数式に頼らないレオロジー 超入門講座【提携セミナー】

レオロジー 超入門講座

数式に頼らないレオロジー 超入門講座【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

佐々木 裕 氏

開催場所 未定
定員 未定
受講費 未定

 

数式に頼らないレオロジー 超入門講座

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

我々の身の回りの材料の大半は流れるという性質を持っています。当然、それぞれの材料ごとに流れ易さは異なりますが、非常に長い時間をかければ岩や大地も流れていきます。その流れるものを測る学問がレオロジーです。もともと、レオロジーは「お触りの科学」とも言われており、人の五感に基づく直感的な区別は容易です。しかしながら、直感的な区別を材料や商品の開発へと結びつけることは困難です。レオロジーでよくある問題を列記すると、たくさんの困ったことがあるようです。

 

・理論に重きを置いた数式だらけの説明についていけない。
・逆に、あまりにも直感的な理解を重視し過ぎた説明を聞いても、教科書とのギャップが大きい。
・また、測定等の実践に走りすぎた説明を聞いても、なぜその操作が必要なのかわからない。
・レオロジー測定と開発へのつなげ方がわからない。
・測定はしたけど、何に注目すればいいのやら?

 

レオロジーの本質をきちんと理解することで、各種の材料の違いを明確に区別する方法がイメージでき、材料の設計のポイントもわかってきます。直感的に感じる違いをきちんとした理解へと結びつけるために、本セミナーでは、「箇条書き」や「図解」を多用します。そうすることで、単に抽象的な概念としてだけではなく、ブレイクダウンしたイメージとして直感的に捉えていきます。また、数式だけに頼ることなく、数式が表したいことを理解して、イメージと数式をつなげていきます。

 

本セミナーは、レオロジーを実践的に使いこなすためのベースとなる基本的な事項を実感として理解し、材料の持つ「流動と弾性」という二面性をイメージとして持てるようになることを目指します。これらの理解を深めることで、開発への展開の第一歩が踏み出せるものと期待しています。

 

【本講座の進め方】
本講座においては、実際の研究開発に役に立つレオロジー関連の事項について、基礎的な事項をきちんと押さえながら、直感的に理解していくことを目指して説明を行います。以下のような点に気を付けて、進めていきたいと考えています。

 

・イメージしやすい、直感的な理解を目指す。
全体を俯瞰した概念的な説明
多様な切り口からの説明
・大事なことは何度か繰り返す。
一度ではわかりにくいかも。
似たような内容を、ちょっと違う言葉で。
・ゆっくり議論

 

◆ 受講対象・レベル

・レオロジーが何の役に立つのかを理解したい方
・レオロジー測定はやっているけどどういう意味かよくわからない方
・知識としてこの技術を理解しようとしている方(上記以外の方々)

 

◆ 習得できる知識

・基本的に中学校程度の数学と理科をベースに、できるだけ図解でのイメージで直感的な理解を狙うので、特定の基礎知識は必要ありません。
・ほんの少しだけ高校以上の数学を復習しますが、羅列とならないように配慮しますので、よほどのアレルギーがある方以外は大丈夫だと思います。

 

担当講師

東亞合成(株) R&D総合センター 専門主幹(博士) 佐々木 裕 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.はじめに
1-1 レオロジーとは?
1-2 会社の仕事とレオロジー
1-3 人の感覚とレオロジー
1-4 レオロジーを理解するために

 

2.レオロジーを始める前に
2-1 数学的な事項の確認から
2-2 物理的に考えるときに必要となること

 

3.レオロジーのはじめの一歩
3-1 レオロジーのはじめの一歩
3-2 弾性体の力学的な刺激と応答
3-3 力学モデルについて

 

4.物質の物理を理解するために
4-1 レオロジーで扱う関数について
4-2 微積分について
4-3 物理モデルを物質の物理とつなげるために

 

5.物理化学として物質を見直すと
5-1 物質の三態について
5-2 流れるということは?
5-3 応力の由来は?

 

6.粘弾性の基礎
6-1 粘性と弾性についての再確認
6-2 粘弾性のモデル化
6-3 少しだけ実事象に近づけると

 

7.全体のまとめ

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

※会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で 55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計 55,000円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付
  • セミナー資料は事前にお送りいたします。
  • 講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けEラーニング講座一覧

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

在宅勤務対応型のオンライン研修

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売