新条例下での中国NMPA申請の留意点と 改正後の最新動向【提携セミナー】

新条例下での中国NMPA申請の留意点と 改正後の最新動向【提携セミナー】

開催日時 2022/7/12(火)10:30~16:30
担当講師

張 勃 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 30名 
受講費 非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
☆現地より最新の情報をお伝えいたします!

 

新条例下での中国NMPA申請の

留意点と 改正後の最新動向

 

・承認申請におけるNMPA指摘事項の対応及び提案とは?

・技術審査中に必要なコミュニケーションとは?

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

2018年中国政府の組織変更により、国家食品薬品監督管理総局(CFDA)は国家薬品監督管理局(NMPA)に変更し、医療機器の登録審査を改革しながら、医療機器の市販後審査を強化している。
新しい医療機器監督管理条例及び関連規制、通知、規定が発布されながら、一部の旧規制も現在有効であり、新規制及び以前発行の規制への整理や対応が大変煩雑な業務と考えられます。
一方、医療機器承認証を取得後、本格的に中国ビジネスを展開することになり、日本と完全に異なる保険システム、価格設定、販売の商習慣を理解しなければならない。
また、COVID-19は医療業界も大きく影響され、COVID-19以降の最新動向を共有させていただきます。

 

◆習得できる知識

1 輸入医療機器登録関連の最新規制と解読
2 医療機器登録申請資料の変更点
3 医療機器臨床評価の解説
4 集中購買制度と中国保険適応の適応
5 医療機器UDI

 

◆キーワード

NMPA,医療機器,UDI,COVID-19,診断薬,申請,CFDA,研修,講習会

 

担当講師

新橋科学(株) 代表取締役 張 勃 氏

 

【専門】整形外科、医療機器・医薬品等
【略歴】
中国で医学部を卒業後、6年間整形外科医師として勤めた。その後、日本へ留学し、東京医科歯科大学において運動器外科学(整形外科)を専攻し、2006年3月に医学博士学位を取得した。2006年から日本の複数企業を経て、日本国内の臨床試験、薬事申請及び中国の医療機器薬事申請に携わる。
2010年新橋科学を設立後、中国現地に設立した新橋通科技(大連)有限公司と連携し、日本をはじめ海外の企業から医療機器の薬事申請代行、申請支援、調査及びコンサルティングを受託している。
弊社の特徴として、診断機器、治療機器、IVDを含めた複数分野の医療機器に対して、中国薬事申請の経験が豊富である。また、より効率的に中国薬事申請を実施するため、積極的に医療機器製造企業に対して申請資料作成の提案及び関連資料の作成を行い、大幅に申請の準備期間及び審査期間を短縮し、製造企業の薬事担当者の負担を軽減する。

 

セミナープログラム(予定)

1. 中国医療機器市場の最新動向

 

2. 最新中国医療機器関連法規制の概要
・ 中国医療機器管理の最新動向
・ 効率的に医療機器申請を実施するため対応すべき最新規制

 

3. 中国医療機器登録申請
・ 中国医療機器の管理体制と関連法規制

 

4. 第1類医療機器の届出
・ 第1類医療機器届出の概要
・ 届出の手順と期間
・ 届出情報の変更

 

5. 第2、3類医療機器の承認申請
・ 申請に当たっての準備事項
・ 医療機器登録検査と実施
・ 医療機器の申請資料
・ 医療機器の延長申請
・ 医療機器の変更申請

 

6. 医療機器承認申請におけるNMPA指摘事項の対応及び提案
・ 技術審査中のコミュニケーション
・ NMPAの指摘事項及び対応
・医療機器承認申請に注意すべき点

 

7. 医療機器の臨床評価
・ 中国医療機器臨床評価に関する最新規定
・ 医療機器臨床評価の実施要点
・ 医療機器臨床試験の申請と届出
・ 医療機器臨床試験の実施

 

8. 集中購買制度と中国保険制度の概要
・ 集中購買制度の概要
・ 中国保険制度の概要
・ 医療機器UDIの最新動向

 

9. 質疑回答

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年7月12日(火) 10:30~16:30

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

資料付

 

・お申込み後、受理のご連絡メールをさせていただきます。一部メールが通常セミナー形式(受講券、請求書、会場の地図)になっておりますがLIVE配信のみのセミナーです。
・お申込み後、接続テスト用のURL(https://zoom.us/test)から「ミーティングテストに参加」を押していただき動作確認をお願いします。
・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・セミナー開催日時の10分前に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・セミナー資料は郵送にて前日までには、お送りいたします。ご自宅への送付を希望の方はメッセージ欄にご住所などをご記入ください。
・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
・講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売