<2023年8月より完全義務化>薬機法改正に伴う添付文書の電子化と最新自動認識技術【提携セミナー】

薬機法改正に伴う添付文書の電子化セミナー

<2023年8月より完全義務化>薬機法改正に伴う添付文書の電子化と最新自動認識技術【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/2/25(金)12:30-16:30
担当講師

豊浦 基雄 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:41,800円
【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:47,300円
☆2023年8月~添付文書の電子化が【完全義務化】となります。
☆電子化で活用されることになるバーコードや電子タグの基礎知識から、
添付文書の運用、今後の動向を解説します。

 

<2023年8月より完全義務化>

薬機法改正に伴う添付文書の電子化と

最新自動認識技術

 

 

添付文書の現状と将来像/バーコード・電子タグの基礎知識/

人工知能による画像識別・IOT機器・人工物メトリクス

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

 

薬機法改正により、医薬品に関する最新の情報を提供するため、添付文書の電子化が進められています。移行期間として、2023年7月31日までは紙の添付文書の同梱が可能ですが、それ以降は、医薬品の容器等に記載されたバーコードを読み取り、スマートフォン等での専用のアプリケーションから添付文書を確認する方法が主流になります。

 

本セミナーでは、添付文書の読取りアプリ「添文ナビ」の現状の課題と電子化された添付文書の可能性について丁寧に解説させていただきます。さらに、新型コロナウィルスによる医薬品業界への影響を自動認識技術(バーコード・電子タグ・人工知能による画像識別・IOT機器・人工物メトリクス)の視点から解説させていただきます。

 

◆受講後、習得できること

  • 電子化された添付文書の読取りアプリ「添文ナビ」の現状
  • 電子化された添付文書の可能性
  • バーコード・電子タグ・人工知能による画像識別・IOT機器・人工物メトリクスの最新動向

 

◆キーワード

  • 「添文ナビ」
  • GS1バーコード
  • 電子タグ
  • 人工知能
  • 画像認識

 

◆本テーマ関連法規・ガイドラインなど

  • 公布通知(令和元年12月4日付け薬生発1204第1号)
  • 医薬品等の注意事項等情報の提供について(令和3年2月19日付け薬生安発0219第1号)
  • 「医薬品等の注意事項等情報の提供について」に関する質疑応答集(Q&A)について(令和3年2月19日付け事務連絡)
  • 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の改正を踏まえた電子化された添付文書の独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページを使用する方法による公表について(再周知依頼)(令和3年4月30日付け薬生安発0430第2号)
  • 医薬品等の容器等に記載された符号を読み取ることで注意事項等情報が掲載されている機構のホームページを閲覧するスマートフォン等のアプリケーションについて(令和3年5月10日)

 

 

担当講師

Bプランナーズ  豊浦基雄 氏

 

セミナープログラム(予定)

1 電子化された添付文書の読取り
1.1 添付文書に関する事前アンケート(調剤薬局)
1.2 添付文書に関する事前アンケート(病院薬局)
1.3 添文ナビの機能説明
1.4 死活監視

 

2 添付文書の現状と将来
2.1 添付文書検索の現状
2.2 携帯アプリの医療現場での運用事例
2.3 携帯アプリのバーコード読取り

 

3 薬機法改正のポイント
3.1 バーコード検証器の必要性
3.2 持続可能な添付文書確認システム(PC版)
3.3 添付文書の空きスペースの活用

 

4 GS1バーコードの現状
4.1 GS1バーコード基礎知識
4.2 医療用医薬品のバーコード表示
4.3 GS1バーコードのトラブル事例と対応策
4.4 ミスをしないバーコード生成ソフト

 

5 電子タグの現状
5.1 電子タグの基礎知識
5.2 医療業界での電子タグの運用事例
5.3 医療用医薬品での採用の可能性

 

6 人工知能の医療業界への展開
6.1 携帯アプリを活用した人工知能の可能性
6.2 携帯アプリを活用した人工知能の事例(処方箋OCR)
6.3 携帯アプリを活用した人工知能の事例(服薬管理)
6.4 携帯アプリを活用した人工知能の事例(ワクチン小分け)

 

7 オンライン診療の影響
7.1 アマゾン・ファーマシーによる医薬品物流への影響
7.2 オンライン服薬指導の恒久的な対応
7.3 薬局が患者に医薬品を届ける物流

 

8 最新自動認識技術動向
8.1 人工物メトリクスと偽造防止
8.2 自動シリアル№生成機能
8.3 マットセンサーによる自動発注
8.4 温度ロガーとLPWA

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年2月25日(金) 12:30-16:30

 

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

 

受講料

【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】
41,800円(税込、資料付) *1社2名以上同時申込の場合、30,800円

 

【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】
47,300円(税込、資料付) *1社2名以上同時申込の場合、36,300円

 

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

備考

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
(開催1週前~前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売