスの構造 コアシェル構造 非コアシェル構造 粒界 粒成長 不均一歪

 

3.Ni内部電極MLCC対応のBT材料
・酸化物の還元現象 熱力学 ギブスの生成自由エネルギー エリンガム図 平衡酸素分圧
・BTの酸素空孔生成 格子欠陥濃度 Brouwer図
・格子欠陥の制御 元素置換 アクセプター ドナー 化学量論比
・アクセプター元素添加効果 半導体化防止 加速試験 信頼性

 

4.BTセラミックスの長期信頼性
・BTセラミックスの信頼性 酸素空孔 会合 ドナー元素 粒界 トラップ
・BTの電気伝導性 オーム則、チャイルド則、空間電荷制限電流、放出電流
・酸素空孔移動 活性化エネルギー シミュレーション 機器分析
・MLCCの摩耗故障と加速性 ワイブルプロット アレニウスプロット 温度加速 電圧加速

 

5.MLCCの製造プロセス
・MLCC製造工程の概要
・シート成形 剥離 積層 スラリー組成 分散材 分散プロセス シート品質 バインダー
・内部電極 スクリーン印刷 焼成収縮 共素地 Ni粉末、カバレッジ
・焼成 雰囲気制御 H2/H2O制御 酸素分圧 脱バインダー 残炭素 再酸化 高速焼成

 

6.MLCCの技術動向
・小型、高容量化、
・IoT 5G 低ESR 低,ESL化 三端子 多端子
・車載用MLCC 車載規格(AEC-Q200) 高圧化、高温化
・誘電体材料の開発動向 CaZrO3 新規材料 新規コンデンサ

 

質疑応答

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【LIVE配信】2024年6月25日(火)  13:00~16:30

【アーカイブ配信】 2024年7月8日(月)  まで受付(視聴期間:7/8~7/22)

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

一般受講:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円

 

E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額24,750円)

 

※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【オンライン配信セミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:37,400円/E-mail案内登録価格 35,640円 )

 

定価:本体34,00円+税3,400円
E-mail案内登録価格:本体32,400円+税3,240円

 

※1名様でオンライン配信セミナーを受講する場合、上記特別価格になります。

※※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

 

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

配布資料

製本資料(開催日の4、5日前に発送予定)
※開催日または配信開始日まで4営業日~前日にお申込みの場合、間に合わない可能性があります。

 

オンライン配信のご案内

※【Live配信(zoom使用)対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

※【WEBセミナー:アーカイブ受講対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

 

備考

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。
★【LIVE配信】、【アーカイブ配信】のどちらかご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売