営業秘密・技術ノウハウの保護と企業における管理実務(セミナー)

技術ノウハウの流出

営業秘密・技術ノウハウの保護と企業における管理実務(セミナー)

開催日時 2019/10/2(水)13:30~17:00
担当講師

石田 正泰 講師

開催場所

日本アイアール㈱ 本社会議室(四谷三丁目駅徒歩6分他)

定員 18名
受講費 9,000円/1名(税別)

講座概要

雇用の流動化や企業活動のグローバル化が進むなか、元従業員や取引先などを通じて国内外の競合企業に重要な技術情報(ノウハウ)が漏洩する事件が頻発しています。

営業秘密や技術ノウハウは本質的に、また制度的にも「ファジー(曖昧)」な性格を有しており、具体的な対策を検討するには正しい知識と考え方の整理が不可欠となります。

不正競争防止法の知識はもちろん重要ですが、実務においては特許法等の他の法律や、契約・社内規程類等と併せて検討すべき問題が多く、複合的な知識と対策が必要です。

このセミナーでは、営業秘密・技術ノウハウの保護及び管理に関して必須となる法的知識と、企業が検討すべき実務的な課題を、まとめて整理・解説いたします。

方針の策定及び管理体制の構築から、取り扱い基準の検討、契約や規程類の作成・整備まで、具体的なマネジメント実務のポイントを習得したい方はぜひこの研修をご活用ください

 

担当講師

石田 正泰 講師

 

プログラム(予定)

1.知的財産・知的財産権としての営業秘密・ノウハウ

2.不正競争防止法による営業秘密の保護とは

3.営業秘密の保護に関する実務的課題

 営業秘密の特定・発明/特許との区別/訴訟における秘密管理性否認のリスク

4.特許出願か、ノウハウキープか

 秘匿化の判断基準/社員の創造に対する対応

5.企業経営における営業秘密

 ノウハウの管理実務/基本方針・秘密情報管理規程の策定

 管理対象情報の特定/管理体制と組織/管理基準(秘密情報の区分と表示等)

 規約、契約類の整備/教育(普及・啓蒙)

6.営業秘密・ノウハウの取扱い基準

7.共同研究開発における営業秘密・ノウハウの取扱い

 共同研究開発の成果としての営業秘密に関する秘密保持/帰属の問題/ライセンス許諾等の問題

8.営業秘密・ノウハウと先使用権について

9.雇用の流動性と営業秘密・ノウハウ

10.オープンイノベーション下における営業秘密・ノウハウ

11.ケーススタディー

 

主な受講対象者

  • 技術情報の管理ご担当者様
  • 知財ご担当者様

 

公開セミナーの次回開催予定

・開催日時: 10月2日(水) 13:30~17:00

・開催場所:日本アイアール㈱本社会議室(四谷三丁目駅徒歩6分他) ※日本アイアールへのアクセスはこちら

・定員  :18名

・受講料 :9,000円/1名(税別)

 

 ※石田正泰講師による出張研修も対応可能です。詳細はお問い合わせください。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★FAXによるお申し込み: 03-3357-8277

 

資料ダウンロード

技術者・研究開発者スキルアップ

 

講師紹介

 

技術の超キホン

 

べからず集

 

機械設計マスター

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売