技術開発力強化講座【提携セミナー】

技術開発力強化

技術開発力強化講座【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/2/8(火)10:00~16:30
担当講師

野元 伸一郎 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 30名 
受講費 非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
★先行開発、商品開発、生産対応、プラットフォーム整備といった
業務のバランスを取りながら組織力を強化する人材育成術を学習!

技術開発力強化講座

 

《R&D 部門の価値向上と人材育成》

 

 

※本セミナーは【LIVE配信】と【アーカイブ配信:2/14~2/28(何度でも受講可能)】がございます。

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

R&Dを巡る環境は劇的に変化しています。市場の変化スピード、顧客ニーズの多様化、グローバル対応、カーボンニュートラル対応、モノ・コト対応等、技術者は様々な目標、与件をふまえて技術開発、商品開発を行う必要があります。

しかし、目先の案件、業務に追われていると、次の商品・技術開発対応が遅れ、ビジネス的に失敗するリスクが高まります。よって、現在の案件対応と中長期対応とのバランスを取り、DX/ICT/IoTといったアプローチも取り入れながら、価値業務の割合を増やしていくことが求められるのは言うまでもありません。量産トラブル対応や市場クレーム対応を減少させるためには、フロントローディング、コンカレントといった対応も必須です。

本講座は、ビジネス・技術ロードマップを活用しながら、先行開発、商品開発、生産対応、プラットフォーム整備といった業務のバランスと、組織力を強化するための人材育成や支援スタッフのあり方についても考えていきたいと思います。

 

◆習得できる知識

  • R&D、研究開発、設計、技術部門起点の改革の考え方、理論、事例等を理解、習得し、現場で実践できるようになる。
  • 将来ビジネスに向けた準備の必要性を認知し、早期着手するためのスキルを習得できる。

 

◆受講対象

  • 企業の研究開発、設計、技術企画・管理、生産技術、品質保証担当部門のマネジャー、担当者等

 

◆キーワード

技術、開発、先行、研究、人材、育成、強化、AI,IoT,DX、ロードマップ、マーケティング

 

 

担当講師

みらい(株) 統括ディレクター/COO 知識工学博士

野元 伸一郎 氏

 

<ご専門>
開発プロセス革新(フロントローディング/コンカレント・エンジニアリング)、技術ロードマップ、プロジェクトマネジメント、ASEANビジネス、地方創生

<学協会>
日本MOT学会(理事、企画委員長)、日本品質管理学会

<ご略歴>
1991年3月: 東京理科大学工学部経営工学科卒業
1993年3月: 東京理科大学工学研究科 修士課程経営工学専攻修了
1993年4月: 日本能率協会コンサルティング入社
2005年3月: 北陸先端科学技術大学院大学 博士前期課程 知識工学科MOTコース修了
2009年4月: シニア・コンサルタント
2012年3月: 北陸先端科学技術大学院大学 知識科学(Knowledge Science)博士後期課程 知識工学科修了
2012年4月: JMA Holdings ASEAN推進センターへ出向、センター長
2016年4月: 日本能率協会コンサルティングに帰任、グローバル開発革新センター長
2018年3月: 日本能率協会コンサルティング退職
2018年4月: みらい株式会社に転職、統括ディレクター、COO
2018年9月: 北陸先端科学技術大学院大学非常勤講師 兼任
2021年4月: 株式会社kiipl & nap エグゼクティブコンサルタント兼務
現在に至る

 

セミナープログラム(予定)

1.知識社会と21世紀の価値創造のあり方
~AI,IoT,DX等の変化、少子高齢化、グローバル、ダイバーシティ時代のビジネス・イノベーション
1-1.日本企業の動向と課題
1-2.最近のキーワード

 

2.技術・サービスをマネジメントする上での必須要素
~技術・サービスのトレンドを読む、中長期と短期、技術・サービスの顧客価値化、QCD最適化
2-1.技術・サービスのトレンドを読む
2-2.単純なモノづくりから脱却し、サービスと組み合わせたビジネスへ
2-3.(ケーススタディ)我々に求められる価値を検討してみよう

 

3.市場・顧客を知ることの重要性
3-1.技術者のマーケティング
3-2.デザイン思考
3-3.ビジネスモデルに適用する

 

4.技術のトレンドを整理し、先行開発計画につなげる
4-1.技術ロードマップを活用する
4-2.プロジェクトマネジメント
4-3.フロントローディングとコンカレント・エンジニアリング

 

5.昨今の技術者に求められるスキル
5-1.技術ロードマップとスキルマップを連動させる
5-2.技術者の人材育成
5-3.(ケーススタディ)人材ロードマップ

 

6.技術部門を支援するスマート・スタッフ
6-1.先見性と先進性、マクロな視点を持つ
6-2.直間比率でなく、全体生産性、価値向上で考える
6-3.知財マネジメント

 

7.まとめ

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年02月08日(火) 10:00~16:30

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

 

 

【LIVE配信】または【アーカイブ配信】をご希望の方は
非会員 :1名につき 55,000円(税込)
会員  :1名の場合 49,500円、2名以上同時申込の場合 1名につき 27,500円(税込)
でご受講いただけます。

【LIVE配信+アーカイブ配信】をご希望の方は
非会員 :1名につき 66,000円(税込)
会員  :1名の場合 55,000円、2名以上の場合 1名につき33,000円(税込)
でご受講いただけます。

 

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

本講座はZoomを使ったWEBセミナーです。

 

また今回のWEBセミナーですが、【2/8 LIVE配信】と【アーカイブ配信:2/14~2/28(何度でも受講可能)】がございます。

 

【LIVE配信のお申込み~視聴まで】
1)LIVE配信の視聴をご希望される場合は、お申し込みフォームのメッセージ欄に【220252 技術開発力強化 アーカイブ配信申込希望】とご記載ください。
2)LIVE配信セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。
3)開催日数日前にLIVE配信セミナーへの招待メールとテキスト(PDF)をお送りいたします。
当日のLIVE配信セミナー開始10分頃に招待メールに記載されている視聴用URLよりLIVE配信セミナーにご参加ください。

 

 

【アーカイブ配信のお申込み~視聴まで】
1)アーカイブ配信の視聴をご希望される場合は、お申し込みフォームのメッセージ欄に【220252 技術開発力強化 アーカイブ配信申込希望】とご記入をお願いいたします。LIVE配信終了後、アーカイブ配信がご用意が出来次第、セミナー資料と動画配信のURLをご案内いたします。
2)視聴期間の間は何度でも繰り返し視聴いただけます。
3)視聴期間の間はセミナーの内容に限り、メールにてセミナー主催者経由で講師に質問をすることが出来ます。

 

 

※【LIVE配信+アーカイブ配信】に申込希望の方は、お申し込みフォームのメッセージ欄に【220252 技術開発力強化 LIVE+アーカイブ配信申込希望】とご記入をお願いいたします。

 

 

無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売