医薬品,原薬製造プロセスにおけるGMP製造に対応したフロー合成/連続生産とスケールアップ実用化【提携セミナー】

Pharmaceutical chemistry

医薬品,原薬製造プロセスにおけるGMP製造に対応したフロー合成/連続生産とスケールアップ実用化【提携セミナー】

開催日時 【LIVE配信】2024/3/28(木) 13:00~16:30 , 【アーカイブ配信受講】 2024/4/8(月) まで受付(配信期間:4/8~4/19)
担当講師

高山 正己 氏

開催場所

【Live配信】 オンライン配信セミナー
【アーカイブ配信】 オンライン配信セミナー

定員 -
受講費 通常申込:49,500円
E-mail案内登録価格: 46,970円

 

医薬品,原薬製造プロセスにおける

GMP製造に対応したフロー合成/連続生産と

スケールアップ実用化

 

フロー合成・連続生産・マイクロリアクター/スケールアップ コース【Aコース】

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ

 

  • 連続生産に対する規制当局の考え方と有益な管理戦略を紹介
    ~ロットサイズの考え方,バリデーション,安定性試験,現時点での考察
  • フロー合成を用いたcGMP下でAPIを生産した事例、フロー合成の生産におけるメリット(特殊反応への適用)、CROの連続生産の活用の方向性、国内外の最新情報を紹介

 

​■ フロー合成・連続生産・マイクロリアクター/スケールアップ コース ■
〔両セミナーを参加の場合、コース割引価格で受講可能〕

 

≫ Aコース:3/28開催「医薬品,原薬製造プロセスにおけるGMP製造に対応したフロー合成/連続生産とスケールアップ実用化」
Bコース:4/24開催 「マイクロリアクターの基礎と装置選定/スケールアップ(ラボからパイロット・製造)・パラメータ検討方法」

 

【Live配信受講者特典のご案内】
Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。
オンライン講習特有の回線トラブルや聞き逃し、振り返り学習にぜひ活用ください。

 

◆セミナー趣旨

フロー・マイクロ合成技術を用いた原薬製造の連続化に関する最新事例を紹介する。現在のPMDAが出している連続生産に関するガイドラインも解説するとともに、連続生産設備を設計するうえでの最新情報も紹介する。オンデマンド合成等の原薬製造法の開発における方向性についても考えを述べたい。

 

【得られる知識】

▼連続生産の管理戦略
▼原薬製造における連続生産の方法論
▼医薬品研究における活用の方向性

 

担当講師

京都大学医学部附属病院 先端医療研究開発機構 プロジェクトマネージャー 博士(工学)

高山 正己 氏

 

〔塩野義製薬(株) 研究企画統括室 主幹研究員〕

 

セミナープログラム(予定)

1.フロー・マイクロ合成技術の概要
1.1 バッチとフローの定義
1.2 フローの特徴、メリット,デメリット

 

2.医薬品,原薬製造プロセスへの展開
2.1 連続生産に対する規制当局の考え方
2.1.1 連続生産とは
2.1.2 国内外の医薬品業界における検討状況
2.1.3 ICH-Q13のガイドライン
2.1.4 連続生産で有益な管理戦略
(ロットサイズの考え方,バリデーション,安定性試験,現時点での考察)
2.2 医薬品生産現場でのフロー合成技術の活用
2.2.1 連続生産の方法論
2.2.2. 連続生産に必要な機器、装置
2.2.3 フロー合成を用いたcGMP下でAPIを生産した事例
2.2.4 完全フロー合成による連続化
2.2.5 NEDOの連続生産プロジェクトの紹介
2.2.6 国内外の最新情報
2.2.5 連続生産導入対するインパクトの考察
2.2.6 フロー合成の生産におけるメリット(特殊反応への適用)
2.2.7 CROの連続生産の活用の方向性

 

3.医薬品業界における原薬製造の方向性
3.1 オンデマンド合成へのチャレンジ
3.2 製法検討の自動化
3.3 創薬研究から原薬製法研究へシームレスな進め方

 

□質疑応答□

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【LIVE配信】2024/3/28(木) 13:00~16:30

【アーカイブ配信受講】 2024/4/8(月) まで受付(配信期間:4/8~4/19)

 

開催場所

【Live配信】 オンライン配信セミナー
【アーカイブ配信】 オンライン配信セミナー

 

受講料

Aコース:3/28開催「医薬品,原薬製造プロセスにおけるGMP製造に対応したフロー合成/連続生産とスケールアップ実用化」のみお申込みの場合

 

【一般受講】本体45,000円+税4,500円
【E-mail案内登録価格】本体42,700円+税4,270円

 

E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料

2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円)

 

【テレワーク応援キャンペーン(1名受講) オンライン配信セミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 37,400円/E-Mail案内登録価格 35,640円 )

 

定価:本体34,000円+税3,400円
E-Mail案内登録価格:本体32,400円+税3,240円

 

※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。

※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

 Bコース:4/24開催 「マイクロリアクターの基礎と装置選定/スケールアップ(ラボからパイロット・製造)・パラメータ検討方法」と合わせてお申込みの場合

 

定価:本体60,000円+税6,000円
E-Mail案内登録価格:本体57,000円+税5,700円

 

E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料

2名で66,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額33,000円)

 

【テレワーク応援キャンペーン(1名受講) Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 50,600円/E-Mail案内登録価格 48,070円

 

定価:本体46,000円+税4,600円
E-Mail案内登録価格:本体43,700円+税4,370円

 

※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。

※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

 

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

配布資料

  • PDFテキスト(印刷可・編集不可)
      ※開催2日前を目安に、弊社HPのマイページよりダウンロード可となります。
       なお、アーカイブ配信受講の場合は、配信日になります。

 

オンライン配信のご案内

※【Live配信(zoom使用)対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

※【WEBセミナー:アーカイブ受講対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

 

備考

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

 

特典

Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。聞き逃しや振り返り学習に活用ください。
(アーカイブ配信については、「オンライン配信」項目を参照)

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【Live配信】【アーカイブ受講】【AB両コース参加 (Live配信)】【AB両コース参加 (アーカイブ受講)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売