機械製図道場

【機械製図道場・入門編】主投影図(正面図)の選び方

Pocket

機械製図正面図

連載【機械製図道場・入門編】の第1回から4回まで、投影法と投影法を用いた三面図および部分投影図、補助投影図について例題演習を交えて学んできました。
今回は、各投影図の中で主役となるべき図面についての解説と演習です。

ものをつくるためには、その形状だけではなく、「寸法」を表示する必要があります。(寸法表示方法に関して、決まりごとや注意点がいろいろとありますが、これについて別の回に例題演習を行います)

JIS B0001は寸法記入の原則を規定している規格ですが、その中に「寸法はできるかぎり主投影図に記入する」というものがあります。
これは、その物体の形状を最も明瞭に表す図面になるべく集中して寸法を表示するべき、という考えに基づくものです。
機械製図は、第三角法による正面図・側面図・平面図の三面図展開を基本として、必要に応じて、部分投影図、局部投影図、補助投影図を併用します。

これら投影図の中で、できるだけ寸法を集中的に記入すべき「主投影図」とは、正面図のことをいいます。
つまり、その物体の形状や機能が最もわかりやすい方向の投影図を正面図に選ぶべきなのです。
言い換えると、形状や機能が最もわかりやすい投影面が正面図となるように物体を第三角に置いて、そこから側面図・平面図に展開する、ということになります。

では、正面図(主投影図)の選択の仕方を簡単な例で演習してみましょう。
 

【例題】正面図の選び方

《 問題 》

下図のような、円盤と形状変化する板部から構成される物体を、三面図に展開するとき、どの方向から見た投影図を正面図に選ぶのが良いでしょうか?正面図を図示してください。

主投影図(正面図)の選び方・練習問題

《 解答 》

解答例はここをクリック

正面図解答

 

《 例題の解説 》

解説はここをクリック

この図面が、板部分の斜面や溝などの形状変化を最も明確に表しています

この図と直交する方向の投影図(平面図、側面図)は、斜面や溝を表すのが困難です。
なお、特に明確に、物体の特徴や形状を示す投影図が特定されない場合は、一般的には、物体を横長に置いた状態を正面図にとります。

断面をとったほうがわかりやすい形状のものは、正面図を断面で表します。
(断面の図示方法について、別の回に解説と演習を行います)

 

「向き」にも注意すべし!

正面図にする投影方向が決まったら、図に表す物体形状の向きにも注意を払います。

別コラム「機械設計マスターへの道(加工しやすさを考えよう)」の中で解説していますが、例えば加工方法を考えて旋盤加工するものであれば、旋盤のチャックに加工物(ワーク)を固定するときと同じ向きに図面中の物体を置きます。

例題の他にも、いろいろな形状を持った物体について、正面図と図の向きの選択の経験を積み重ねて、作り手にとってなるべく見やすい図面を描く力量を高めてください。
 

次回は、断面の表し方(全断面図、片側断面図)についての解説です。
 
(アイアール技術者教育研究所 S・Y)
 

Pocket

技術セミナー開催スケジュール

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売