回転機械の振動低減技術(セミナー)

開催日時 2022/9/20(火)10:00~16:00
担当講師

近藤 孝邦 講師

開催場所

日本アイアール㈱ 本社会議室
またはZOOMによるオンライン受講

定員 会場受講は上限6名(オンライン受講は定員無し)
受講費 49,500円(税込)

コンプレッサー、送風機、ポンプ……
“あらゆる回転機械“のトラブルを未然に防止するコツを1日で伝授!

 

回転機械の振動低減技術

 


講座概要

さまざまな生産設備には多くの回転機械が配置されています。その多くは新規に設置された後、毎日運転され、生産に供しています。でも個々の機械設備を見ると、ひょっとしたら悲鳴を上げながら運転しているかもしれません。

 

毎日の運転状態の判断基準の一つが、振動です。振動が大きくなると、故障の原因にもなりますし、あるとき急に破損し、計画外の生産停止に追い込まれることも起きます。時には、このような破損トラブルが恐ろしい事故を起こすことも考えられます。

 

しかし、設備管理者にとって振動の良否の判定基準や、振動が大きくなった時の振動低減方法は専門的過ぎて聞いたことがない、という方々も多いのではないでしょうか。さらに、回転機械全般の設計開発者にとっては、よりよい製品開発のための振動低減の知識は必須のものです。

 

このセミナーでは、長年にわたり回転機械に携わり、実務を通じて具体的な振動対策を熟知したエキスパートが、振動管理手法とその管理値、そして振動低減技術とノウハウを伝授いたします。

 

また、不釣り合い調整の実務を模擬体験する演習を通して、それを自分のものにして頂きます。

さらに理論背景も学べるので、多くの回転機械に応用できる振動低減技術を習得が可能です。

 

担当講師

近藤 孝邦 講師

 

セミナープログラム(予定)

1.振動対策の歴史

2.回転機械の振動発生原理

3.回転機械振動の状態値(振幅、周波数、位相)

4.回転機械の、回転数の変化に伴った挙動

5.振動管理値

6.回転機械の不釣り合い修正法

6.1 試しおもり法
6.2 三点法
6.3 影響ベクトル法

7.回転機械の不釣り合い修正に必要な計測機器

8.演習問題

9.まとめ

10.もっと勉強したい方のために

 

標準実施時間 5時間+休憩1時間

 

主な受講対象者

  • 大学数学の行列計算の知識がある方で、以下のいずれかにあてはまる方。
  • 回転機械の防振技術に興味のある方
  • 生産設備に携わる技術者、技術チームリーダー、技術スタッフ
  • 回転機械の運転管理者
  • 回転機械の開発、設計担当者で静音化や振動低減技術を学びたい方

 

講座参加時の持ち物

演習では以下のものが必要です。必ず持参してください。
現地で受講することが難しい方は、以下の道具で作図を行うので、作図のできるスペースをご用意のうえ、講師とコミュニケーションのとれるカメラ・マイクつきPCも用意してください。

  • コンパス(半径15cm
  • 三角定規(20cm以上 2セット
  • 寸法定規(30cmものさし
  • 分度器
  • 関数電卓また関数計算アプリ入りスマホ(三角関数が計算可能なもの)

 

公開セミナーの次回開催予定

  • 開催日時: 2022年9月20日(火)10:00~16:00
    (※その次の開催日時は 2023年1月24日(火)10:00~16:00 の予定です。)
  • 開催場所:日本アイアール㈱本社会議室(四谷三丁目駅徒歩6分他)またはZOOMによるオンライン受講[※日本アイアールへのアクセスはこちら]
  • 定員  :会場受講は上限6名(オンライン受講は定員無し)
  • 受講料 :49,500円/1名(税込)

 

 ※近藤講師による出張セミナーをご検討の方は、お問い合わせください。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★①会場受講かオンライン受講か、②参加希望は9月か1月か、を必ず明記ください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売